相談「彼や夫に転職して欲しいです」

   

働き方を問うことは生き方を問うことだ!

夫が転職してハッピー、こっこです。

先日こんなツイートをしました。

これに対し、こんな質問と相談をいただきました!(嬉しいです、ありがとうざいます!)

旦那様がこっこさんのために転職された経緯を伺うことは可能でしょうか?
(中略)
結婚にすら至っていませんが、転職してくれたら最高なのになぁと私の場合、自分勝手に考えてしまうことがあります(^◇^;)

こっこ
もしかして
「彼や夫に転職してほしい」と悩む人は多いのかな?

きょうは、「パートナーと転職」について実際転職した夫・ハンサム真木と語り合ってみました。
 

嫁のため転職した夫の経緯と心理

わたしたち夫婦は、付き合ってすぐ結婚の意思が固まっていましたが、タイミングを逸していました。
で、やっとその時が見えてきたら、ハンサムが自発的にバリバリ転職活動をしはじめました。
紆余曲折の末、転職に成功し、夫婦で過ごせる時間・通勤距離・給料すべて改善した状態になりました。
前職は長時間労働・遠い・給料が安いといった状況だったので、ほんとうに助かりました。

ハンサム
いやー、転職は本当に大変だった…

こっこ
めっちゃ頑張ってくれて、今があります、本当にありがとう
でもどうしてそこまで頑張れたと思う?

ハンサム
時間も給与も足りなくて変わりたかった
二人の精神的余裕も確保したかった
あと、こっこと過ごす時間を選んだらぜったい楽しいってわかってたから

こっこ
ほう

ハンサム
普段、こっことのデートを通して楽しい思いをうんとしているから、そっちに舵を切って間違いないと思った

こっこ
あー、鉄板だったわけだ

考えてみれば、人は楽しい方、楽な方を選びます。

ハンサムにとって転職に成功した先には「妻と楽しく過ごす」未来が確約されているようなものでした。
そのくらい二人の時間が楽しかったのです。
お給料も良くなれば、精神的にも楽になれます。
ハンサムはわたしの服を買うことが趣味なので、経済的余裕は彼の趣味にも直結していました。
(詳しくはこちら 嫁の服見るのが心から好きな夫の哲学とは?
だから、自然とそっちに足が向いたと言えるでしょう。

そしてもう一つ、彼が転職に挑むに至った重要な理由があります。
それは
「二人でお金について日頃から話していた」
ということです。
 

キーポイントはお金について話せているか

こっこ
転職ってお金と密接じゃん?
お金について話し合えてることが、転職について腹を割れる大前提だと思う

ハンサム
そうだね、そこを話せていない人も多そうだ

この「話し合えている」というのは一方が話して、一方が「はいはいわかった」という状態ではダメです。
お互いの価値観や好みをざっくばらんに、日常的に話し合うイメージです。

では、具体的にはどんなことを話し合えているといいのでしょう?
わたしが「これは独身時代から話しといてよかった!!」と思えたことを書いてみます。
 

稼ぎ方の役割分担

ハンサム
僕は与えられた仕事を整理してこなすのは得意なんだよね

こっこ
わたしは新しいことにバリバリ挑戦して、仕事を生み出すのが好き!

という二人なので、
ハンサム→安定した稼ぎ方、会社から仕事をもらう、生活のベースを支える
わたし→不安定な稼ぎ方、自分で仕事を生み出す、投資分や余裕資金を生む

と、結婚してからの働き方・稼ぎ方の次元での役割分担を決めています。

これを決めていると、自分の取るべき行動が明確になって意義が出てきて、納得感を持って働けます。
夫が転職をしたのも「生活のベースをグレードアップするならそれは自分の役目」と考えていたからです。
反対に緊急資金や投資資金を増やしたいなら、それはわたしが頑張ろうと思う分野です。


 

貯蓄と投資への考えのすり合わせ

ハンサム
貯蓄はほどほどに、投資は有意義だとは思うけどガンガンやったりはしない方だな

こっこ
貯蓄はほどほどに、投資して社会にお金を回す感じ大好き
お金について学ぶ機会になるしね!

ということを、お互い投資について同じ本を読んだりした上で話し合いました。
現在は、わたしが独身時代から持っているお金を投資に回したりしています。

オススメの本はこれ!わかりやすいです!

 

互いの総資産の共有

マネーフォワードというアプリがあります。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

クレジットカードと同期させると、購入履歴を食費、書籍代、交際費…などに振り分けてくれ、円グラフにまでしてくれて、一発で「今月何にお金を使ったか」がわかるすごいアプリです。

さらに
・銀行口座
・Amazonポイントみたいなポイント系
・電子マネー
・証券口座
などなどを同期させることができて、預金や金融資産・ポイントなど全て合わせて
「今結局いくら保有してるの?」
という数字・つまり総資産を正確に出してくれます。

なので

こっこ
いまの総資産見せて

ハンサム
いいよ、こんなかんじ

あっさり情報共有ができます。
総資産見せて、とあっさり言えるまでに信頼関係を結ぶのはマストです。

以前、こんなこともありました。
とあるところでFP(ファイナンシャルプランナー=お金のプロ)さんになんでも相談できる相談会が開かれていました。
その場ですぐに資産情報にアクセスして

こっこ
いまの投資はこんなかんじで、この金融商品を選んでて…
問題点とか、気をつけることとか知りたいです

FPさん
おー、バランス取れてますね
お勉強されているのでわかると思いますが、大切なのは売り時なんですよねえ

と画面を見せるだけで情報共有ができ、すごく的確なアドバイスをいただきました。
 

理想の共有

ハンサム
僕の理想はとにかくこっこの笑顔第一で、心穏やかに暮らしたい
そのための経済的余裕は絶対欲しい

こっこ
わたしの理想は高級志向!たまにハンサムといいホテルに泊まってディナーとかしたい!
そのための資金は自分で用意したい

こんなかんじで、わたしたちは理想を共有しています。
別に完全一致している必要はありませんが、相手の理想に一定の共感ができるかは重要だと思います。
 

お金の問題は「よくわからない」がやばい

お金の話し合いをする上で大切なのは
・わかりやすく
・可視化して
・お金について話すのを当たり前にする

だと思います。

グラフなどになっていると一目で何が起きているかわかるし、何が足りないかもわかります。
単純に収入が足りないのか、支出が多すぎるのか…などなど。

一番やばいのは
「全体的によくわからない」
ということ。

・彼が望む働き方とはなにか
・彼がいくら稼いでいるか
・その中でどのくらい投資や貯蓄に回しているか
・家みたいな大きな買い物をする派か?
などの意向がお互いによくわからない、という状態で転職の話にはなかなか移行できないように思います。
 

働き方を問うことは生き方を問うことだ

きょうび、女性も社会進出するのが普通ですよね。
つまり
「どう働くか?」
は全ての人にとって重要な問いになっていると思います。

大人になってから人生で働いている時間が占める割合はかなり大きいので
「どう働くか?」=「どう生きるか?」
とも言い換えられるでしょう。
投資で生活する人もいれば、会社経営をする人、サラリーマンで食って行く人…それぞれです。

転職とは単にお給料や通勤事情をよくする表面的な意味だけでなく、 生き方のシフトチェンジにもつながる大きな転機です。
相手にとってなにが理想でどんな働き方が一番輝けるのか?
と深いところをお互い尊重して見つけあいながらでないと、本質的な話し合いにはならない気がします。

この際だから腹を割ってなんでも話してみる機会にするのもいいですね!

では、またね。

 - ハンサム出没記事, 恋愛・考え方, 結婚