面食いでよかったと思うメリット!イケメンの妻の役に立たない話

   

「面食いとはいかに幸せな民族か」を語りたいと思います。

超面食い、こっこです。

面食いは美形な異性が好きで、ときに人を顔で判断する人種のことで、実際わたしはそうです。
それだからか、面食いって世間的にはあんまりいい言葉じゃないように思います。

しかしわたしは、面食いになることを世の女性に勧めたいのです。
なぜならば、面食いって非常にお気楽で幸福度の高い人種でもあるからです。
今回は面食いについての役に立たない話です。
(なぜ役に立たない話を書くかはこちら 「もう疲れたので役に立つ記事は書きません」
 

面食いとしての本懐を遂げました

わたしの夫、ハンサム真木は(このブログではそう読んでいる)イケメンの部類に入る人です。
すくなくともわたしにはそう映っています。

彼と結婚したのにはもちろんたくさん理由があります。
別に顔だけがいい男ではないです。
が、
「イケメンだから」
というのも外せない、というかむしろ上位に来るほど重要ポイントでした。
彼と結婚して「いやー、面食いの本懐を遂げたな」とよく思います。

そんな面食いとしてのゴールに到達したわたしが、「面食いとはいかに幸せな民族か」を語りたいと思います。
 

面食いは幸せな民族である

幸せのハードルが低いのは素晴らしい

人は幸せを感じるのが時としてむずかしい生き物です。
この人といて幸せなのか?とパートナーについて思い悩む人は結構いるでしょう。

特に相手の性格に誠実さや、優しさを求めていると
「誠実とは?」「優しいとは?」と目に見えないものを自己問答することにもなるでしょう。
あるいは自分が思う誠実さや優しさを相手に勝手に求めてしまったりするでしょう。

しかし面食いは単純明快です。
まずかっこいいと思うか否か。なのです。
好きな顔が変わっていく、移ろう面食いもいるでしょうがそれでも単純明快です。
そして相手がかっこいいというだけの理由で、他の気になることはまた別に、一定の幸せを得られるのです。

ていうか付き合ってないただの宅配の人がイケメンというだけで、真の面食いは喜べるのです。
接客態度とかはさておき、です。

こんなに幸せのハードルが低いことってあるでしょうか。
深いことは考えず、イケメンと接するだけで喜べる面食いは本当に能天気で幸せです。
そんな人がイケメンと結婚しでもすれば、毎日一定の喜びを得られるのです。
 

人を中身で判断するなんかおこがましい

そもそもですが、人を数回のデートや数年の付き合いで判断することはできません。
その人には、親、生まれた場所、育った環境、友達、元カノ、趣味嗜好の経歴…など、把握するには膨大すぎるバックグラウンドがあります。
それが蓄積されての内面です。
しかもその一部しか見ることはできません。
簡単に判断などできません。

勝手にこっちが優しい人だと思っても、相手は全くそうではない可能性もあります。
誠実そうだから付き合ったのに浮気三昧なのは、そもそも誠実そうという見立てが間違っていたのかもしれません。
そんなような「見当違い」が内面の判断では十分に起こり得ます。
内面で他人を評価できるなんざ、そもそもおこがましいのです。

しかし顔はどうでしょう。
顔の良し悪しは他人が判断します。
なので、見当違いということがありません。自分にとってのイケメンはイケメンです。
男性は化粧をしない人も多いので、女性の化粧のように欺くこともありません。

「この人は悪い性格かもしれないけど、顔がいい」
みたいに、悪い性格という想像とはまた別に、顔がいいという事実を判断材料にできることは大きいです。
実際にどんな性格でも、顔がいいという見立ては外れることがないのです。
この顔なら多少の性格の悪さは許せるな、と考えられる面食いは、内面だけを探る人より楽です。
 

面食いであることは隠すべきでない

好きかどうかは別として、イケメンを見て不快になる女性は少ないはずです。
むしろ心のどこかで、喜ぶ人も多いと思います。
そしてそれを隠している人も多いと思うのです。

わたしもかつてはそうでした。
そんなこと言ったら嫌われる、軽蔑されるのではと思っていました。

しかし、面食いであることはオープンにすべきだとわたしは思います。
理由は「自分をイケメンと自認し、面食いに肯定的なイケメンと接点を持ちやすいから」です。

たとえば夫がそうです。
夫は過去に追っかけがいたり、イケメンですねと言われることが多かったそうで、イケメンの自覚があります。
そんな彼に、わたしは出会った当初から、面食いであることを隠さずにいました。

もし彼が顔で判断されることが嫌なら、早々に逃げていたはずです。
しかし実際、彼は付き合って1ヶ月くらいで、早くもわたしとの結婚を考えていました。
つまり我々は、「自分をイケメンと知っていて面食いにも抵抗がないイケメン」と「面食い」という相性のいいカップルだということになります。
夫からすれば、わたしは夫のいいところのひとつを高く評価している女ということになるのです。

面食いをオープンにすることで、このように相性のいいイケメンを選り分けることができます。
もしかしたら過去に、顔で判断されたくない男性がわたしの元を去ったかもしれませんが、それはそれでお互いのためなのです。

さらに言えば、面食いを主張しておくことで、イケメンを紹介してもらいやすくなるかもしれません。
さっきもいったように、イケメンはわかりやすい指標ですから、勧める側も「優しい人」とかより勧めやすいのです。
 

美貌も普通に必要だから頑張れる

ここまで読んで
「自分がブスなのに面食いというわけにはいかない」
と思った人もいるでしょう。
そんなあなたは面食いに向いています。

かくいうわたしも夫と並んで歩くからには、美貌は必要だと常々思っています。

わたしは31歳ですが太ったら当たり前にダイエットをし、8キロも落とすことに成功しました。
自分の長所を伸ばしてくれる化粧をし、自分なりのベストコンディションを目指しています。
美容のために睡眠や食事にも気を使います。

それもこれも、夫にまず美しさがあるからです。
常にその横を歩く身としては死活問題です。

このように、 面食いはその嗜好のせいで自分にも美貌が必要となり、最大限の努力をするはめになります。
結果、実際にベストを尽くすことができるのです。
こんな美容の特効薬は他にありません。
 

面食いはいいぞ!

このように面食いワールドに一度足を踏み入れたら案外快適です。
メリットもたくさんあります。

もちろん、全くイケメンに興味がない人は面食いにならなくていいですが、少しでも好きなら思い切って面食いを公言するのも悪くありません。
何にしてもそうですが、 好みをはっきり言えば、嫌な人は離れていき、好意的な人が残ります。
もじもじ面食いを隠していると、半端になってろくな結果になりません。

以上が、わたしの「面食いがいかに幸せな民族か」という役に立たない話でした。
ここまで面食いのメリットについて語ってるサイトあるのかな。笑

それでは、またね。

 - ハンサム出没記事, 恋愛・考え方, 結婚