いいねやRTがつかない理由はこれだった!発信の仕方を考えよう

      2018/12/13

発信してます、こっこです。

みなさんは、
「Twitterなどで発信してもしてもいいねやRTがつかない」
と悩んだことはないですか?
それ、もしかしたら見せ方が悪いのかもしれません。

きょうは
・せっかくいいものをもっていても
発信の仕方で台無しになる場合がある

という話をします。
 
 

いいねやRTされないのは発信に問題があるのかも?


 
 

発信の仕方でいいねやRTはくる!


そう、大切なのは3つ。

①はたからみてこの発信はどう見えるか考える
②魅力的なキャプションを添えているか考える
③ベストなプラットフォームを選んでいるか考える

一つ一つ見ていきましょう。
 

①はたからみてこの発信はどう見えるか考える

はたからみて、あなたの発信方法は適切か考えてみましょう。
・何も知らない、あなたのことを始めて見る人にも
・発信したいものの良さが
・一発で伝わる
そんな魅力的な発信になっているのかを振り返ると、アラがみつかったりするかもしれません。
 

②魅力的なキャプションを添えているか考える

写真や映像などの作品には、一言キャプションを添えるといいでしょう。
ただ添えるだけでなく、
・その作品の最大の魅力が
・わかりやすく伝わる
ものでなければいけません。
自分のキャプションがそうなっているか考えてみましょう。
 

③ベストなプラットフォームを選んでいるか考える

発信するプラットフォーム選びは重要です。
例えばダンスが得意な人が、静止画だけで投稿していたらダンスの上手さは伝わりません。
動画で撮ってこそですよね。
ということは動画が頻繁に投稿されるプラットフォームにいけばいいわけです。

このように、自分の発信にあったプラットフォームは必ずあるので、探してみましょう。
 
 
いかがでしたか?
いいねやRTがつかない理由のヒントになったでしょうか?
発信の仕方は本当に大事なので、しっかりと意識して投稿していきましょう。

では、またね。

 - 主観のコラム