最近、先輩から技を盗んでいますか?

      2018/12/03

ワザを盗む毎日、こっこです。

ワザや技術を盗む、という言い回しがありますね。
上手い人に教えてもらうのではなく、上手い人のやっていることを見て覚えて実際に使ってみるという意味合いです。

あなたは最近、ワザや技術を盗んでいますか?
もしそうでないとしたら、危機感を持った方がいいです。

今日は
ワザや技術を盗むことの
・重要性
について
書きたいと思います。
 
 

好きなことほどワザを盗もう!

毎日ワザを盗んでます

わたしは現在、こっことは別名義でマインクラフトというゲームで作った建築物をTwitterやYouTubeで公開しています。

そこで「センスあって羨ましいです」といったリプライを頂くことがあるのです。
が、考えるに、わたしには別に特別なセンスはないと思います。

そうではなく、お上手な方の動画をじっくり見まくって、 盗めそうなところはワザを盗んでいるんですよね。
そんなことを毎日やっているので、センスがあるように見えるのかもしれません。

おかげでTwitterのフォロワーは倍増し、YouTubeのチャンネル登録者も右肩上がりで増えています。
 

好きなことほどワザを盗んでいこう

このように、好きなこと、熱中できることほど、上手い人をじっと観察することは大切であるように思います。
自己流でやっていてはいつまでも技術が向上しません。
が、上手い人の手法を真似ることで、 技術が飛躍的に向上することもあリます。
もちろん、趣味なら自己流のままでいいかもしれませんが、好きを仕事にしたいならワザを盗むのはマストです。
 
 

先輩のワザは試行錯誤の結晶

ワザを盗むことはとても効率の良い行為です。
なぜかというと、先輩のワザはその人の試行錯誤の末にできた結晶であって、 それを盗めば自分で試行錯誤しないで済むんですよね。
 

アレンジも必要!

まずは、先輩のワザを丸々コピーしてやってみます。
そのあとで自分に合うか合わないか考えてみましょう。

そこで合うようにするためにアレンジを加えることも大切です。
そうしてやっと自分のものになるのです。
 
 

仕事じゃないからこそ向上しよう!

仕事ではない、好きなことをやるからこそ、 向上心を持つことは大切です。
もちろん、そういった意識抜きで気楽に楽しむこともいいと思います。

が、好きを仕事にしたいと考えているなら向上は必ず必要です。
好きを仕事にするのは甘いことではないので、相当の努力が必要なのはいうまでもありません。
 
 

素晴らしい先輩を見つけよう!

その向上のためにも、自分が目指したい憧れる先輩を見つけましょう。
いまはネットがありますから、検索すればたくさんの先輩が出てくることでしょう。
その中から、自分がワザを盗みたいと思うような先輩をえらび、ひたすら観察と模倣をくりかえすことで、 あなたの技術は飛躍的に向上するでしょう。
 
 
いかがでしたか?
先輩からワザを盗むことの重要性がおわかりいただけたでしょうか?

ワザを盗んで盗んで向上した暁には、今度はあなたがその先輩になる日が来るかもしれませんね。

では、またね。

 - 主観のコラム