HSK(中国語の検定)二級に受かってました!!!

      2018/11/27

HSK2級、こっこです!

えーとですね、かつてわたしがHSKという中国語の検定を受けたことを覚えていらっしゃる方はいるでしょうか。
受けた感触が全くよくなくて、ダメだったなーと思って放置していたら…

受かってました。笑
 
 

HSK二級とは?

HSKは中国政府にも認められた中国語の検定です。
採用する企業も増えてきているとのことで、HSKを持っていることが今後なにかで働くときに役に立つ可能性があります。

その二級とは、難しさで言うと1級が1番簡単、2級はその次です。
二番目に簡単と言うわけですね。
とはいえ、中国語を学ぶ時間は1ヶ月もなく、急ピッチでやったにしては、いい結果だったなと思っています。
 
 

中国語検定を受けたきっかけ

きっかけは台湾の台北に旅行に行くことになったことでした。
せっかく日常会話程度を学んで行くのだから、中国語の検定でも目指すかーと考えたのです。
これといって中国企業に就職したいとか、実用的な用途があったわけではありません。
 

言語はもっと気軽に学ぶべき

わたしが教えてる英語の生徒さんにしてもそうなんですが、
「言語を学ぶって大変!!時間や才能がないとだめ!!」
思い込んでいる人はすごく多い
なという印象なんですよね。
もっとフラッと立ちよる感覚で勉強したらいいのに…と思います。

別に今は机に向かわないと勉強ができないわけではありません。
スマホに単語アプリを入れてゴロゴロダラダラと勉強したっていいのです。
初級を学ぶ程度なら、固定観念にとらわれず、フランクになれたらと思いますね。
 
 

これからも中国語を学ぶの?

これからさらなる高みを目指して勉強するかはちょっと考え中です。
3級ともなると、さすがに2級の時のようにふらっと軽い気持ちで付け焼き刃というわけにはいきませんし。
継続して時間を取る必要がありますよねー。

でもせっかくここまできたのだからやっちゃおうかな、という気持ちもないでもありません。
もう少し考えてからにしたいと思います。
 
 
というわけで、何事もちゃんと確認が必要ですね…
合格証書が届かなかったら気がつかないところでした。

みなさんも初級外国語をなにか学んでみては?
では、またね。

 - 諸外国語