libo cafe 台北のおしゃれカフェの口コミ、場所、営業時間

      2018/08/25

おしゃれカフェで執筆するの大好き、こっこです。

さてきょうは
・台北にあるおしゃれカフェ
libo cafeにきてみましたので
・その様子をレポートします!

 

libo cafeはこんなところ

台北の中山駅から徒歩10分


台北のMRT(地下鉄のこと)中山駅で下車。
3番出口から歩いて10分くらいのところにあります。
少し狭い路地にあるので、地図をよくみましょう。

 
 

libo cafeには日本語メニューもある!

こんにちは、といえば日本人だとわかってもらえる

最初は

店員さん
你好

と声をかけられたものの、わたしの返事が下手くそだったのか
店員さん
コンニチワ

日本語で挨拶してくれました。

個人的にこんなシャレオツカフェまで日本語対応しようとしていることにびっくりしました。
みんなこうしていろんな言語ごちゃ混ぜで会話できるって素敵ですね。

そこからは日本語のメニューをみて英語でオーダー。
それでも伝わらないときは中国語メニューと照らし合わせてオーダー。
アールグレイティーとティラミスを頼みました。
195元でした。(取材当時、約705円)

日本語を見て、日本語でオーダーは多分無理です。
オーダーしたら席に腰掛けて待ちます。
 

手作り感満載のlibo cafe店内


店内は誰かが手作りしたに違いないと思うような、こだわりを感じます。
壁は青緑に統一されていて、テーブルは茶色。


中央にキッチンがあって取り囲むように客席のあるレイアウトがユニーク。
平日昼間なのに、カフェ内はものすごく賑わっています。

 

嬉しい電源席

壁のコンセントを利用できる席もちょっとだけですがありました。
ブロガーやノマドワーカーにとっては最高ですよね。

 

アールグレイティーがとても美味しい


大きめのガラスマグにたっぷり注がれたアールグレイは雑味がなくてすごく美味しいです。
ティラミスは日本人の口にも合う標準的な味わいでホッとできます。

 
 

Libo cafeの詳細情報

住所 No. 12, Lane 42, Section 2, Zhongshan North Road, Zhongshan District, Taipei City, 104
電話 02 2567 1237
営業時間 平日 7:30~19:30 土日 9:00~19:30
 
いかがでしたか?
個人的にはもうすこし椅子が座りやすければ文句なしです。
中山には似たようなおしゃれな建物がたくさんあるので、うろうろしてみるといいかもしれません。

では、またね。

↓こちらに台北旅行記がまとまっています!↓

台北旅行記まとめ 2018/08

 - 航空・海外旅行