コツコツ続けられない人を卒業するのはこんなに簡単だった

      2018/08/19

コツコツ続けて英語を独学でマスターした、こっこです。

コツコツ続けるのが苦手な人は多いと思います。
好きなことだけをやっていれば続く、という考え方もありますが、そうも言っていられないこともあるでしょう。
勉強、ダイエット、なんらかの習慣をコツコツ続けたくても、続かない。
理由は様々でしょうが、実はコツコツ続けるにはコツがあるのです。

今回はそんな
・コツコツ続けるための
秘訣

お教えしましょう。
 

コツコツ続けられない人にまず考えて欲しいこと

そもそもどうしてコツコツ続けなければいけないのでしょう?
それは記憶の定着と、積み重ねで起きる結果が関連しています。
 

コツコツやらなければいけない理由→忘れてしまうから

毎日コツコツやる最大の理由は、
「人はすぐに習ったことを忘れてしまうから」
というのがあります。

どのくらい忘れてしまうのかというと…


人が何かを学んだ時、

20分後には42%忘れる
1時間後には56%忘れる
9時間後には64%忘れる
1日後には67%忘れる
2日後には72%忘れる
6日後には75%忘れる
31日後には79%忘れる
ということが分かります。
引用元 エビングハウスの忘却曲線で分かる、最適な復習のタイミング

覚えた20分後の時点で 42%も忘れる!とは驚異的なことです。
ですから何度も反復して記憶することに意味があるわけですね。
 

コツコツ続けた人にしか見えない景色がある

コツコツつづけることで、あらゆる資格や知識が身につきます。
それは周りの人間からの信頼も勝ち得るということなので、重要です。

例えば、ダイエットが続かない人の理由には
『リバウンドして嫌になった』
『すぐに効果が出ずに諦めた』
など、すぐに結果を得られなかったことが原因と答えている人が多いのです。
(引用元 「ダイエット」に関するアンケート/ネットリサーチDIMSDRIVEの公開アンケート調査結果【DIMSDRIVE】
しかしそれではいつまでたっても痩せることができませんよね。

ここからも分かる通り、コツコツ続けた人にしか見えない景色は確実にあります。
ではどうやったら、コツコツ続けることができるのでしょう?
 
 

コツコツ続けられない人は観察ができていない

実はコツコツ続けることは 簡単です。
以下の3つのステップに従って行動すればいいのです。
ここでは英語の勉強とダイエットを例にとって話したいと思いますが、何にでも応用は効きます。
 

ステップ① とりあえず初めてみる

とりあえず 行動をします。
英語の勉強なら単語暗記や文法学習など好きなことをします。
ダイエットなら食事制限や運動ですね。
 

ステップ② 些細な変化を観察する

ここで起きた 些細な変化を丁寧に観察します。
英語の勉強なら単語が1つでも覚えられたらそれが変化です。
ダイエットなら筋肉痛になったりすることも変化ですね。

大切なのはどんなに些細なことでも見逃さないということです。
くだらないことだ、と見逃してしまうと、コツコツ続きません。
 

ステップ③ 変わった自分を思い切り褒める

その些細な変化を迎えた 自分を思い切り褒めます。

ここで、
「たった1単語覚えられたくらいじゃ…」
「ちょっと筋肉痛になった程度じゃ…」
と自分を褒めないのはいけません!
できれば、仲間がいるところで発表などもするといいです。

わたしのファンサロン 無料でどなたでも参加できます。
そこでは、勉強やダイエットで頑張ったことを報告すると、わたしが全力で褒めています。
そうした環境下でなら、他人も褒めてくれるので続きやすいのです。
 
 
繰り返しになりますが、
・コツコツ続けないと学んだことはどんどん忘れる
・コツコツ続けた人にしか勝ち得ないものがある

ことから、丁寧に毎日続けることは必須です。
自分の些細な変化を大きく褒めて、三日坊主におさらばしましょう!!

では、またね。

 - ブログ運営, 主観のコラム, 英語