村上春樹原作、至高の映画「トニー滝谷」

      2018/07/25


トニー滝谷予告より

坂道を宮沢りえが駆け上がる。
風が強く吹き荒れている。
美しい、その一言しか出ない。
 

至高の映画「トニー滝谷」




 
きょうはトニー滝谷という映画をおすすめしたいとおもう。

 

あらすじ


トニー滝谷予告より

トニー滝谷という名前の主人公(イッセー尾形)は、痩せた中年のイラストレーターだ。
出会った美しい女性(これが宮沢りえ)に恋をして、結婚するところから、話は始まる。
 

西島秀俊のナレーション

西島秀俊の優しい、つぶやくようなナレーション。
これが独特で、 ナレーションの一部を登場人物が引き継いで話すのだ。
予告を見てみてほしい。


 

優しい色調の画面

まるで小説のページを捲るかのように、カメラは同方向にしか動かない。
雨の日の読書のように、静かで、優しい印象がずっと続く。

この映画では風がよくセット内を吹き抜ける。
そうなるようになんと家をまるごとセットとして建ててしまったというのだから驚きだ。
おおきく包み込むような風はそのためである。
 

美しい宮沢りえ


トニー滝谷予告より

オードリーヘップバーンのように可愛らしい宮沢りえが、画面を彩る。
彼女ほど、独特な魅力を持った女性をわたしは知らない。
 
 

原作は村上春樹

原作は村上春樹の短編小説。
文字で楽しみたい人にはそちらがおすすめだ。





 - 主観のコラム