漫画「ハイスペック!お嫁ちゃん」悲しいことがあった場所には

   


イラストはわたしの夫・ハンサム真木(イラストレーター名はMaki)が描いています。

>>漫画をもっと読むにはこちら<<

悲しい目にあったところには訪れたい

不謹慎だと怒る人もいるだろうか?
上記のようにテロや災害がおきると、同じ国の 関係ない地域へのチケットもグッと安くなってしまったりする。
今回でいうと別にバリ島でテロがあったわけではないのに、バリ島行きのチケットやホテル代が安くなっていた。
現地の人からしたらいい迷惑だ。
バリ島ファンのわたしからしたら、応援の意味も込めていきたいところだ。
 

噴火があった直後に行ったら感謝された

実際、バリ島で火山噴火があった直後にバリ島に遊びに行ったら、ホテルの人に深く感謝された。
曰く「本当はそこまで被害がひどくないのに、ひどいかのように報道されて参っていた」とのことだった。
結構こういうことって起こりうるのかなと思った。
いわゆる風評被害というやつだ。
 

外務省の安全情報も参考に

とはいえ、本当に危ない地域に行くことはお勧めできない。当たり前だ。
実際どうなのかは外務省のページで確認するのが良いだろう。

詳しくはこちら↓

【外国人に直接聞いた】英語ができないのに海外旅行に来る危険と、犯罪情報の集め方

 
 
>>漫画をもっと読むにはこちら<<

 - 未分類