漫画「ハイスペック!お嫁ちゃん」困ってる外人さんは増えた

      2018/07/10


イラストはわたしの夫・ハンサム真木(イラストレーター名はMaki)が描いています。

>>漫画をもっと読むにはこちら<<
 

困ってる外人さんは増えた

当たり前といえば当たり前なのだが、観光客が増えるに従って、困っている外国人のひとは増えたように思う。
駅や道で、迷っていたり、今回みたいに降りる駅がわからなかったり。

そういえ外人さんが増えても、英語が話せる日本人が増えた印象はない。
これではバランスが取れない。
 

英語を使った魅力的な国内の仕事がない

2020年にオリンピックがいくらくるとはいえ、それだけを希望に英語を勉強するのは無理があるだろう。

もっと日本にも、英語を使ったキラキラした仕事があればいいのにと思う。
翻訳はお給料が安いし、映画字幕は一握りしか仕事に就けない。
もっと、英語ができるメリットが増えたらいいのに。
 

英語ができない人は先生が嫌い

面白いというべきかわからないが、大人で英語ができないというひとは、中高の時の先生が嫌だったケースが多い。

わかりにくく、発音も明らかに悪い、みたいな感じの先生では憧れようがない。
憧れられる先生も、この世にはたくさん必要だなと思う。

そう考えると、日本の英語学習ワールドには問題が山積している。
 
 
>>漫画をもっと読むにはこちら<<
 

 - ハイスペック!お嫁ちゃん, 未分類