好きなことでこそ挑戦を!!

      2018/12/08

好きなことで挑戦中!こっこです。

あなたは最近、何かに挑戦していますか?
好きなことがあるなら、ぜひその分野で挑戦をしたほうがいいです。
コンテストなど、他人の目に触れるところで挑戦しましょう。

きょうは
・好きなことで
挑戦するメリット

お話しします。
 

好きなことで挑戦するメリット

コンテストなどの一種の関門にチャレンジすることは何故そんなにいいのでしょうか?
理由は大きく分けて3つあります。

①技術向上になる
②さらなる交流が見込める
③ファンの獲得につながる

ひとつひとつ見ていきましょう。
 

①技術向上になる

人の目に触れる作品作りなどは、自分1人の満足で作っている時とは訳が違います。
審査の目にさらされるわけですから、どうしても慎重に、そしてよく考えて作ることになります。
それはひいては技術向上につながっていくんです。

1人だけで作っている時とは違う緊張感に包まれるという経験自体も、得るものがあることでしょう。
 

②さらなる交流が見込める

あなたのことを全く知らない人も、あなたの作品をみて初めて知ることになります。
それは、新しい交流の輪を広げることにもなり、非常に有意義です。

新しい交流は新しい風を吹かせてくれて、あなたの人生に思いもよらぬ効果をもたらすことでしょう。
 

③ファンの獲得につながる

コンテストなどに挑戦することは、交流できるだけではありません。
新しいファンの獲得にもつながります。

コンテストの知名度を利用して、あなたの作品をより多くの方に見せることで、あなたのファンになる人は必ずいます。
ファンが増えるイコール収益化も見込めるということですから、好きを仕事にしたい人には欠かせないことです。
 
 

挑戦することで失うものはない

挑戦にはいつでも不安が付きまといます。

・しょぼいと思われたらどうしよう
・周りのレベルに追いつけなかったらどうしよう
・誰にも見向きもされなかったらどうしよう

といったことです。

しかし、挑戦することで実際失うものはありません。
かけた時間とお金くらいでしょうか。

例えば挑戦する姿を笑う人がいたとしても、こちらが失うものはないんです。
ですから、ガンガン挑戦していきましょう。
 
 

好きなことほど挑戦を

好きでやっていることは、自己満足に陥りがちです。
もちろん、それでいい人はいいのですが、好きを仕事にしたいという人は、それではダメですよね。

客観的に見ても能力があると認められなければ仕事になることはありません。
ですから、好きなことほど審査の目にさらされるような挑戦をして向上していくことが大切になってきます。
 
 
いかがでしたか?
のんびり一人で好きなことをするだけでなく、たまにはガツンと挑戦してみるのもよいのではないでしょうか。
では、またね。

 - 主観のコラム