Apple Watchに保護フィルムや保護ガラスは必要?わたしのおすすめ

      2018/10/30

Apple Watch活用中!こっこです。

Apple Watchを手に入れたら気になるのは「傷にならないの?」ってことだと思います。
せっかく買ったものですから、長いこと綺麗に使いたいですよね。

今回は
・Apple Watchの画面の種類と
・保護フィルムの必要性
・保護フィルムが剥がれてきたので
・ぱちっとはめるタイプのケースを使ったよ!

という話をします。
 

Apple Watch画面に保護フィルムは必要なのか?

Apple Watch画面の種類

Apple Watchの画面には種類があるってことをご存知でしたか?

Series3の場合、
・アルミニウムボディのものには強化ガラスIon-Xガラス
・ステンレスボディのものにはサファイアクリスタル

が使われています。

Ion-Xガラスはヤスリで削ればボロボロになり、高いところから落とすと粉々になってしまう強度です。
が、サファイアクリスタルは削っても大丈夫で、ハンマーで叩いても割れないそうなんです。

ということは、画面保護が必要な人はIon-Xガラスの人のみなんですね。
 
 

Apple Watchの保護フィルムがめっちゃ剥がれやすい!

あっという間にこんな感じ

というわけで、わたしは夫にApple Watchを買ってもらったその日に保護フィルムをつけたのですが…
2週間と経たないうちにこーんなに剥がれてきました!

ぐぬぬ、これでは美観が損なわれてしまう。
というわけで、端っこから剥がれてこないための方法を考えました。
 

パチっとはめるタイプのバンパー

Amazonで買ったのがこれ!

Apple Watchの周囲を守るためのバンパー。
取り出して見ると少し柔らかい素材になっていて、変形させて本体を中に入れ込むタイプになっています。
 

保護フィルム+バンパー作戦!

画面の古い保護フィルムは剥がして、新しくフィルムを貼り直します。
その上から、バンパーを取り付けました。

こんな感じ。

 

これなら保護フィルムが剥がれない!

バンドも取り付けるとこうですね。

これならば、バンパーが保護フィルムの四隅を守ってくれるので、剥がれてくる恐れがありません。
この記事を執筆している今もApple Watchをつけてタイピングしていますが、袖などでこすれて剥がれてくることもないです。

どこかにぶつけたりしても、まずバンパーにあたるのも安心ポイントです。
というわけでこの作戦、非常にオススメです。
 
 

それでも思う、保護フィルムって必要?

ただ考えてみると、時計に保護フィルムをしている人ってあまりいないと思うんですよ。
Apple Watchより高価な時計であってもです。
そう考えるといらないんじゃないの?という気もしなくもないですよね。

結局はお好みでつけることになる保護ケースや保護フィルム。
あなただったらどうしますか?
わたしはつけてよかったと思っています。

では、またね。

こちらもどうぞ↓スマートウォッチなどダイエットツールが満載です!

【痩せる具体例6つ】2018最新!スマートウォッチでダイエットは遊びになる!オススメアプリも

 - ガジェット