どこまで何を頑張ればいいのかわからない人へ

      2018/09/14

まだ自分で頑張りが足りないと思う、こっこです。

「死ぬ気で頑張る」
とか言いますよね。
あれって、どこまで何を頑張ることなんだと思います?

きょうは
・自分はこんなに頑張っているのに
どこまで頑張ればいいんだ?

と思っている人へ記事を書いてみます。
 

どこまで何を頑張るのか?

ある人のブログ記事によると

これぐらいでいいかな?

こんくらい頑張れば大丈夫だろう!

俺はやったもんな なんて思ってるようじゃあなたは凡人です!!

成功なんてしませんよ?
引用元 成功する人としない人の違い~芸能人や24時間テレビでの挑戦~ | my life is my way

とのことなのですが、だからといって何ら指標もなく頑張るのが得策かはわかりません。

どうすれば、ここまで頑張ればいい!というラインを引けるのでしょうか?
 
 

どこまで頑張ればいいのかを知る方法

①具体的な中途目標をきちんと作る

例えば、英語をマスターしたいという思いがあったとします。
でも
・ゼロの状態

・英語をマスターした状態
とではすごく差が開いています。

この間を埋めるように
・ゼロの状態
・英検3級
・英検準2級
・TOEIC600
・TOEIC750…
のように、段階を設けるのです。

ゼロの状態から英検3級になったらとりあえずは「頑張った」と言えるでしょう。
 

②周囲の頑張りをチェックしてみる

ライバルと思しき人の頑張りを探ってみましょう。

例えば、ブログを大きくして広告収入を得たいとしますよね。
その際、自分のライバルやお手本となる人は1日何記事更新しているのかを探るのです。

それが1日3記事ならば、あなたは4記事書かなければ追い抜くことができません。
逆に言えば、4記事書けていれば頑張っているといっても良いでしょう。
 

③頑張りを長い目で見つめる

例えば、きょうは英単語を1000個もやったのに、明日は1個しかやらないのでは、やり方がいいとは言えませんよね。
頑張りというのは基本的に一定スピードで継続されてこそ実るものです。

カレンダーなどに、
・何を
・どのくらい
・がんばったのか
をメモしていき、それが一定量一定スピードなのか?を
俯瞰の目線で点検してあげるのがいいでしょう。

継続も立派な頑張りです。
計測できている自分を見つけたら、それはそれで頑張っているうちに入るのだと思いますよ。
 
 

頑張りの限界を決めないのが、理想だとは思う

前述のブロガーさんの記事に書いてある通り、

頑張ってるのに成果が出ない人は 頑張ってないです!!!!笑

だから謙虚な心と圧倒的な作業量をこなしましょう!!!

というのは、ある一定の信ぴょう性のある心理なのだと思います。

ただそれであまりに気に病んでしまい
「まだ全然頑張れていない…」
と落ち込むくらいなら、ちゃんと頑張りの上限を定めてあげたほうが健全
でしょう。

大切なのは、頑張っている途中の自分をよく見つめること。
無理はしていないか?
この速度で適切か?
この作業の仕方で適切か?
など、いつも冷静に自分をどこか遠くから見つめることができるといいですよね。

では、またね。

 - ブログ運営, 主観のコラム