ご祝儀もったいない!結婚式は廃止して代わりに〇〇をすべきだ!

      2018/09/10

結婚式を廃止したらいいと思う、こっこです。

みなさんご祝儀が高くて困ったことありませんか?

最低3万円という謎の価格設定。ニートやブラック企業などに勤めている人にとっては大きい金額です。
引用元 【結婚式】ご祝儀あげたくない。ご祝儀あげないメリットとは? | オイモ・キョキョのすべて

わたしは兼ねてからいっていますが、結婚式はなくしたほうがいいと思います。
そして結婚10年目にやる10年式をやればいいと考えているんです。

きょうは
・ご祝儀を払いたくないというこちらの記事↓を読んで
【結婚式】ご祝儀あげたくない。ご祝儀あげないメリットとは? | オイモ・キョキョのすべて
思ったことを書いていきます。
 
 

ご祝儀がもったいない!結婚式なんか無くしてしまえ

結婚は単なるスタートだ

結婚する二人、とは単に恋愛して結婚することにしたというだけの二人です。
夫婦になった後のなんの障害も乗り越えてないのです。

なぜそんな二人に対して3万円も出さなければいけないのでしょうか?
スタートをそんな盛大に祝ってどうするのでしょうか?
 
 

本当に讃えられるべきは添い遂げているふたり

本当に周りから祝福されるべきなのは結婚してしばらくした二人です。
山あり谷ありの中を決して手を離さず、二人で乗り越えたという人を讃えたいではないですか。

結婚10年目といえば、子供がいればそこそこ大きくなって学費もかかるころです。
両親は毎日休む暇もなく、働いたり家事をしたり。
そんな二人にこそ、祝福と後押しを込めて、ご祝儀や、子供を預けてのハネムーンをプレゼントしたいのです。

結婚したてで長いこと続くかどうかわからないカップルになんぞ、あげるお金はありません。
 
 

結婚式にお金をかけるくらいなら、結婚記念日を充実させるべきだ

10年式とベースの考えはおなじですが、結婚式にお金をかけるくらいなら、結婚記念日を充実させるべきだと思います。
結婚記念日とは1年1年を乗り越えた記念であり、結婚当初よりも意味合いが深いものだと思います。

毎年結婚記念日を少しずつ豪華にしていくことで
「来年へ向けてまた一緒に一年乗り越えようね」
と、確認し合うことができる
のです。

結婚1年目の結婚式やハネムーンに費やして、あとはずっと寂しい結婚記念日、なんて目も当てられません。
 
 
以上の理由で、わたしは結婚したてで結婚式をあげることには反対なのでした。
では、またね。

 - 主観のコラム