中山地下書街はおしゃれでモダンな本屋さんばっかりだったよ!

      2018/08/29

中国語の勉強したい、こっこです。

周囲がみんな中国語で俄然やる気が出てきているこっこです。
言語の学習で欠かせないもののひとつに多読があります。
しかし、日本には当然、優しい中国語で書かれた本は限られています。

そこで…

こっこ
台北にいるうちに児童書でも買ったらいいんじゃね?

と思い立ち、本屋さんがひしめくある地下道にやってきました。
 

中山地下書街がすごい!

やってきたのはMRT中山駅にある地下書街。

本当に本屋さんがひしめいています。
そしてどれもすごくオシャレ。

すべて系列店なのか、デザインが統一されていて先進的な感じです。
文具屋さんもあります。

 

中山地下書街には児童書のコーナーもある!

児童書コーナーは小学生対象かな?と思われる本がひしめいていました。
その中でも最も小さい子供が読みそうな本を物色。

さがしていると語学教育の(つまり国語の)書棚がありました。
そこで見つけたのがこれ。

 

小学生が書きそうな日記のお手本

どうも、小学一年生の日常をだれか大人が書いたものの集積のようです。
これをみて参考にして実際に子供に書かせるのでしょうか。
その辺の使い方は辞書片手に読んでみないとわからないですねー。

とりあえず、わたしの多読の資料として、よさそうだったので購入。
250元でした。(1000円しないくらいかな?)
 
 

中山地下書街は物価がやや高め

本の値段は別にそうでもないのですが、雑貨などの値段が高いです。
絵葉書が300円以上したり。
多分誰か有名な人のデザインなのかもしれません。

またカフェも3軒ほどありますが、うち一軒本格的なコーヒーショップみたいなところは
紅茶が700円
くらい
しました。
ホテルのラウンジかよっていう値段です。
 
 

満を持して、中国語多読教材ゲット

わたしが買った本は最初の方は日記は一行ずつなのですが、ある日を境にめっちゃ文章になるんですよね。
おそらくは1文ずつ読めるようにして、あとは文章にしてしまえという教育方針なのかと。
わたしもその教育にノレるといいのですが。
 
 
中山地下書街、本屋さん好きにはたまらない場所だと思います。
雨が降っても関係ないし、本当にオススメです。

では、またね。

↓こちらに台北旅行記がまとまっています!↓

台北旅行記まとめ 2018/08

 - 未分類