台北旅行記 夫と別れるのが寂しい話

   

台北旅行1日目。こっこです。

きょうは
・あえてまとまりなく日記のように
書きたいと思います。

 
 

海外旅行が寂しくなった

夫・ハンサム真木と出会ってからというもの、「海外へ行くのが寂しい」と感じるようになってしまいました。
いままで他の人と付き合っていて、そんな感覚になることはなかったのに。
それだけ彼が家族的というか、一緒にいることが自然な存在になってしまったのだと思うんです。


この漫画にもあるように、以前彼を置いて海外に行く時泣いてしまったのです。(漫画は夫が書きました)
 

今回もメソメソしていた

今回はどうなったかというと、泣きはしなかったけど結構メソメソしてはいました。笑
というのも二週間もの間海外に滞在するのはこれが初めて。
人によっては2週間のホームステイとか全然ある長さだから、今までのただの旅行とは違うと思ったんです。

・途中で飽きたりしないのかな?
・途中でホームシックになったりしないのかな?
・途中で…途中で…

予約した時からそう心配していました。
まるで初めて海外に行く人のように。
 

ありがとう饅頭

でも前日になって、美味しい饅頭(マンドゥー)やさんについて調べたらなぜかどうでもよくなりました。
まん丸くて呑気な味の饅頭わたしは大好きで、よく台北の空港で食べていました。
それを思い出したら、台北がちょっと懐かしくなったからかもしれないです。
 
 

わたしにとっての台北

台北はいままでトランジットでよくお世話になる都市でした。
どこかにいくための経由地って感じで、その少ない自由時間で足裏や占いを弾丸でやっていたんです。
だからじっくりと台北と向き合うのはこれが初めて。

どんな姿を見せてくれるのだろう。
どんな気持ちにさせてくれるのだろう。

飛行機の中の今は、そんな思いでいっぱいです。
 
↓こちらに台北旅行記がまとまっています!↓

台北旅行記まとめ 2018/08

 - 航空・海外旅行