脱・忙しいと言う女!時間にゆとりを持つには

      2018/07/15

人並みに稼いでますが全然忙しくない、こっこです。

忙しいという女ってどうですか?
私からみるとあんまり幸福そうに見えないのですが。

きょうは
・忙しいという女にならないために
・わたしがやっていること

書きたいと思います。



 

忙しいという女は他人から必要とされてるアピール?

忙しいことをアピールしてくる女性ってたまにいますよね。
あれはたぶん、
「わたし他人から必要とされちゃって大変」
というアピール
だと思うんですよね。

でもそんなことを相手の前で言うなんて
「今も忙しい中時間を割いているのよ」
とも聞こえかねません。

では、どうすれば、「忙しいと言う女」にならずに済むのでしょうか?
 
 

忙しいと言う女になりたくない時はこうしよう

わたしは全く忙しくない

わたしの話になりますが、人並みに稼いでいますが
・出勤なし
・へんな付き合いの外食なし
・嫌いな人間とのアポなし
なので、 基本的に時間が有り余っています。

ぶっちゃけ暇です。
その暇を、好きなタイミングで執筆や英語指導、ジムに当てているんですね。

では、どうしてそのようなことが可能なのかをかいていきましょう。
 

仕事は完全リモートワーク

まず仕事ですが、わたしの収入源は
・英語指導
・執筆
・投資
・オンラインサロン収益
などからくるわけですが、そのどれも家の中でできることです。
22歳頃から、働き方自体を、時間が余るように余るように行動してきました。
 

予定が2つくらい入ったらその週は断る


というわけで予定が、ある週に2つくらいはいったら、もうその週はブロック。
他の週に約束をするなどしています。
 

嫌な人間関係は全面的に解消

つまらないと思ったり、嫌な思いをする人間関係はどんどん絶っていきました。
おかげで、無意味に消耗する誘いはゼロになりました。

自分の精神衛生のためにも、勇気を持って絶ちましょう。
 
 

時間があることは幸せの入り口

幸せを感じるには、それなりに言ったりした時間が必要です。
ボロ雑巾のように忙しくて大変だけど幸せってなかなか感じにくいと思うんです。

だから、 空白を生活の中に作ってあげるつもりで、「忙しいと言う女」を脱しましょう。
 
 
では、またね。

こちらもどうぞ↓


睡眠激変!!快眠へ導く寝巻きを探せ! | 男子を置いて、ビジネスクラス





 - 主観のコラム, 恋愛・考え方