辛いからまわりばかりのあなたへ

      2018/07/03

からまわりばかり、こっこです。

きょうは
・からまわりしても
・わたしは 全然落ち込まない!

・その理由の話をします。



 

辛い空回りばかりです

わたしはからまわりすることがとてもよくあります。

最近したからまわりは、韓国語単語集の単語を覚えよう!と思ったとき。
昔からあるような単語帳を鼻息荒く購入し、50単語ほど書いたところで、
「これ、アプリで作った方がいいんじゃ…」
と気がつき、入れ直しの羽目になりました。

入れ直してしばらく使っていたのですが、そもそもの単語集付属の音声で暗記する方法を思いつきました。
結局、単語カードづくりは全体ごっそりいらなかったことに・・・
ああ。からまわり。(レベルとしてはしょうもないですが…)
 
 

辛いからまわりをした時はこう考えることが大切

からまわりしちゃったと認めよう!

からまわりしているとき、大切だと思うのは、
「からまわりしちゃった」
ということを 認めて潔くやめること
だと思います。
ここで、
「からまわりじゃないもん」
と、強引な軌道修正をしたりしてもいいことはないのです。
 

迷惑をかけた時には「からまわりでした」と潔く謝ろう

もしあなたのからまわりで周りに迷惑をかけた場合には
「からまわりでした」
と潔く謝ってしまえばいい
と思います。
なぜなら、人は誰しも行動すれば空回りする可能性があるからです。

そして、からまわりは恥ずかしいことではないからです。
 
 

辛い!でもからまわりは恥ずかしくない!

だいたい、からまわりは恥ずかしいことじゃないと思うんです。
なにごともうまく行く人などいないですよね。
からまわりしている= それだけ行動しているということだと考えていいのです。

だからもしあなたが、なんか最近からまわりばかり、と思うなら、それは行動し始めた印です。

内容を改める必要はあっても、どうぞその行動力は無くさないでいてください。
 

行動できる人はそもそも少ない

例えばこのブログは月に2万人以上が読んでいます。
しかし、ここでなにかをお勧めしても、 実際に行動に移すのは10人いれば多いほうです。
そのくらい人って行動しません。

なので、空回りするほど勢いを持って行動したあなたは2万人のうちの10人かもしれないのです。
では、またね。




 - 主観のコラム