エッセイ どうぶつの森をやるわたしが外国人にモテモテな話

      2018/06/23

なんでなのかよくわからない話をしよう。

Twitchでどうぶつの森をやっているわたしが外国人にウケまくりな話



Twitch という、ニコ生の世界版みたいなサイトがある。
そこはゲーム実況専門で、実況者にみているひとがお金をあげたりできるのが特徴 だ。

わたしも一攫千金?を狙ってTwitchでゲーム配信を開始した。
バイオハザード。
ゼルダの伝説。
フォートナイト。

いろいろやって結局、ウケが最もいいのがどうぶつの森 なのだ。

普通、ゲーム実況で人気が出るプレーヤーはテクニックがすごい人たちだ。
遠くから正確に早く敵を撃ち殺したりできるとおひねりが来る。

しかし、こちとらどうぶつの森である。
スーパープレイもへったくれもない。
ただただ村を歩き回り、木を植えたり、切ってみたり、釣りをしているだけなのだ。
やっているこっちは正直暇だ。
暇だから無駄に髪型をチェンジしたりしている。

それでもみに来た外国人はわたしに話しかけてくれるので、英語で返答している。
その間も黙々と魚を釣ったりと地味なゲーミングが続く。

始めたばかりのわたしのために、みていた外国人がわたしの村に遊びに来て(通信でそういうことができる)、ゲーム内のベルという通貨をしこたま置いていってくれる。
突然、富豪 である。
おかげでわたしの家は増築に増築を重ね、大豪邸 になってしまっている。
一応、ゲームのストーリーは村長となったわたしが村を発展させていくというものなのだが、自分の家だけムクムク育って完全に悪徳政治家になっている。

そんな外国人に貢がれプレイ をしていたわたしだが、2ヶ月ほど活動していなかった。
そして2018/06/17現在、すごーく久し振りにどうぶつの森の配信をしてみたのだ。
誰も流石に来ないよなー、なんて思っていたら、くるわくるわ。
チャット欄は賑わった。

TwitchにはTwitterのよにフォロー機能があるのだが、ある視聴者がほかの視聴者を連れて来てくれさえした。
そしてなんと、毎月わたしにお金が入る定期購読までしてくれたのだ!

ここで素朴な疑問が残る。
なんでだ。笑

なんで、どうぶつの森をやっているときだけこんなにモテるんだ。

いまだに解明できないでいる。
 
 
こっこのエッセイをもっと読むにはこちら!↓


こっこのエッセイ集 | 男子を置いて、ビジネスクラス





 - 未分類