同棲のマンネリは帰り道デートで変化をつけて

      2018/05/26

夫と仲良し、こっこです。

きょうは
・同棲や結婚などで同居しているパートナーと
敢えて外で待ち合わせて帰ること

提案したいと思います!
 

夫が早く帰れそうな日、わたしは外で遊んでおく


↑夫のハンサム真木とわたし

きょうは夫のハンサム真木が早く帰れる日です。
そんなときわたしは わざと予定をいれたりして、外に出かけておきます。

この日の予定は虎ノ門でアフタヌーンティー。

食事の感動をブログに書ききったところで17時ごろ。

そこから散歩したり軽食をつまみながら執筆したり…
ハンサムが迎えに来るのを待ちます。
 

待ち合わせ場所から家までの短いデート

夜の街や静かな道をパートナーと散歩するのは楽しいものです。
おたがいの今日の出来事を話したり、労をねぎらったり。

家にいるときでは味わえないデート感が、わたしは大好きです。
お酒が好きなカップルなら一杯だけ楽しんで帰るのもいいですね。
 
 

パートナーが幸せそうだと嬉しい人は多い

わたしが外で遊んでおく理由は他にもあります。
おしゃれしてどこかへいってご機嫌になった状態を夫に見て欲しいのです。

わたしは体が弱いですし、足の具合も悪い時は歩けないほどです。
なので、元気な姿を見せると夫はとてもホッとするんです。
 

あなたの充実を妬むパートナーには要注意

ところが、中には
「お前ばかり遊んで…」
と文句を言ってくるパートナーもいる
ようです。

そう言ってくる原因はさまざまでしょう。
ですが、いずれにせよ言えることは話し合いが必要だということです。
あなたが自分で稼いだお金で遊ぶ分には誰にも文句は言えません。
でももし、パートナーの財布に頼りきりなら、すこし考え直した方がいいでしょう。

そしてパートナーの欲求も叶えてあげましょう。
趣味に没頭したい、思い切り寝たい、など、なんらかの欲求があるはずです。
 
 

帰り道デートで同居のマンネリを解消してみては?

帰り道デートは、時間さえ合えば気軽にできることです。
これといってしなきゃいけないことも決まっていません。
互いにできる範囲で、いい時間を過ごそうとするだけでいいのです。

気張らずに、一度試してみてください。
では、またね。

こちらもどうぞ!


原稿用紙34枚分!かつてのブスがイケメンと結婚できた話

 - ハンサム出没記事, 恋愛・考え方, 結婚