ダイエットに人生初のボルダリング!効果と魅力

   

ダイエット真っ最中、こっこです。

最近ボルダリングにチャレンジしました。
一回ジムに行っただけで全身筋肉痛!
そりゃこんなの続けたら体が引き締まるのが当たり前では?という感じです。
でも本当にたのしくて、自然と筋肉をつけていけそうなんです!

人生で木登りですらやったことのないわたしが、なぜやる気になったか?
それはFiNCプレミアムというサービスによるものです!
(くわしくはこちら → 実録!オンラインダイエットのオススメアプリFiNCプレミアムと効果

簡単にいうとFiNCプレミアムには優待サービスがあって、あるボルダリングジムの登録料などがぐっとやすくなったんですね。
さらになんとFiNCプレミアムの会員なら、利用料のクーポンは無制限で使えるというのです!

>>FiNCプレミアムを30日間無料で試してみるにはこちら!<<

きょうは
・そんな人生初のボルダリング
学んだことや効果など
・絶賛筋肉痛真っ最中のわたしがお届けします!
 

人生初のボルダリングジムはFish&Bird

クーポンのお店の名前から地図を探して東陽町へ行ってみると、ありました!
おしゃれな打ちっ放し倉庫?と行った感じ。

入ってみるとさっぱりした印象の女性が応対してくれました。
こ「初めてなんですけど」
女性「おおー!楽しいと思いますよ!」
クーポンを見せると
登録料 1620円 → 540円
に割引してもらえました。

女性「今日レディースデイなんで、利用料はその値段の方がお得です」
なんとこちらは毎週火曜をレディースデイにしているんですね。

レンタルシューズや、チョーク(後述)代は初回の登録料に含まれるとのこと。
クレジットカードも使えました。

女性「じゃあ、二階で着替えたら、下に降りてきて靴を合わせましょう」
こ「はい!」
服はとりあえず動きやすい服装ならなんでもオーケー。
擦り傷などから守りたい人はレギンスもいいと思います!

靴は、つま先がわざとまるまるように小さめを選択します。
登るときだけ履けばいいので、休憩中は脱げます。

>>FiNCプレミアムを30日間無料で試してみるにはこちら!<<
 
 

ボルダリングのルール

柔軟体操をしながら、ボルダリングのルールや決まりを女性に教えていただきました。
 

壁から離れてルート確認

まず、登るときはいきなり登り始めるのではなく、壁を遠くから見てルートを確認します。

というのも、ボルダリングジムでは、難易度別にさまざまなルートが用意されています。
開始のふだが貼ってあるところの、壁についている石(=ホールドといいます)の色が赤なら、登るときに使っていいのは赤だけです。

これは赤のホールドなので使っていいのはその付近の赤だけ。

ちなみに札が白いのは、難易度が最も低いことを表しています。
登りたければ難易度関係なく登ってもよく、あくまで難易度は指標のようです。
 

他の人が登らないか確認


1つの壁にあらゆるルートが混在しているので、自分以外にも壁を使用したい人がいないか確認します。
仮にのぼるときにいなくても、上級になると横移動を含むルートがあり、上の方でぶつかる可能性があります。
それを防ぐためにも周囲にはしっかり気を配りましょう。
 

スタートのホールドに両手をかける

まずチョークの粉が含まれたボールを軽く握って、手に滑り止めをつけます。
スタートのふだがあるホールドに両手をかけて、足が地面から離れたらスタートです。
 

ゴールのホールドを両手で持って終わり

ゴールまでたどり着いたら、ゴールのホールドを両手で握って終了です。

結構シンプルなルールのポルダリング。
わたしはすっかりハマりそうです。なぜなのでしょうか?
 
 

ダイエットにおすすめ!ボルダリングの魅力

魅力①誰でもできる

当初わたしにはこんな不安がありました。
「1つも制覇できなかったらどうしよう・・・」
しかし、問題ありませんでhした。
ボルダリングは、全く木登りをしたことがない人でもできます。

最も簡単なルートを教えて貰い、実演を見てからいざトライしてみると、スルッと登れました!
簡単なルートは少し難しいハシゴくらいなものです。
 

魅力②短時間で全身の筋肉を使う

ご想像いただければすぐにわかると思うのですが、登るということは自分の全体重を全身で支えることになります。
腕、肩、背中、ウエスト周り、太もも、ふくらはぎ、、、と意識しだしたらきりがないほどの筋肉を使います。

しかしそれらを使う苦しい時間は2分も続けば長い方です。
あまりに長くぶら下がっていると、ホールドを握っていられなくなって下に落ちます。
(マットがあるのでそのまま落ちても怪我する可能性は低いです)
つまり、短時間で集中して筋力をフルに使うのです。
 

魅力③天候に左右されない

わたしは朝のスロージョギングを心がけていますが、梅雨に入れば自動的にできなくなります。

一方ボルダリングは(屋外でもやることがあるそうです)屋内施設も充実しています。
梅雨や真夏、真冬でも天候を気にすることなく通えるのは魅力的です。
 

魅力④ストレス発散になる

登っているときは自分の体重を支えてホールドを握るのに精一杯です。
あれこれ考え事をするのはまず無理です。

ストレスをかかえていても、ボルダリングに必死になることでその間だけでも忘れることができます。
全身を使った後の倦怠感もまた、ぐっすりと眠る方向に導いてくれます。
ストレス源から頭だけでも話したい人には本当にオススメです。
 

魅力⑤男女差があまりない

ボルダリングは、意外にも細くて力のなさそうな女性が得意だったり、大柄な男性が苦戦したりするそうです。
なぜかというと体重=負荷なので、力のある男性が必ずしも優位ではないんです。

それに同じ壁にさまざまな難易度のルート設定がされているので、上級者と初心者が一緒に楽しめるのも魅力です。
 

魅力⑥場の一体感が楽しい

基本的にボルダリングは個人競技なのですが、一度トライしたら5ー10分ほど休憩するのが普通です。
その休憩の間、ぼーっとしたり水分補給など好きにしていいのですが、大体の人は登っている人を見ます。

なので、登っていると
「あと少し! ああーガンバッテー!!」
みたいな声援をどこからともなくもらえます。

それはわたしに限った話ではなく、誰でも他人のクライミングを応援したくなるんです。
あと少しで手が届きそうな時とか、注目せずにはいられない。笑
その程よい距離感が楽しいです。

>>FiNCプレミアムを30日間無料で試してみるにはこちら!<<
 
 

ボルダリング上達のコツ

さあ、そんな楽しいボルダリングですが、なにかコツはあるのでしょうか?
 

はじめは週一くらいで

上達するのに最初は通い詰めないといけないのかと思いきや
「最初は週一がベスト」
だというのです。
というのも、全身を使うため筋肉痛もあり、クールダウンの期間を置く必要もあるからです。
そのくらいのペースで通えば、上達していくんだとか。

週一でいいならできそうですよね。
 

頭で迷わず登るべし

最初わたしは登りながら
「次、どこをどこに置くの!?」
とパニックになっていました。

最初案内してくれた女性にアドバイスを求めると
女性「たぶん、いろいろ考えすぎだと思うな」
とのこと。
体力が尽きる前に登り切るには、直感で体を動かしでジャカジャカのぼるべし!だそう。
意識してやってみたら、少しうまくできるようになりました!
 

プロテインを補給しよう

筋肉を使うと、筋繊維に細かな傷がついて筋肉痛になるとされています。
その傷の修復にはタンパク質=プロテインが欠かせません。
わたしが大好きで食べているのがこちら

バニラ味のウェハースで、すごく美味しいスイーツです。
薬っぽい感じも全然しません。
 

婚活女子に朗報!イケメンが多かった

ボルダリングがうまい男性は、当然ながらデブでもないし、体が引き締まっています。
がっちり系より細いけど引き締まっているという感じの人が多いです。

また前述の通り、みんなで誰かを応援する雰囲気に自然となりやすいので、話す機会もあります。
通っている人同士で教えあったりすることもよくあるそうです。
平日夜でもジムは開いているので、仕事帰りに少しダイエットをしながら婚活までできるかも!と思いました。

こんなにいいことづくめのボルダリング!
あなたも無制限で使えるFiNCプレミアムのクーポンを使ってはじめてみませんか?

>>FiNCプレミアムを30日間無料で試してみるにはこちら!<<

 - 維持!体内年齢10代