人に借りた金をコインチェックに入れといた話

   

前回までのおさらい
こっこのオンラインサロンの企画で
「1万円をこっこから借りて、増やして返すチャレンジ」
をしているみっぽ。

くじ引きで決めたアルトコインを買って分散投資したはいいものの、なんと取引所はあのCoincheckで、、、
(以下、みっぽが記事を書いています)
 

みっぽ証券、史上最大のピンチを迎える

正直かなり順調だった

船長「おーいみっぽ、アルトコイン投資は順調かー?」
みっぽ「任せてください!ほら、この通りです。儲けが出るのは確実ですね!」
(1万円を借りて2万円に増やして返すチャレンジ中です)

そんなやりとりをかまして余裕しゃくしゃくだった借金企画に暗雲が立ち込める……
 
 

運命の2018年1月26日

最初デマだと思った

みっぽ「あれ、コインチェックから怪しい出金があるって言ってる人がいるなあ」
みっぽ「えっと、銘柄はNEM?(持ってる)総額580億円だって?」
みっぽ「なんか途方もない金額だしガセかな。問題ないっしょ」
船長「おーいみっぽ、コインチェック不穏だけど大丈夫かー?」
みっぽ「まだ余裕っす!ほら!」

しかしその後不安になりました。
あの、感度と嗅覚の鋭すぎる船長が反応してるってことは……

そして恐れは現実に。
 

コインチェック、ハックされる


「コインチェック、580億円分の仮想通貨流出 社長謝罪」

みっぽ「…………」

あーよかった。
1万円しか入れてなくて。
しかも自分のお金じゃないし。

……って、そんなわけあるかーい!!

お金の出どころこそこっこさんではありますが、わたし、絶賛企画にチャレンジ中の身です。
この1万円、なんとしても2倍以上に増やさないと「ただただ金利200パーセントで金を借りた女」に成り下がってしまうのです。

こんな方とか、

こんな方とかを見て安心している場合ではないっ……!!
 
 

どうしよう、全額パーになったら

みっぽ「これ、コインチェック破綻して全額パーとか……
船長「めっちゃ有りうるね!」


(なお左の画像はわたしが目視できた最高金額です)

さて、みっぽ証券の結末やいかに。
3月末(返済期限)の最終報告をお楽しみに!

はたしてみっぽは無事お金を引き出せるのか?!
次になにが起きるのか?!
 
 

今回の教訓

ハードウェアウォレットで保管しよう!

「仮想通貨は取引所に置きっぱなしにせず、より安全な方法で保管すべし」

今回の企画については、元手が1万円しかないため取引所に置いたままにしていましたが(送金手数料で数割吹っ飛んじゃう)、ある程度の額を持っている方は必ず!ウォレットで保管しましょう。

ウォレットってなに?
取引所はなにが危ないの?
というレベルの方は、仮想通貨を買ってみるのもいいですが、まずはよく勉強しましょう。
ハードウェアウォレットはどれがいい?日本語サポート充実のオススメはこれ!
 

英語で仮想通貨のことを学ぶ手順

日本語でももちろんある程度の知識は得られますが、最新の情報に触れたければ、迷わず英語です!

英語学習者であれば、多読の教材を仮想通貨本にするのがおすすめです。
①amazon.com にアクセスし
②検索窓に”cryptocurrency”と入力。
③kindle本でソートして
④評価を確認しながら購入
すれば、ハズレが少ないですよ。

(amazon.co.jpからでも英語のkindle本は買えますが、評価が全くついておらず参考にならないことが多いです。
また、kindleを勧めるのは、わからない単語を調べながら読めるので、時間の節約になるからです!)

わたしもレビューに”easy to read”と連発されていたこの本を読んでいます。
仮想通貨関連の単語や表現に馴染めたので、こっこ船長の仮想通貨英語ニュースの記事や配信に少しずつついていけるようになりました☆

寄稿者
みっぽ
2歳と0歳の子持ち29歳。育休満喫中。こっこさんのコーチングでTOEIC800点目指してます。
ブログ Mippolog みぽろぐ http://mippolog.hateblo.jp/
ツイッター @mippolog https://twitter.com/mippolog

 - 仮想通貨, 投資・お金