車椅子でディズニーシー!アトラクション別乗り方

      2018/02/14

TOEIC独学830女子、最近車椅子になった、こっこです。
車椅子になった理由はこちら

きょうは
東京ディズニーシーに
・車椅子で行った
ので
・アトラクション別に
・どんな感じだったか書き留めておきます。

※あくまでわたしの体験談ですので、最新情報は公式サイトで手に入れてください。
 

車椅子はどうやって借りるの?

まず車椅子を開園前に借りる場合には、案内などをしている係の方に聞くなどして指示を仰ぎましょう。

わたしの場合は、
①モノレールの改札を出て右に進み
②さらに右に曲がって
③細長い白い建物の横の
④大きな木の付近に
貸し出しの方がいましたが、これを読むより聞いてしまった方が早いですね。
 



 

貰っておこう!ゲストアシスタンスカードとは

車椅子など、並んで待つことが難しい場合、アトラクション入り口などでゲストアシスタンスカードを発行してもらいます。

・ゲストアシスタンスカードとは?

アトラクションの列に長時間並ぶことが困難な方や、待ち時間の間、列の中ではなく、
別の場所で待機できるものです。待ち時間は、アトラクションに並んでいる時間とみなすため、
待ち時間に他のアトラクションをゲストアシスタントカードでは利用できません。
引用元 車椅子で東京ディズニーシー@車椅子で楽しくあそぼう編 パート⑤|車椅子主婦の癒し部屋


大きさはこのくらいです。
なぜか表紙の柄はジーニー。なにか意味があるのでしょうか?

では、これを持って、早速アトラクションを楽しみます!
 
 

マーメイドラグーン・ワールプール

ランドでいう、アリスのティーパーティーみたいな感じですね。

まず入り口でゲストアシスタンスカードを見せます。
時間をつけてもらい、乗れる時間まで待ちます。
アトラクションが動く様子を見ているのも楽しかったです。

時間になったら、奥の方の出口に向かいます。
ドアの開け閉めをする係りの方にカードを見せます。

ここからは歩くことになります。
乗り物の止まっている位置によっては少し距離がありますね。
 
 

マーメイドラグーン・ブローフィッシュ・バルーンレース

まず入り口でゲストアシスタンスカードを見せます。
注意事項として、意外と酔いやすいと聞きました。
たしかに乗ってみると結構な遠心力なので気をつけてください。

時間をつけてもらい、乗れる時間まで待ちます。
こちらもアトラクションが動く様子を見ているのも楽しかったです。

時間になったら、奥の方の出口に向かいます。
スロープがあるので、登り切ります。
ドアの開け閉めをする係りの方にカードを見せます。
二股になっていますが、どちらから見せても大丈夫なようでした。

ここからは歩くか、ギリギリまで車椅子かを選べます。
一番近い乗り物を用意してくれて助かりました。
 
 

アラビアンコースト・シンドバッドストーリーブックボヤッジ

入り口に行くと注意事項の説明があります。
緊急時には50段近くの階段の上り下りや、腰までの深さの水の中を歩くこともあるのだとか。
ちょっと驚きました。

待ち時間がなかったのでそのまま、別の入り口へ。
一般の入り口も使えるようでした。
別のルートを通ると、乗り場の最後尾につきました。

ここで注意ですが、船の最後尾になると少し乗り場との間に距離があります。
結構な大股で乗らないといけませんでした。

わたしは車椅子を降りて自分で乗りましたが、専用の車椅子に乗り換えて楽しむことも可能だそうです。
 
 

アラビアンコースト・キャラバンカルーセル

入り口で説明を受けた後、どう乗るかを相談します。
赤いソリのような、座面の低い乗り物に乗り移るのが負担が少なくおススメです。

出口付近に車椅子専用の入り口があります。
中に簡易スロープのような物が置いてあり、それをカルーセルに設置してくれます。
車椅子ごとカルーセルに乗り上げ、赤いソリに乗り移ります。

その後、スロープを離し、同行者は近くに乗ります。
 
 

ロストリバーデルタ・レイジングスピリッツ

これはファストパスをとっていたので、ファストパスの入り口から。
車椅子用のリフトがあるとのことで、案内に従って出口から入っていきます。

どんなリフトなのかまったく想像できなかったのですが、業務用エレベーターという感じ。
でも内側まで、レイジングの世界観は保たれていました。

リフトは二人乗りで、車椅子ごと降りて行くことができます。
乗り場付近までつくので、そこからは自分で歩きます。

乗り降りに段差が結構あるので、気をつけてください。
 
 

アメリカンウォーターフロント・タワーオブテラー

こちらもファストパスを取っていたので、専用の入り口から。
近づくと、係のお兄さんが呼ばれて、裏口へ案内してくれました。

乗るギリギリまで車椅子でいけるとのことで、
①まず裏から、最初の説明の部屋
②二番目の部屋
③乗り場につながる廊下
すべて車椅子で移動できます。

なかなか距離があるので腕が疲れました。

乗り場の本当に手前まで車椅子で行けたのは良かったです。
乗り終えるとそこで車椅子を用意して待っていてくれます。
 
 

ポートディスカバリー・ニモ&フレンズシーライダー

向かっている段階から声をかけていただいて、説明がありました。
問題がなさそうとわかると、一般入り口から中に通されます。
このときスロープを登るのですが、長めの距離なので気をつけてください。

説明の部屋ではずっと車椅子でいられます。
シアター形式の乗り場に行くと、席の目の前で車椅子を降ります。
その車椅子は出てすぐのところに置いておいてもらえますので、比較的楽に移動できます。
 
 
いかがでしたか?
参考になれば、とても嬉しいです。
 
 
こっこ
海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月15000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円で自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。
詳しいプロフィールはこちら
 
記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は、なんらかのアクティブなSNSアカウントを文頭にご記入の上、問い合わせフォームからご連絡ください。アシスタントがご対応します。
SNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。





 - 未分類