XRP、中東最大為替取引所と提携。ダークウェブでよく使われる通貨とは? 今朝の仮想通貨2018/02/13

   

おはようございます。
TOEIC独学830女子、仮想通貨を学ぶ英語講師、こっこです。

2018/02/13、今朝の仮想通貨ニュースです。


お役に立ちましたら嬉しいです。

昨日のニュースはこちら
BTC今月中に163万か?XRPインド最大取引所に上場!今朝の仮想通貨2018/02/12
 

お知らせ まだ配ります!こっこからバレンタイン

昨日配布を開始したばかりのXEMがあっという間になくなってしまったので、新たに100名様にXEMを配りたいと思います。
必要なのは
① Zaifのアカウント
② Twitterで@cocoinenをフォローしていること

です。

>> こっこからのバレンタインを受け取る <<
 



 

XRP、中東最大の為替取引所と提携へ

まずは、またリップルの躍進のニュースからです。
UAE Remittance Giant Partners Ripple for Instant International Payments

One of the Middle East’s biggest money transfer and forex houses has entered an agreement with fintech giant Ripple to enable real-time cross-border payments using the latter’s enterprise blockchain.

中東で最大の決済と外国為替取引所の1つが、フィンテックの巨大勢力リップルと契約して、リップルのエンタープライズブロックチェーンを使用してリアルタイムの国境を越えた支払いを可能にしました。

With a presence in over 31 countries, the UAE Exchange is among the region’s earliest largest international remittance operators and becomes the latest payments solutions provider to partner San Francisco-based Ripple.

31カ国以上にまたがるUAEエクスチェンジは、地域で最も早く国際送金を行う大手オペレーターの1つであり、サンフランシスコに本拠を置くRippleと提携する最新の決済ソリューションプロバイダーになります。

The collaboration will see UAE Exchange join RippleNet, the company’s enterprise blockchain network that sees over 100 members in banks and financial institutions, using Ripple’s SWIFT-replacement product for real-time clearing and settlement of international transactions.

このコラボレーションによりUAE ExchangeがRippleNetに参加する予定で、リップルのSWIFTリプレイスメントを使用して、国際取引のリアルタイム決済と決済を行う銀行や金融機関を100以上抱える同社のエンタープライズブロックチェーンネットワークを使うことになる。

RippleNet, unlike the Ripple Consensus Ledger (the company’s public blockchain), does not use Ripple’s native token XRP.

RippleNetは、Ripple Consensus Ledger(会社の公開ブロックチェーン)とは異なり、RippleのネイティブトークンXRPを使用しません。

こちらもどうぞ
英語をはじめたいひとへ | 男子を置いて、ビジネスクラス
 
 

BTC価格、9000ドル回復に近づく

ビットコイン、9000ドル回復に近づく-規制への懸念が後退か – Bloomberg

米証券取引委員会(SEC)と米商品先物取引委員会(CFTC)の委員長が先週の議会証言で強力な規制措置を提案しなかったことで安心感が広がり、タイの中央銀行が12日に銀行の仮想通貨取引禁止を発表したことは響かなかった。

 
 

ダークウェブで使われやすい仮想通貨とは?

ダークウェブでビットコインの次によく使われる仮想通貨と… | News | Cointelegraph

ダークウェブとは

ダークウェブは利用者の身元を突き止めることをより困難にするために、非標準的コミュニケーションプロトコルとポートを使用するインターネットだ。

つまり、不正送金などの温床というわけですね。
そのダークウェブに使用されやすい通貨とはなんなのでしょうか?
 

ダークウェブに使用されやすい通貨

調査によると、現在ダークウェブで2番目に人気の高い通貨がライトコインで、全ベンダーの30パーセントが受け入れているという。第三位はダッシュで、全ベンダーの20パーセントが受け入れている。

不正や盗難に合わないためにも、1番の方法はハードウェアウォレットの利用です。
物理的に離れたところで資産を保管することで、安全性を確保できます。

こちらもどうぞ
ハードウェアウォレットはどれがいい?日本語サポート充実のオススメはこれ!
 
 
こっこ
海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月15000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円で自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。
詳しいプロフィールはこちら
 
記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は、なんらかのアクティブなSNSアカウントを文頭にご記入の上、問い合わせフォームからご連絡ください。アシスタントがご対応します。
SNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。





 - 仮想通貨, 投資・お金, 英語で読む仮想通貨