不動産投資の一括資料請求ならOh!Yaがよさそうな話

      2018/02/10

TOEIC独学830女子、投資大好き、こっこです。

きょうは
不動産投資の
・一括資料請求
なら
Oh!Yaがおすすめ!!
と言う話をします。
 

不動産投資に興味を持っても、資料請求が面倒臭い

不動産投資に興味のある方はたくさんいらっしゃるようですが、面倒臭いのが資料請求!
特に、似たような項目を何回も何回も入力しないといけないのは嫌ですよね!

いまはわれわれ若い人間の間でも不動産投資は浸透しています。

* 不動産投資経験者の3 割(30.9%) は年収400万円未満、半数(48.4%) は500万円未満(図1、図2)
* 20 代不動産投資家の2/3 以上(68.3%) がこの1〜2年内に不動産投資を始めている(図3)
* 20 代の不動産投資経験者の4 割以上(41.7%) が” 副業感覚” で始めている(図4)
* 20 代の若い世代の投資家は48.3% が1 ヶ月以内に契約とスピーディーな意思決定を行っている(図5)
引用元 〜不動産投資動向に関する意識調査〜昨今の副業ブームで1年以内に不動産投資を始めた20代が急増|株式会社 GA technologiesのプレスリリース

わたしも今すぐにかはわからないのですが、3大資産を形成したいと考えています。
 

3大資産 事業、金融資産、不動産

聞いた話なのですが、この3つが3大資産と呼ばれているそうで
・事業 → 英語指導、執筆
・金融資産 → 投資信託や、ソーシャルレンディング

とすでに形成しているのに対して、
・不動産 → 手付かず
なんですよ。

興味はあるけど、同じ状況という方はおおいでしょう。
そこで知ったのが、一括資料請求のOh!Yaです。
 



 

Oh!Yaのいいところ

① 入力項目が少ない!

住所氏名などの基礎的なことと、投資経験、年収などを入力するだけ!
しかもその一回で、複数の会社からの資料が来ますので、とっても楽ちんですよね。
 

② 完全無料!

完全無料で利用できるのは安心ですよね。
 

③ 15万件の紹介実績

15万件も紹介実績があるとのことで、的外れな資料ばかりということもなさそうです。
また、自分の素人判断で資料請求してしまうより、経験のある人に頼みたいですよね。
 
Oh!Yaはこちら!
 
 

一括資料請求のメリット

同じタイミングで比較検討できる

自分でバラバラに資料請求すると、資料もばらばらで、比較検討がなかなか困難です。
しかし一括なら足並みを揃えることも可能ですよね。
 

相場がわかる

素人にとって、相場を「そういうもんなのかあ」と思うしかないのはちょっと辛いですね。
しかし、複数社の資料を請求していれば、高い安いがとてもよくわかります。
比較対象としてわざと複数社取り寄せるわけです。
 

丁寧さの違いがわかる

何社か比較検討すると、人当たりというものもわかるようになってくるはずです。
おそらく、これが一番、わかりにくいところであり、大切な部分です。
大金をはたくのですから、誰にでも任せられる訳ではありませんよね。
 
これらの安心から、資料請求はOh!Yaで一括請求するのが良さそうだと感じました。
 
 

私的年金としても家賃収入

不動産投資で年収をアップする方の中にはさまざまな用途を考えている方がいるようです。
・それを元手に仮想通貨などさらなる投資
・投資先を分散する意図
そしておそらく多そうなのが、「私的年金として」という選択です。
 

確定拠出年金はあるけれど、、

利用できる国の制度に確定拠出年金がありますが、これの注意したい点は
「60歳にならないと受け取れない」ということです。

しかし人間、いつ「老後」が始まるかなんてわかりません。
60歳より10年早く病気にかかってしまうかもしれませんし、それはわからないんです。
そんなとき、定期的に入ってくる収入があったら、と想像するとても安心ですよね。

若い人の不動産投資が増えているという冒頭のデータも頷けるというものです。
気になっているなら、Oh!Yaでさくっと資料請求してみては?
3分もかからないと思いますよ!
 
 
そんなわけでわたしもすこし、検討してみようかな!
それでは、またね。
 
 
こっこ
海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月15000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円で自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。
詳しいプロフィールはこちら
 
記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は、なんらかのアクティブなSNSアカウントを文頭にご記入の上、問い合わせフォームからご連絡ください。アシスタントがご対応します。
SNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。





 - 投資・お金