ハードウェアウォレットLedger Nano S正規品購入はどこがオススメ?

      2018/02/06

TOEIC独学830女子、仮想通貨を学ぶ英語講師、こっこです。

きょうは
安全性の高いハードウェアウォレットとして有名なLedger Nano S(レジャーナノS)ですが、
・いったいどこで
・正規品を購入したらよいのでしょうか?

今回はそれを調べてみました。

ハードウェアウォレットそのものをよく知らない方はこちら
ハードウェアウォレットはどれがいい?日本語サポート充実のオススメはこれ!
 

Ledger Nano Sは正規代理店で購入を!

しらべますと2018/02/05現在、
ヨドバシ.comで15800円
楽天でも15800円

となっていますが日本正規代理店で購入することをお勧めします。

※注意※
現在、世界的な品薄だそうです!
2018/02/05現在予約販売となっていますので、これ以上手に入れるのが困難になる可能性もありえます。
急ぐ場合どうすべきかも、正規代理店ページに書かれています。
 



 

日本正規代理店のLedger Nano Sがそこまで支持されている理由

日本語サポートが充実

本来、Ledger Nano Sは仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。
しかし、日本語ユーザーのために、サポート窓口が開設されています。
必要なシリアル番号のシールが付いていますので、それを使って問い合わせることができます。
 

決済法も充実

代引き、銀行振込、各種カード決済、Amazonペイメントでの決済が可能です。
海外から直接購入することに不安がある場合、やはり心強いですよね。
 
>> 日本正規代理店へはこちら <<
 
 

Ledger Nano S購入前に確認!あなたの通貨は対応通貨ですか?

あなたが保管したい通貨は、Ledger Nano Sの対応通貨でしょうか?
今一度確認をしてください。
Ledger Nano Sの対応通貨は
ビットコイン(Bitocoin)
ライトコイン(Litecoin)
イーサリウム(Ethereum)
イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)
リップル(Ripple)
などです。
日本正規代理店の製品ページにて全て確認できます。
 
 

いまやハードウェアウォレットは常識に

コインチェックなど記憶に新しい取引所保管のリスク

コインチェックから約5580億円相当のNEMが盗み出されたことは記憶に新しいですね。
被害者は、被害者団体を結成するなど、騒ぎは大きくなっています。

この日は、他の仮想通貨や日本円を取引所から引き出せなくなっている顧客らが参加。約200万円を預けていたという20代の女性プロゲーマー、Temaさんはコインチェックの機能停止によって100万円以上の損失が出たことを告白。いまも仮想通貨の価値が下落を続けていることから「全身縛り付けられて川下りをしている気分だ」と一刻も早い機能再開を願った。
引用元 コインチェック被害者団体結成 民事訴訟視野に資産返還求める― スポニチ Sponichi Annex 社会

いまや、取引所に多額の資金を預けておくことは大変危険とされており、ハードウェアウォレットに保管することがベストです。
とはいえ、今度は自己管理能力も問われることになりますから、ハードウェアウォレットの保管はくれぐれも慎重に行なってください。
取り出せなくなったら本当にアウトなので、、、目も当てられません。
 
 

Ledger Nano Sには未開封シールが付いていないって本当?

一部のブログやSNSで
「Ledger Nano Sには未開封シールが付いていない」
という声があったそうですが、それは事実です。
敢えてつけていない理由は「そんなシール程度では意味がないから」だそう。
たしかにそうですよね。
偽造品や中古品に貼られてしまったら終わりです。

Ledger Nano Sは、新品か中古かに関係なく初期設定を行えます。
仮に中古で、初期設定済みのものが目の前にあったとしても、PINコードを3回間違えて初期設定をしなおせば問題ありません。
なので、この初期設定は必ず自分で行う必要がありますね。

また偽造品の場合でも、接続時にアプリが弾くように設計されているそうですので、安心ですね。
>> 日本正規代理店へはこちら <<
 
 
こっこ
海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月15000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円で自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。
詳しいプロフィールはこちら
 
記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は、なんらかのアクティブなSNSアカウントを文頭にご記入の上、問い合わせフォームからご連絡ください。アシスタントがご対応します。
SNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。






 - 仮想通貨, 投資・お金