下落をどう見る?BTC,ETH,XRP,BCHなどテクニカル分析も 今朝の仮想通貨2018/02/02

   

おはようございます。
2018/02/02の仮想通貨ニュースです。

きょうはビットコインをはじめとする、あらゆるコインの下落をどうみるか?
・日本語記事
・英文記事
・テクニカル分析記事で
未来を読み解きます。

お役に立てれば、幸いです。
昨日のニュース
韓国、仮想通貨自体の禁止の意思なし。リップル予測、他 今朝の仮想通貨2018/02/01


 

ビットコイン大幅下落に対する記事やテクニカル分析

最近のビットコイン価格の大幅下落に対し、国内外から、さまざまな記事が上がっています。
まずは日本語の記事。

2017年には1400%の値上がりで時価総額は2000億ドル拡大したが、規制強化の懸念や不正流出事件などで1月は30%下落した。
ビットコイン下落、1月の記録的下げから一段安-1月17日以来の安値 – Bloomberg

この原因はどうみられているのでしょうか?
 


多くの仮想通貨下落の原因

英文ニュースから原因を読み解きます。
Most Cryptocurrencies Decline by Over 15% as Market Slumps, Factors

The cryptocurrency market was hit with a series of negative news and developments. Some regions are still recovering from trading ban FUD initiated by the South Korean government and most recently, the Indian government.

仮想通貨市場は一連の否定的なニュースと是正で打撃を受けました。
一部の地域は、韓国政府と最近ではインド政府が開始した取引禁止のFUDから依然として回復途中です。

Also, the cryptocurrency market was mostly composed of speculators and casula investors eyeing short-term profits.

また、仮想通貨市場は主に投機家と短期的な利益を見込んでいる投資家から構成されていました。

As the price of most cryptocurrencies declined, speculators left the market.

大部分の暗号化された通貨の価格が下落したので、投機家は市場を離れました。

This could be evaluated as a positive long-term development as the market can shake off weak hands and strengthen. But, in the short-term, it could lead to major losses for existing investors.

これは、市場が弱気を振り切り強化することができるように、長期的なプラスの発展として評価される可能性があります。しかし、短期的には、既存の投資家にとって大きな損失につながる可能性があります。

Many investors have become concerned with taxation policies of certain regions and markets, the state of regulations in countries like India, and the long-term growth trend of the cryptocurrency market.

多くの投資家は、特定の地域や市場の課税政策、インドなどの国の規制状況、および仮想通貨市場の長期的な成長傾向に関心を持っています。

The cryptocurrency market is down by around 40 percent from its all-time high.

仮想通貨市場は、過去最高の約40%のダウンしています。

Fundamentally, when any market falls by more than 40 percent, it presents strong buy opportunities for outsiders. The cryptocurrency market could recover as a new wave of buyers enter the space but until then, the market could struggle to recover.

基本的に、いずれかの市場が40%以上下落した場合、それは外部者に強い買いの機会を提供するものです。
購入者の新しい波がこの場に入ると、仮想通市場は回復する可能性がありますが、それまでは苦労する可能性があります。

とのことです。
長期的には回復するとの見込みですね。
ではテクニカル分析では、どのような見立てになっているのでしょうか?
 

ビットコイン価格の未来をテクニカル分析

昨日の記事で、ビットコイン価格のテクニカル分析をした英語ニュースを解説しています。
よろしければお読みください。
仮想通貨、全面的に下降するもビットコインのテクニカル分析では?2018/01/31
 
 

その他のニュース

BTC ETH XRP BCHなどのチャート分析記事

1月31日仮想通貨チャート分析 ビットコイン イーサ リッ… | News | Cointelegraph
BTCについて

売り手がここから勢いを増し9300ドルを割ると、8000ドルまで下落するはずだ。下値を更新したら買いは控えよう。

 
ETHについて

イーサリアムに関しては強気姿勢を維持。継続して底値が切り上がっているからだ。毎回の下落で買い手が出て値段が下がらない状態だ。

 
BCHについて

1364.9675ドルは下値における重要なサポート値だ。ここを割ると次の大きなサポート地点となる1150ドルまで下げるだろう。

こちらもどうぞ
ビットコインキャッシュ、テクニカル分析予測では下落もAI予測では… 2018/01/29
 
XRPについて

リップルは引き続き売り圧力を受けており、どのサポートラインで踏み留まることができていない。現在心理的に重要なポイントである1ドル付近で推移している。

こちらもどうぞ
韓国、仮想通貨自体の禁止の意思なし。リップル予測、他 今朝の仮想通貨2018/02/01

他の通貨に関しても予測が載っているので、気になる方はよんでみてください。
 

「ビットフライヤー」 2時間使えず

仮想通貨取引所「ビットフライヤー」 2時間使えず  :日本経済新聞

日経コンピュータが午後4時15分ごろにbitFlyerに電話で問い合わせたところ、顧客窓口の担当者が「サービスの動作が遅くなっている状況。影響範囲や復旧のめどについても確認中。さらに詳しい質問は問い合わせフォームを通じて送ってほしい」と答えた。

 
 
こっこ
海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月15000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円で自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。
詳しいプロフィールはこちら
 
記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は、なんらかのアクティブなSNSアカウントを文頭にご記入の上、問い合わせフォームからご連絡ください。アシスタントがご対応します。
SNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。






 - 投資・お金, 未分類, 結婚, 英語で読む仮想通貨