わかる!英語で仮想通貨!イスラエル、仮想通貨を通貨と認めず

   

TOEIC独学830女子、現役プロ英語講師、こっこです。

仮想通貨を扱うにあたって、情報に強くなることは必須です。
仮想通貨界でもっとも情報の早い言語はなにか? それは英語でしょう。
またビジネス要素も含みますので、TOEIC対策にもなります。

今回の課題文はTOEIC600レベル「イスラエル、仮想通貨を通貨と認めず」
動画のトピックは「このasは何のas?」です。
(こちらの「英語の仮想通貨ニュース解説」からバックナンバーをお楽しみいただけます
女性英語講師がBinance全銘柄を買って特徴一覧にする!まとめ

読者の皆さんが
仮想通貨ニュースを英語で読んで
有利な運用に繋げられるよう

・ニュースの長めの文をとりあげ
プロ講師のわたしが動画で解説をしつつ
・単語解説や、文法解説をわかりやすくまじえて
読んでいきます。
(動画は聴覚障害にも対応しています)


この記事は単品ですと動画解説付きで300円です。5名様のご購入を確認したら500円に値上げ、月末で一律に1000円に値上げです。
また、仮想通貨記事や英文法に関する記事をすべて読めるマガジン「とにかく英語がわかるマガジン」(1000円)にも収録されています。
月4記事以上更新されますので。定期購読にはこちらがお得です。

このような動画をお楽しみいただけます。(動画はサンプルです)

●読むのはこちらの記事です。

Israel’s central bank has said it will not recognize cryptocurrencies like bitcoin as a currency nor a foreign currency as it does “not fit the legal definition” nor “fill the main functions of currency.”
(中略)
“Bitcoin and similar currencies do not fit the legal definition of a currency or foreign currency,” Baudot-Trajtenberg said, arguing that they do not fulfill the core functions of a currency. The measure of confidence from its users is a critical element of a currency, the central bank said, stressing that this confidence only comes from a currency deemed legal tender with legal backing.
引用元 Israel Central Bank Refuses to Recognize Bitcoin as a Currency

では、一緒に読んでいきましょう!


 
 
こっこ
海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月15000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円で自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。
詳しいプロフィールはこちら
 
この記事は下書きを100%音声入力で作成しています。
10分で2,000文字の速度を維持しています。
【音声入力とは?】やり方、作業効率、生産性、時間、速さ、お勧めのデバイスやアプリ 総まとめ!
 
記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は、なんらかのアクティブなSNSアカウントを文頭にご記入の上、問い合わせフォームからご連絡ください。アシスタントがご対応します。
SNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。






 - 仮想通貨, 投資・お金, 英語で読む仮想通貨