「こっこさん、仮想通貨って結局なんなの?」へのこたえ

      2018/01/04

TOEIC独学830女子、仮想通貨を考えるのが楽しい、こっこです。

きょうは
・仮想通貨がとにかく騒がれていますが
結局なんなのか?
・少なくとも、わたしはなんだとおもっているのか?

・すごく分かりやすく書きたいと思います。

仮想通貨について言及された記事って、もうわかっている人向けがおおくて置いていかれますよね。
さっさと少額買うのが一番ですけど、「結局なんなのか」くらいは知ってから買いたい人もいるでしょう。
というわけで、わたしなりにですが、考えていることを書きます。

聞き手としてイケメンを用意しました。

ハンサム
用意されました!
こっこさんのパートナー、ハンサム真木です。
僕と一緒に、こっこさんの考えを聞いてみましょう

この答えが絶対ではありませんので、議論する気はありません。
 

仮想通貨が大変革と言われるのはなぜ?

太古のことを想像してみよう!

むかし、わたしたち人間は、物々交換をしていたらしいですね。
AさんとBさんがお米と魚とかを交換して、それぞれ生活していました。

しかしあるとき、Aさんが「オカネ」というものを持って来るわけです。
Bさん的には「いやいや! なにこの紙切れ!」と思いますよね。


ハンサム
確かに。
みたことのないものに、きのうまで交換していたお米と同じ価値があるといわれても…
信じられないのが普通ですね

このBさんの「こんなもんどーすんの」感と、
みなさんが感じている「仮想通貨なんかもってどーすんの」感
おそらく近いとおもうんですよ。

ハンサム
そ、そうか…!
でもBさんもやがて、オカネを使うようになっていったはず

そういうこと。
仮想通貨には、そのくらいの大きな変化が見込まれてるのだと思います。
 
 

どんな未来が待っていそうなのか?

ハンサム
うーん、仮想通貨でなにか大きな変化があることはわかりました。
じゃあその何かって、具体的にはどういうことなんでしょう?

海外旅行がすごく便利になる!

たとえば、海外旅行がすごく便利になるかもしれません。

ハンサム
え! 思ったより身近な話題ですね

いまあなたが海外旅行に行こうとすると、円をドルやユーロに変える手間が発生しますよね。
手数料も取られてしまう。
クレジットカードでも、現地で払うときユーロだったとしても、実際引かれるときは円です。

しかし、もし、ビットコインが大きく普及した場合、両替っていらなくなっちゃうんです。

ハンサム
そ、そうか、世界共通のお金だってことですもんね。
日本で200BTC(ビットコインの単位)を手に入れたら、そのまま200BTCとして使えるんだ

そういう可能性もあるんです。
便利ですよね。
旅行自体の手配から、現地でのお買い物まで、全部ひとつの通貨なので通算いくらかかったかも計算しやすいですね。


ハンサム
はー、なるほどな。
でもそれって、一部のお金の流れが簡単になるというだけに聞こえます。
世界中が騒ぐほどですかね?

よく考えてみてください。
これ、もっと大きな話にしたらどうなりますか?
 

お金の国境がなくなる

つまり、ハンサム的には、ビットコインが使えれば、どこにいようと同じことですよね。
そんなハンサムにとって、お金の国境ってもうないわけです。

ハンサム
たしかに。
円をドルに変えると、これからドルの世界にいくって感じがします。
でも、ずっとビットコインではなにも感じなくなりそうです

そうなんです。
それが世界中の人の普通となったとき、地理的な、地図上の国でさえも、もうそんなに深い意味がなくなってしまうかもしれません。

ハンサム
さすがにそれは無いでしょうー

いえいえ、大アリです。
 

国って要らないのでは?なんて声も

エストニアという国があります。
ここは、仮想通貨で儲けたお金には税金を課さないんですね。
簡単にいうと、100万円分儲けたらまるまる自分のものです。(※実際の細かな税制はご自身で必ずご確認ください)

ハンサム
ちなみに日本は?

日本では、雑所得として確定申告が必要です。


引用元 仮想通貨の税金は?確定申告に必要な情報まとめ | finte [フィンテ]

この表通りだとすると、100万円分儲けたら5万円分引かれてしまう事に。

ハンサム
エストニアとすごい差だ!
エストニアはなぜ税金を取らないのでしょう?

もしハンサムがビットコインでブイブイいわせたいとして、エストニアに来てもいいよと言われたらどうしますか?

ハンサム
行きます!
あ…!

そうです。
あらゆる先進的な企業や投資家が、籍だけでもエストニアに集まって来たら?
それはエストニアの国の力ともとれますよね。

ハンサム
有利な国に籍を置く…
世界を飛び回るアスリートみたいだなあ、猫ひろしとか
たしかにアスリートに国境はないですね

そう。
これが普通になったら、人々のくらしの自由度も上がるかもしれませんね。


 
 

仮想通貨を買ってみよう

ハンサム
だんだんとですが、わかってきました!
買うにはどうしたらいいのかな。
銘柄とか、金額とか、まったくわからないです

主要銘柄・ビットコインを買ってみよう

2017/12/28現在、とにかく有名なのはビットコインですね。
記念と言ってはなんですが、とりあえずここから始めるのも良いでしょう。

ハンサム
そもそもどこに売っているものなんでしょう?

それは、仮想通貨取引所です。
 

仮想通貨取引所を使ってみよう!

ざっくりとした流れはこうです。
① 仮想通貨取引所にメールアドレスなどを登録する
② 本人確認手続きをする
③ 日本円を取引所の口座に入れる
④ ビットコインを買う

ハンサム
あ、なるほど!
取引所に専用のお財布をつくるんですね


そうなります。
国内にも海外にもあらゆるお財布があります。
まよってしまいますが、最初のお財布としてのオススメはzaifです。
 

オススメ取引所!忙しいあなたの味方、Zaif

Zaifという仮想通貨取引所があります。
わたしも実際に使っていますが、サイトがとってもみやすいんですね。
初心者の方にはこのくらいがいいよなあと思います。

もうひとつ大きな特徴として、コイン積立ができる、というものがあります。

ハンサム
コイン積立?
コインを積み立てる、とは?

はい。
この機能では、例えば
「ビットコインを毎月1000円だけ購入しておいてね」
と設定するだけで、自動的に毎日少しずつ買って、月1000円分になるようにしてくれます。

ハンサム
毎日?
月に一回、自分で買うのとなにが違うんですか?

いい質問です。
一ヶ月あっても、仮想通貨は高い時と安い時があるんですね。
ハンサムは仮想通貨投資の初心者。
今の値段が高いのか安いのかはわかりませんね?
ハンサム
確かに。
一見安くても、もっとさがるかもしれないしなあ

ですよね。
では、毎日、機械が勝手に同じ金額買ってくれるとどうなりますか?
安く売られているときはたくさん買えて、高いときはちょっとだけ買えますね。
結果、多少値動きしても、これならリスクが少ないのでは? と言われているんですよ。
これを、ドルコスト平均法といいます。


ハンサム
なるほど! そうやって仮想通貨のおおきな値動きに対応するわけですね。
考えてみたら、僕みたいにフルタイムで働く人間には、値動きをずっとチェックするなんてできない

そうですね。
勝手に買ってくれるという機能そのものも便利ですよね。

そういう理由から、Zaifを推しています。
 

これぞ仮想通貨ワールド!海外取引所ならBinance

ハンサム
海外の取引所の方が良いということはありますか?

なにをもっていいかによりますが、例えばBinance扱っている銘柄が50を超えています。
規模は海外取引所で世界最大級です。
日本語対応もしている上、メールアドレスの登録ひとつで始められてしまうところが衝撃でした。
ハンサム
メアドだけ!? 金融機関ですよね??

はい、ただ注意なのは、どこか日本の取引所で円をビットコインなどに変えておかないといけません。
Binanceに日本円を入金するわけにいかないので。


ハンサム
そうか、海外ですもんね
もうその時点で世界のお金としての仮想通貨ワールドが始まっているんだなあ

そういうことになります。
 
 

詐欺にとにかく注意しよう!

ハンサム
他に気をつけることはありますか?

なんといっても、詐欺的な人たちに気をつけましょう。
この記事でも警告していますが、
「僕はこのコインを買うぞ!」
「このコインが上がるぞ!」
と騒ぐことで、その通貨を人気の高い通貨にしてしまう、という人たちがいます。
一般のブロガーであっても結構いるんですね。
ハンサム
そうか…
本当はいいと思っていなくても、いいといってしまえば値段が上がるんですね

そうです。
いくら投資は自己責任とはいえ、悪質なケースもすでに見受けられます。


ハンサム
引っかからないためには、どうすべきでしょう?

そうですね、なにより、たくさんの情報を仕入れて、しっかり自分で吟味することです。
例えわたしが言っていることでも、本当がどうか検証する目が必要となるんです。
ハンサム
そうですよね。
自分で学ぶ力が、お金の量を決めてしまうってことかもしれませんね

 
 
いかがでしたか、ハンサム?
ハンサム
いやあ、すごく分かりやすかったです!
まず1000円買ってみて、値動きを体感して、なにが起きたのかを学ぶ。
このサイクルがいちばんいいかもしれませんね

そうですね。
ブロックチェーンやスマートコントラクトなど、まだまだ仮想通貨について解説すべきことはあるのですが、今回はここまで。

とにかく、自分でもしっかり学ぶことです。
足がかりとなる情報は、こちらでも紹介していきますよ。

では、またね。

もっと仮想通貨についての記事を読みたいひとはこちら↓


女性英語講師がBinance全銘柄を買って特徴一覧にする!まとめ
 


 
こっこ
海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月12000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円で自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。
詳しいプロフィールはこちら
 
記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は、なんらかのアクティブなSNSアカウントを文頭にご記入の上、問い合わせフォームからご連絡ください。アシスタントがご対応します。
SNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。


 - 仮想通貨