【TOEIC長文に英語記事を読もう!仮想通貨英語】マングループが仮想通貨について言及【TOEIC600レベル】

   

TOEIC独学830女子、英語のプロ講師歴11年目、こっこです!

きょうは
・「マングループが仮想通貨について言及」についてのTOEIC600レベルくらいの記事を
・英語で読み
・用語と文法の解説をしていきます!

仮想通貨参入を機に、英語も一緒に手に入れちゃいましょう!
他の仮想通貨英語の記事はこちらから全て読めます!
 



 
 

まずは英語を読んで意味を考えてみよう!

もっと初歩の初歩から解説を聞きたい方はこちら!

Historic British hedge fund Man Group says that it will likely add bitcoin to its “investment universe” once U.S. exchange CME launches bitcoin futures contracts next month.
引用元 $100 Billion Hedge Fund Man Group Plans to Add Bitcoin to ‘Investment Universe’

 

英語の仮想通貨用語と文法解説をまじえながら読んでみよう

hedge fundは、ヘッジファンド、likelyは〜なようだ、addは付け加える、exchangeは取引所、futures contractsは先物取引です。

Historic British hedge fund Man Group says that
歴史あるイギリスのヘッジファンド、マングループは〜と言っている、とありますね。
なんと言っているのか?

it will likely add bitcoin to its “investment universe”
このitはマングループのことです。
マングループはインベストメントユニバースをビットコインに投じるだろう。

once U.S. exchange CME launches bitcoin futures contracts next month.
ひとたびアメリカの取引所であるCMEがビットコインの先物取引を来月可能にしたら。
onceにはこんな使い方もあるわけですね。

まとめるとこうなります。
「歴史あるイギリスのヘッジファンド、マングループは、ひとたびアメリカの取引所であるCMEがビットコインの先物取引を来月可能にしたら、マングループはインベストメントユニバースをビットコインに投じるだろうと言っています」
 

日本語ではこんなニュースになっています

先物取引についてのニュースは出ているようです。

アメリカのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)グループのCEOであるテレンス・A・ダフィー氏が、同グループが取り扱い予定であるビットコイン先物は早ければ12月にも取引開始となると発言した。
CMEのビットコイン先物、早ければ12月より取引可能に【フィスコ・ビットコインニュース】 | マネーボイス

 

どうしてそうなったのか? このニュースに関してもっと詳しく!

【仮想通貨英語#07】応用編 TOEIC600レベル マングループ、仮想通貨について言及
こちらから、
・もうすこし長い文を読みたい人
TOEICで高得点をとりたい人
・仮想通貨に詳しくなりたい人
向けの記事
をお読みいただけます!
今回の課題文はTOEIC600レベルです。

“There is a big difference between a digital currency and a traditional currency…Traditional ones are supported by governments who have armies and tax men that can make people follow their rules, and digital ones don‘t,” he continued. “But that doesn’t invalidate digital currencies at all.”

 
 

億を手にする単語集! 仮想通貨英語だけの英単語帳を作ります!

やはり仮想通貨は情報を制したものがち。
情報を制すには英語の、特に単語への理解は必須です。

わたしのブログでは、何記事か解説記事を書いたあとごとに、そこで出てきた仮想通貨用語を厳選した単語帳を作る予定です!
きになる方は、ブックマーク、Twitterフォロー、もしくはLINE@にご登録いただけますと、すぐにご覧いただけます。

また、英語ランドという英文法や学習法解説動画の見放題サービスも提供しています!
 
 

次はどんなニュースが飛び出すのでしょうか!
楽しみですね。

では、また!
 
 
本記事は英文法解説を主な目的としており、筆者は投資や経済のプロでは無いことをご理解の上、自己責任のもと、ご活用ください。
また、最新情報は然るべきサイトで手に入れてください。

 
こっこ

海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%

月12000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円で自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。
詳しいプロフィールはこちら

 - 英語で読む仮想通貨