まるでオーダー!ウォーキング好きのアラサー女が、4000円で思い通りの靴を手に入れた話

   

こんにちは、TOEIC独学830女子、お散歩モンスター、こっこです。

きょうは
・1日8000〜15,000歩あるくわたしが
安くとっても簡単に
・可愛い靴をカスタマイズして
自分だけのウォーキングシューズ試作1号を作った話
します!
もちろんウォーキング以外の普通の用途にも使える、思い通りの靴を手に入れるやり方です。

結論から言うとこちらが試作品1号!

この見た目で内側がしっかりしたウォーキングシューズが、4,000円で手に入ったのです。
 

いい加減ウォーキングシューズを用意しないと…

わたしは相当あるきます。

べつにハイキングとか、わざわざウェアを着てまでするウォーキングではなく、街中を歩くのです。
それもあってか、今の今まで、本当にふつうのサンダルやパンプスで歩いていました。

手前 zoxy パンプス
手前 zoxy ビーチサンダル

そうです、ビーチサンダルで歩いていたことすらあるのです。(めっちゃ楽です)
これで20,000歩とかあるくので、スポーツに詳しい方にはドン引きされます。
こんな格好でした。

とはいえ、20,000歩はさすがに翌日、膝がすこし痛かったりするのです。
今までの放置を思うと今更感ありますが、ちょっとそれ専用の靴を探してみたくなりました。

しかし…




 
 

いい靴がない!!

スニーカーは大嫌い

ウォーキングシューズといえばまず思い浮かべるのが、スニーカー的形状だと思いますが、わたしはあれが大嫌い。
わたしのスタイルやファッションにあまりに合わないので、生理的に嫌なのです。
なので却下。
 

オーダーシューズは高い!

だからといって靴のオーダーは大変な額になります。
10万はくだらない世界だそうです。

レディースで1万円で作れるところもあります。
が、10万はするものをその価格で作るのか…と思うと、その1万で既製品を買ってしまいたい気持ちにもなります。
 

オーダーでも合わなかった報告も

オーダーで買ったにも関わらず、すこし歩いたら全然合わなかった、という話もネット上にあふれています。

一説によると
なにか問題があるからオーダーする
→問題のある足に合わせる
→足の自己治癒で治ろうとする
→合わない!
なんてこともあるそうです。

んんんん、めんどくせぇ!!
つまり、どうやったって靴の試行錯誤は待っているのです。
ならば、安く、短期間で履き潰すつもりで、可愛い靴が手に入らないものか?

そう考えた結果。
作ることにしました!!
オーダーではありません、自分でです。素人って怖い!!

※この方法は健康第一、運動効率第一にする人には向かない可能性もあります。
真似するときは自己責任です。




 
 

こっこ流 自作シューズ!

STEP1 靴を見つける

今回購入した靴はこちらの黒。

前から目をつけていたのです、チャイナシューズ!
艶やかな刺繍と、儚くちんまりとしたフォルム。
とってもかわいいですよね。

ポイントは
・安くて、いかにもインソールにこだわりはなさそうな靴であること
・返品してサイズ変更が可能であること
・ストラップがあること

です。

今回は、次に紹介するインソールが分厚そうなので、1センチ大きいサイズを、2000円弱で買いました。
 

STEP2 インソールを選ぶ

スポーツ用高級インソールを探します。
高級といっても2000円ほど。

調べたところ、このソフソール エアープラスが
・手頃で
・多目的な使用に適し
・つま先を切って大きさ調整ができる

などがわかりました。

また、素足で履きたいので、通気性にこだわったインソールであることも大切でした。


 

STEP3 靴にインソールを装着!

インソールが届きました!
こんな感じです。

① これをまず、靴に押し込んでどのくらい先が余るかを確認します。
② 先を切りますが、切りすぎないように少しずつにします。

③ 何度か入れて、切ってを繰り返しこの大きさに落ち着きました。

④ かかとをしっかり靴のかかとに合わせて、ぎゅっと押し込み。。。

⑤ 完成です!!

想像以上に完成度が高いです。
足にぴったり!

 
 

各商品への口コミ

ソフソール エアープラス レディースの口コミ

とても柔らかく、でも支える力のあるインソールだと思います。
ウォーキング用としても、クッション性に優れていて一歩一歩衝撃が和らいでいます。
素足で履いていますが、その通気性からなのか匂いがほとんどありませんでした。
かかとに付いているロゴはあっという間に剥がれます。笑
 

Amazonでのチャイナシューズの選び方

まず、口コミがしっかりある商品を選んでください。
わたしの今回の靴は履きやすいとの口コミがあったので買いました。

この靴に限って言えば、小さめの作りであることも覚えておいてください。
このカスタマイズをするなら、1センチおおきなものを選び、甲のストラップでしっかり止めるかんじです。
 
 

感想、使用感 こんな簡単にオーダー並みの靴になるとは!!

いや、こんなに簡単に思い通りのものができると思いませんでしたね!
・柔らかい素材の靴を使ったこと、
・インソールのサイズ調整を丁寧にやったことが
勝因
のような気がします。

4,000円とは思えない、自分好みの履き心地で大満足です。
さすがにスポーツするなら、ちゃんとしたシューズを買うべきですが、街中を歩くだけと考えるとこれで十分かと思います。
靴本体よりインソールの通気性やクッションにコストをかけたいという思いが具現化して、とても嬉しいです。
 

靴選びって納得の問題では

考えてみれば、靴なんていつかは履いていて疲れてしまうのですから、最後は納得できているかどうかのような気もします。
あまりに高いと、その納得が遠のいてしまうんですよね。
自分で作った組み合わせの靴なら、ここを改善しようとか、いろいろ考えることもできますよね。

きになるかたは、自分でも作ってみてね。
では、またね。
 
 
こっこ

海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月12000名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円で自分が行動しないと何も起きないオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。
詳しいプロフィールはこちら
 
記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は、なんらかのアクティブなSNSアカウントを文頭にご記入の上、問い合わせフォームからご連絡ください。アシスタントがご対応します。
SNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。

 - 維持!体内年齢10代