【空き時間に働いて費用を相殺】お金がない? 0円で英語留学する時代、もうやるかやらないかだ

   

TOEIC独学830女子、もし1から英語の留学をするなら絶対フィリピン、こっこです。

今日は、ついに0円で留学できるサービスがこの世にできたことをお話します。
それがこちら。

TOEIC対策、就職・転職、ビジネスに有利!【無料セミナー開催中】
4倍速で英語が身に付く<格安>マンツーマン留学

留学と言うと、親がもともとお金持ちだったり、海外に対して造詣が深かったり、そうした生まれながらの環境もかなり関係があって、庶民には無理というイメージを抱いている人もいるでしょう。実際調べると、
語学留学費用 | 留学費用を安くするヒント | 日本ワーキング・ホリデー協会
これはこちらのサイトのスクリーンショットです。当然留学の種類によって価格は全く変わってくるでしょうが、1年間の学費に300万円近くかかることがわかります。

しかし、0円でできてしまうと言うサービスがあります。もう、勇気を出してやるかやらないかまで来ています。

簡単に言えば、留学をしながらその留学を斡旋している会社で働くことで、留学費用が0円になるのです。社会経験として日本で話せるものにもなるかもしれません。詳しくは後述します。

行き先はフィリピンのセブ島です。
セブ島 – Wikipedia
セブ島で画像検索するとすごいですね笑


私はすでに独学でTOEIC830まで達してしまっているので、今1から留学したいとはさすがに思いませんが、もし私がお金があまりなくても、必ず留学して、英語を1からやり直し本気で能力を身につけたいと思っていたら、絶対にセブ島を選びます。次がシンガポールでしょうか。
理由はなんなのでしょうか?

こちらもどうぞ
海外経験ゼロでTOEIC独学830! 英語学習法まとめ
 
 

私だったらセブ島を絶対選ぶ理由

価格が安い

まず低価格であること、この0円留学でなくてもクリックや資料請求してみていただければわかるのですが、セブ島留学は他の国への留学と比べて圧倒的に価格が安いです。その秘密は、フィリピンの人件費の安さにあるそうです。フィリピン人は小学生のころから英語の教育を受けていて、高水準であるにもかかわらず人件費がとても安く、世界中に人材が飛んでいって広くいろいろな社会で活躍しています。そういう点で有名な国ですので、フィリピンに英語を学びにやってくる人は日本人のみならず後を絶たないとフィリピン人の友人から直接聞きました。
 

環境もいいし時差が少ない

さらに気温も暖かく、マンゴーもとても美味しく、海が近い。それがセブ島です。海外にいるような感じを味わいながらも、寮のようなところで勉強に集中が出来るというコンセプトがセブ島留学には多いのです。
時差もフィリピンは1時間と少なく、日本にいる家族とも連絡が取りやすいです。また移動時間も当然短いですよね。
エクスペディアによると、32,000円程度で5時間の直行便がありますね。交通費はパッケージに含まれている場合もありますし、日時や航空会社によってチケット価格は変わりますのでご注意ください。

例えばイギリスのロンドンに行こうとすると直行便だと、12時間半も乗ってこんなに掛かります。

直行便を避けてコストダウンしたとしても20時間かけないとたどり着けないんですよ。ヨーロッパって確かにおしゃれだし素敵なんですけどこうした現実もあります。

0円留学は先ほども書いたように働きながら勉強するシステムです。
先程のサイトの中のスクリーンショットになります。

従来では12万から20万ほど留学費用がかかっていたものが0円留学では負担が、その名の通りゼロです。1日6時間この会社のサポート(OJT)をすることで留学本体にかかる料金を相殺しようということです。あなたの時給が非常に高ければこの6時間をサポートに使うのはもったいないでしょう。しかしそうでなければ考えてもいいと思います。
 

世界トップクラスの幸せな国民と言われている

フィリピン人の友人達から聞いた話ですがフィリピンの国民は世界でもトップクラスの幸せな国民だと言われているそうです。ホントかなぁと思って調べたら、本当のようです。
最新版「世界幸福度ランキング2017」の結果発表! ダントツの1位に輝いたのは? | 永崎裕麻
ポジティブ度が世界トップクラス|Cal Japan Premium inc.

いい国かどうかという事は主観的なものですし、行ってみないとわかりませんが、自殺率が日本より低いと言うことだけは間違いないでしょう。
日本の自殺率は世界でワースト6位、特に女性はワースト3位(1/2ページ) – 産経ニュース
 
 

時間の有効活用になる

考えてみればセブ島に行っているあいだ、勉強以外の時間は有効に使うこともあまりできません。消費になってしまって、生産性の高いことにはなかなか使えない思いませんか? どこかに遊びに行けばそれだけお金がかかりますし、何かを食べればどんなに物価が安くてもお金はかかります。そう考えれば、その勉強以外の時間を社会経験を積む時間にまわしていった方が確かに効率がいいですよね。いわゆる遊び半分ではないなら働いて稼いだほうがいいですよね。

卒業してからも就職や転職に関するサポートもあるそうで、それがどの程度であれ、0円で留学して英語が身につくという趣旨は素晴らしいものであると思います。Web制作に関わる業務や電話対応などの仕事しながら本格的な英会話の力を身につけていく、それは非常に合理的ですよね。しかもそれは一応海外での実務経験という言い方もできてしまいます。

保険に関してもこのような留学用のものがあるようですね。



 
 

私がフィリピンに留学をするとしたら気をつけること

文法や基礎的な単語を覚えていったほうがいい

留学したエピソードとしてよく聞くのが、結局英語で授業を受けても何もわからず、日本から持ってきた文法書で勉強することに時間を使ってしまったと言うものです。もったいなさすぎますよね。
私なら日本語で文法と、基礎的な単語を事前に学習していきます。単語の表面暗記なんてどの国でどのタイミングで覚えたって一緒です。フィリピンでは日本語で質問ができないのでちゃんと文法書も持っていきましょう。その上で、実践的な会話や使い方などについて学んでいく方が効率がいいと思います。事前学習は欠かさないほうがいいです。
 

フィリピン訛りがあると思う

フィリピン人の英語は当然ながらフィリピン訛りが入っているといます。しかし正直、初めて英語をやったりゼロから英語をやり直したいという人にとっては、文法理解をすることが先ですので、訛りがどうとかそういうことはかなり話せるようになってからでも大丈夫です。
最初からアメリカ英語やイギリス英語にこだわりすぎて、留学費用がとんでもなくかさむというのはあまり頂けないでしょう。最初のうちは、わたしだって初心者だったらどんな英語で話されたってどうせ聞き取れませんし。そうではなく、話す意欲や話す習慣を養う方が先だと思います。どんなにきれいな発音だったとしても話しだす習慣がなければ意味がないんですよ。
 
 

もはや、英語の学習環境は特別な人のものではない

英語の学習環境はここまで整ってきています。本屋さんに行けば、最も教材が充実している資格と言えば英語だなということがよくわかりますよね。
価格も低価格になって大きさも小さいものから見やすくて大きいものまでたくさんあるんですよ。しかも文法はどんな本であったって行き着く内容は一律です。もうやるかやらないかというところまできています。
 
 

資料請求をするかしないかで全てが決まる

何も今全てを決断する必要はありませんが、とりあえずどんなものか見てみようと資料請求まで至るかどうかで、その後のことがだいたい決まると思います。なぜなら、ここで資料請求しなければ、ほとんどの場合留学なんてしないからです。簡単な申し込みもできない人間が留学なんてできるわけないんですよ。
興味があるのであればそのドアをとりあえずノックできる行動力は、今後の社会で生きていく上で大切になってきます。
実際に行動に出てみて、それで合わないなと思ったらやめればいいのです。
 
 

行動する前に迷うと脳が錯覚するらしいよ

臨床心理士の先生から伺った事なのですが、行動する前から「こうなったらどうしよう、ああなったらどうしよう」と考えてしまうと、脳みそが「行動して悪い結果になった」という状況を疑似体験してしまうらしいんですよ。
もう頭の中では悪い結果を得たことになっていて、実際の肉体は動くことができないという状況が本当にあるそうです。それは恐ろしいことですよね。
頭ではあれやこれは本当にたくさん考えたのに、実際他人の目に触れる自分は1ミリも考えていないし動いていないように見える。

そうならないように、後悔しないように、留学に憧れている人はセブ島留学も視野に入れてみてください。
 
 

他の国の選択肢も考えた上で

他にも留学の会社はあります。私だったら、資料請求をしてみて、すべての会社を並べ、その上でセブ島留学をしたいと思うがそのものを判断します。そこから会社の選定をし、説明会に行くんなどの段階を踏んでいきます。
1週間39,999円~OK!セブ島ガチ留学

オーストラリア

アイエス留学ネットワーク
オーストラリア留学を現地から支援。無料で留学相談や入学手続を代行。
 

カナダ

こちらはカナダ留学に関する老舗のようです。
手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】

まずはちゃんと資料読まないと何もわからないですよね。留学経験者の話も、今留学して帰ってきたホヤホヤでは無いのなら、時間が経っています。今は1週間あれば世界って変わってしまうので、あまり古い情報はアテにならないと思います。ですから最終的には自己判断になりますよね。

では、またね。

この記事の下書きは100%音声入力で作成されています。
下書きの文字数 1,956文字、かかった時間 10分前後
 
 
こっこのプロフィール


海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったよ、と外国人によくいわれる。
29歳にして、体内年齢18-19歳。心はアラサー、体はJKである。恋愛観が峰不二子で、彼氏複数。ストレスは人生の3%程度しかない。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
ネット上の悪口や中傷には、あらゆる手をつかって戦うから覚悟してほしい。
詳しくはこちら。

記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は問い合わせフォームからご連絡ください。
お名前となんらかのSNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。
ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。

 - コンビニ気分で海外へ, 主観のコラム, 投資・お金, 日本人と英語, 聴覚障害でも英語, 英語