【つらい不眠解消法】うつの不眠から、睡眠効率96%までに回復したわたしの方法(Sleep Meisterで計測)

      2017/06/15

TOEIC独学830女子、睡眠効率96%、こっこです。

今日は、10数年間不眠に悩んでトラウマを抱えていたわたしが、睡眠効率96%の良質な睡眠を手に入れるまで何をしてきたかという話をします。
この睡眠効率というのはアプリで判定された数値なのですが、そんなに簡単に96%に到達しない模様です。


布団に入ってから13分で眠りにつき、かなり深い睡眠を経て、一度も起きることがなく、規則的なリズムを刻んでいますね。さらに、アラームが鳴ってから1分も経たず起きています。これらが睡眠の効率が高いと判断される所以でしょう。
良い睡眠を追求することは良い生活を送ることを追求することになってくると思います。

自分としても普段からストレスが全くないと感じますし、あるとしても生理的なものがほとんどで、それ以外も即刻対処します。仕事や人間関係などの社会的ストレスはほとんど持ち越しません。当然それには睡眠が影響してるこというまでもないですよね。
【ストレスは1日の3%】ストレスを溜めない人になるためにした具体的なこと
実はわたしは10数年間の間、不眠に悩まされていました。どのくらいかというときちんと午後11時くらいには横になっているのに午前5時6時まで眠れないというぐらいの不眠でした。
その状況からどうやってここまで持ってこれたのでしょうか?

私に医療の知識は全くありませんから、素人がこんなことやってみたら良くなったというだけの内容だということを前提にお読みください。

こちらもどうぞ
【うつがつらい、助けて】きょう18年の抑うつから完全回復した。恋愛、仕事はどうなった?
【美人・綺麗になるには】ブスだったわたしが綺麗になってモテるまでに有効だった方法ランキング
 
 

朝の新聞配達が来ても寝付けない恐怖

私が眠れなくなったのはなんと10歳からです。すごくショックなことがあって眠れなくなり、そうすると朝起きれなくなり、でも学校に行かなければならず、そのプレッシャーでますます寝れない。高校生の頃がピークで朝の4時とか5時とか、新聞屋さんがくる音がして絶望する毎日でした。
学校は楽しくないし、いじめられるし、眠れていないから頭がちゃんと回らないし、本当に地獄だったんですよ。
そのサイクルを少なからず不眠が作っていたと言っても過言ではありません。思い出したくないほどのトラウマです。
しかし逆を言えば、睡眠が人にもたらす影響というのは他の要因があってもなくても、かなり大きいということはいえるでしょう。
 
 

良質な睡眠の為に具体的にとった行動

起きなくていい仕事を選んだ

不眠を脱した一番の大きなファクターは、無理に起きなくてもいい仕事選んだことです。やはり早起きも、通学の電車も、通勤電車も、私にはどうしても無理でした。お腹が痛くて冷や汗が出るほどになるので、ダメでした。
そこから考えると、やれそうなのは夕方からしか働くチャンスがない塾講師あるいは家庭教師くらいしかなかったんですよ。スキルがないうちから一人で働けるわけがないので塾講師のアルバイトにエントリーしてみたのです。(いまならオンライン講師などもありますね)

そういう自分の弱い部分を他の強い部分で補っていく、弱い部分を上回っていく、そういう発想にならなければ、つまりひた隠しにしたり我慢する発想ではいつか破綻します。
 

心配ごとをなくす

やはり人間気になることがあるとなかなか寝付けないと言われていますね。本当にそうだと思います。
私がしっかりと眠れるようになってきたのは、努力をして、うつの最中TOEICで790を取ったくらいからです。つまり、自分に自信がないという問題を解決したからです。起きている間の問題を何かしら解決して安心材料を手に入れないと、そう簡単に深く眠れないと私は思います。
ですから、寝る時に何か使うとか使わないとかそういうことは小手先のテクニックであって、根本的に悩みを取り除けばそりゃ眠れるんですよ。そこまでは素直に薬に頼って、リズムを作りました。専門家であるカウンセラーなどに相談した以上は、指示にしたがいました。

わたしはその悩みの解決から逃げていたのを、向き合ったんですよね。
悩みがすごくたくさんあって睡眠グッズでなんとか寝るより、悩みがそもそもなくて、どこでも眠れるほうがいいですよね。お金もかからないですし。
 

たくさん歩いている

私は1日平均1万2000歩歩くことで高い代謝を維持し体内年齢は18歳です。実年齢は29歳です。その副産物として適度な疲れがあります。これは眠りにつくのに最適です。
【心はアラサー、からだはJK】老化劣化知らずのわたしが美容と健康のためしていること

私は激しい運動やつらい筋トレなどは大嫌いです。ですが歩くという行為なら景色が巡ってきますし自分が気になるものたくさん見ることができます。
それがまた一つのストレス解消であり、歩くという行為は適度に疲れる上にストレスも解消されるという、わたしにとって素晴らしい運動です。
 
 

眠れるようになった今、睡眠効率は96%!

自分の睡眠の質を探るために、アプリを導入してみました。

Sleep Meister - 睡眠サイクルアラーム Lite

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Lite
開発元:Naoya Araki
無料
posted with アプリーチ

このアプリは寝ている間に、横においておくことで、ありとあらゆる睡眠のデータを取ってくれます。どのぐらいで眠りについたか、どのぐらい本当に寝たか、そして、中途覚醒はどのぐらいなのか、といったような詳しい情報が手に入ります。これを1週間も続ければ傾向が見えてくると思います。

また、詳しく記録をつけると、傾向として私は結構ブルーライトを浴びない時間も作っていますが、記事を書くときに集中して長い時間取り組んでいるので、それが睡眠の質を落としている可能性はあります。また、肩こりなどもこれが原因だと思って間違いないでしょう。
それを時間を短くしなければいけないのか、細切れにすればなんとかなるのか。間に何かやればいいのか、そのあたりは実験を重ねていかないとわかりません。正直、自分の体は一つしかないので検索して調べてもそれが当てはまるかどうかは永久にわからないです。
正直、この辺の記録くらいは自分でつけないと、誰も他人の不眠の解消なんかしてくれないと思いますね。サービスに対価を払えば別でしょうが。
 

ブルーライトについて

ブルーライトカットメガネというものがありますよね。私はなんとなくアレは気休め程度だろと勝手に判断していました。反省してます。


今日JINSとZoffに行ってきて、双方のブルーライトカットメガネを見てきました。
JINSで詳しい説明を受けましたが、ブルーライトというものは自然光の中にも含まれていて、要は昼の間に浴びることで覚醒するという作用があるのではないかと言われている光だそうです。それを夜寝る前や長時間労働で浴び続けていると睡眠のサイクルがおかしくなってくるのだそうです。ですからメガネで昼間は軽いカット、夜はしっかりしたカットで、理想的なのはそういう使い分けをして睡眠サイクルを正しくしていくことだそうです。
そうなってくるとブルーライトのカット率というものは大切になってきますね。スマートフォン側にもNight Shiftというのがついていて、画面全体が黄色っぽくなります。自分のスマートフォンについていないかどうか確認してください。

そして画面の輝度も落とせるところまで、どんどん落としていきたいと考えています。
やはりまぶしいとそのチラツキが睡眠のサイクルに働きかけている可能性はありそこを優しくしていくことで、そもそもの眼の刺激を軽減することができるのではないでしょうか。そうすれば、頭痛などの予防にもつながります。
 
 
私は早起きをしなければいけないストレスから解放されたことで、徐々にではありますが睡眠に対する恐れが少なくなってきました。


しかし、このアプリの初回計測結果を見ていただくとわかるのですが、計測されているというだけの緊張で私は1時間ほど眠れていません。そのくらいトラウマが深いです。わたしのことを、元から頭がよく、肌も綺麗で、悩みも軽微なイージーモードだと思いたい人っているんですけど、全くそうではないです。
しかし、同時に睡眠を軽んじることも本当に嫌いです。自分が眠れなくて劣悪な気分だったからこそ、眠りをいつかは大切にしたいと思ってました。
それができる喜びをかみしめながら実験を重ねていきたいと思います。

では、またね。
 
 
こっこのプロフィール


海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったよ、と外国人によくいわれる。
29歳にして、体内年齢18-19歳。心はアラサー、体はJKである。恋愛観が峰不二子で、彼氏複数。ストレスは人生の3%程度しかない。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
ネット上の悪口や中傷には、あらゆる手をつかって戦うから覚悟してほしい。
詳しくはこちら。

記述になにか明らかな間違いを発見なさった場合は問い合わせフォームからご連絡ください。
お名前となんらかのSNSアカウントの御記載のないもの、twitterのリプライなどでは受け付けません。
ご意見やアドバイスは、こちらから必要な時に然るべき方に求めていきますので結構です。

 - ガジェット, 恋愛・考え方, 断捨離・ミニマリスト