【たった2ヶ月、1日5分〜の勉強】英語は無理だと誰が言った?聴覚障害者がゼロから英検4級を取ったよ

      2017/11/11

TOEIC独学830女子、聴覚障害者対応型の英語講師、こっこです。

きょうは、聴覚障害の生徒さん・ペコさんがわたしの指導を受けて、教材に3000円程度しかかけずに英検4級の合格が確定したはなしをします。
ゼロから始めてたった2ヶ月です。3月末に「やる」と決めたばかり。
1日5分とれるのがやっとの日もありました。全然時間はない方だったと思います。
それでも、中学生が2年かけてとる4級をとってしまいました。

耳が聞こえないのに? 生まれながらに音が聞こえないのに? そう思いますか?
ペコさんもそう思っていました。けれど今は、英検という社会に認められる大きな目標を達成して、自信をもっています。
学習の努力はペコさんのパワーによるものが大きいですよね。

わたしのしたことは大きく分けて5つ
1 ペコさんだけの学習プランを作って管理する
2 励ましたり一緒に考えたりして、モチベーションを維持し、楽しめるようコーチング
3 ペコさんにぴったりの教材の打診
4 わかりやすい文法解説
5 LINEでいつでも英作文添削

わたしは文法解説よりも、コーチングを大切にしました。つまり心理的なサポートです。後述しますが、これだけいろいろな教材とサービスがあってもできない人が多いのは、心理的なサポートの欠如からなんですね。疲れていたり、ダメな自分を見せて、講師に安心して相談できない。
また英作文添削もかなり大きかったでしょう。

さあ、わたしは具体的にどのように指導したのでしょうか?

こちらもどうぞ
海外経験ゼロでTOEIC独学830! 英語学習法まとめ
【聴覚障害でも英語やれる!001】ノート公開!実際の対面指導を始めたよ!
【聴覚障害でも英語やれる!002】聴覚障害ってむしろ英語学習に向いてるのでは
 
 

「耳が聞こえないと英語ができない」わけないだろ!


聞こえないことがそんなに英語に不利なら、聞こえている人間はサクサクできなきゃおかしいんですよ。
聞こえていないと言語がわからないなら、日本語だって話せないはずですよ。でも理解できるのだから、なにも音だけが言語の全てでないことはわかりますよね。

わたしは確信を持ってペコさんに伝えていました。
「文法を理解して、作文をするところまでは絶対いける。筆談でいいなら、相当話せる。口を読む読まないはそのあとに考えたらいい」
そういうわたしを信じて、ペコさんは学習をスタートしました。
そして、わたしの予言がどんどん本当になっています。
 
 

学習の大きな流れ

では、2ヶ月の学習の内容をふりかえりましょう。
ペコさんは学生時代の英語の教育環境もあまりあっていなかったのか、ゼロから確認していくことになりました。

教材の打診

ペコさんにぴったりの教材として、テキストと単語集を薦めました。

当然ですが、この「合っている教材」は人それぞれ全員違います。いくらやっても全然身につかない、それは教材が合っていないから、ということ、あるあるなんですよ。恐ろしいことです。
まあ、このテキストのほうはわりと鉄板ですが、わたしが直接生徒さんと話して選ぶ方がいいでしょう。その精度は昔から定評があり、教材調達で「あわないから買い直し」になったことが一度もないんですよ。一応、わたしのレッスンのサポート内容に入っているんですけどね。

・あなたに最適な教材すべて無料調達・教材費無料
・納得いく教材が手に入るまで再調達

(ペコさんはモニターでしたので授業料なし、教材費だけ負担をお願いしました)

サポート一覧はこちら
定員あと2名 【大人のやり直し英語講座】TOEIC830を独学でとった講師の、無理しないで結果を出す講座
 

1日5分しかとれない!をやりくりします

ペコさんが心配していたことの1つに、社会人で忙しいし疲れている日もあるから、そんなに時間がとれない。それでは、身につかないのでは? ということでした。
そこをなんとかするのがわたしの腕の見せ所。何時間もやらせないと指導がなりたたない講師なんて二流です。

まず、ペコさんには初回にプレゼントとしてかわいいシールを大量にあげました。

こっこ「1日5分だけでも勉強した日は、これをカレンダーに貼ること」
ペコ「え! 5分でいいんですか!?」

1番怖いのは時間がないことではないんですよ。時間がないことをできない理由にしてしまうこと。逃げの元なんですね。
さらに、英語学習には停滞がつきものです。それは単に日本では英語を試す機会もすくないし「できた感」をつかみずらいんですよ。そんなとき、脈々と張っていたこのシールをみれば「できた感」がなくても「やった事実」はそこに確かにあります。
 

2週間に1-2回の対面授業

今回はそこまで厳格にはっきりと決めず、わからないところが溜まったらわたしに会って聞くという方法をとりました。もちろん、厳密にしたい生徒さんにはそのように対応します。
わたしの文法解説は、彼女が今まで聞いたどれよりもわかりやすいのだそうで
「高校のときに習いたかったーーー!!!」と連呼していました。笑

結局、彼女から「聞こえないからこその質問」など1つも出ず、健聴者とおなじつまづきしかしていませんでした。
わたしの睨んだ通り、聞こえない、かつ英語だから発生している特殊な問題はほとんどないのです。聞こえなくて、英語で困ることは、日本語の時点で困ってるんですよ。だから、英語だからって新しく困ることはなにもない。
だいたい1-2時間の授業で、毎回、質問を全部すっきりするまで解説しておしまいにしていました。
 

英作文添削はいつでも、どこでも

ペコさんとはLINEでつながり、いつでもわからないところや、英作文添削を受け付けていました。
短い英作文を送ってもらい、その添削をしながら、なぜこうなるのか、他にどんな言い方ができるのかなどをわかるまで説明していきます。
質問受け付け、英作文添削はわたしのサポートのひとつの目玉です。

・直通LINEメッセージでいつでも無制限に質問、24時間以内に返答

 
【英語】完全オーダーメイド講座 無理のないスタイルなのに、1ヶ月で変わる具体例
こちらの記事にもありますが、1ヶ月で彼女の英作文はおおきくかわりました。

たとえばこんな感じ。

当初は「今日は仕事でした」みたいな短文だったのが、
先日は「きょう神奈川にサーフィンに行った。波に乗ることはできたんだけど、残念ながらボードの上には立てなかった」なんていう立派な長文になっています。

こうした、個人の趣味に根ざした内容などが必ず教科書にあるとは限らないし、あっても言いたいことと少し違ったら答え合わせができませんね。ですから、英作文添削はどうしてもわたしのような日本語も英語も理解できて、解説もわかりやすい講師がいないと意味がなくなってきます。
しかしライティングは、スピーキングにつながる大事な技能です。文字として書けないものをペラペラ話せるわけがない、逆に言えば、書けるものはだいたい言えるはずなんですよ。

たしかに世の中には、英文添削サービスというものはありますね。
Z会でビジネス英語に強くなる | コース・講座紹介 | Z会 | Z会キャリアアップコースの紹介
こちらでは全10回しか添削を頼めず、28800円かかりますね。
別のコースでは返信に1週間から10日かかるとか。

166円からの英文添削・英語添削・英語日記添削 [アイディー]
こうしたポイント制のサービスもありますが、語数によって値段が変わります。
たとえば
「Hi, I`m Cocco, nice to meet you. I`m an English teacher in Japan, age 29, Japanese female.」
こっこです、はじめまして。日本の英語講師です、年は29歳で、日本人女性です。
これをポイント制で試算すると19語で、添削後の質問はたった3回で価格は668円だそうです。
これを毎日作ったら、月20040円です。添削は、わたしとおなじ24時間以内でかえってくるとのこと。

結局ここに文法解説のなんらかのサービスや、英会話をいれると結構するとは思います。その試算も後でしましょう。
 

モチベーションが落ちたら即連絡できる

ペコさんにも小波ながら停滞はありました。モチベーションが落ちたり、自信が持てなくなったり、全然時間がとれなかったり。
そんなときは、わたしにLINEを飛ばせばいいのです。

ペコ「なんか最近、言いたいことを思うように英語で書けなくて。。。」
こっこ「うん」
ペ「スッといい表現がでてこないんです」
こ「どうしてそう感じるんだと思う?」
ペ「え? うーん」
こ「それは、ある程度ペコができるようになった証拠なんだよ? だって前は、書けてるか、書けてないかもわかんない状態だったじゃん」
ペ「そうかも」
こ「でも今は『言いたいことと、今書いてるものがなんか違うぞ?』 と、思えるんでしょ? それって、前より英語がわかるってことなんだよ」
ペ「た、たしかに!!!」

こんなことを何度繰り返してもいいのです。不安になればなっただけ、何度でも解消します。

当たり前ですが、どの生徒さんもわたしとあっている時間より、それ以外の時間の方が長いですよね。「それ以外」の部分にこそこだわらないと、授業中だけなんとなくわかる生徒ができてしまいます。英語上達の秘訣はそこにあって、だからわたしはLINEで添削だけでなく、心理的なサポートをします。そっちの方がメインと考えているくらいです。

ほとんどの英会話教室は、そこに行かないとネイティブや日本人講師に会えません。それも規定の時間が過ぎれば終了。当たり前ですね? しかし、疑問というのはあとになっても出てくるのが普通なんですよ。
モチベーションがなんとなく低下するのも普通。でも多くの教室は、無制限で相談などできるわけがないんですね。

わたしは生徒数を限って、一人当たりに高い金額をいただくことで、このサポートを実現できます。個人のプロ講師だからできることです。
 
 

コミュニケーションはばっちり

わたしは手話ができない健聴者、ペコさんは手話ができる聴覚障害者。
しかし、わたしたちは一度も、会話をしていて「これは通じないや」と諦めざるをえなかったことがないです。そんなにあくせく急いだ授業ではなく、お茶でも飲みながらやっていましたし、わたしはそのリラックスした感じも大切にしているんですね。

どうしても、生徒さんは、英語ができない自分を英語ができる先生の前に見せるわけで、そのとき「時間がなくてできなくて」とか言いづらいんですよね。バカだなと思われる、いい歳して自立してないなと思われる。そういう不安はまったくのゼロではないと思うんですよ。

だからわたしは初めから「どうせ耳が聞こえてたって、英語できない日本人の方が多いんだよ。論理的に考えてペコがさくさくできる方が不思議だろ」と言っていました。愚痴も、不安も、できなさもみんな口にしていいんです。

また、意識はしていませんでしたが、ペコさんから「どうしてそんなに聴覚障害者のことがわかるんですか?」と聞かれました。
その点についてはこちら
「どうしてそんなに聴覚障害のことがわかるの?」 への答え
 
 

教室とか通ったらいくらするのか?

ここまでの内容を、個人が自分で揃えようとするといくらするのでしょう。
文法解説、英文添削はなんらかのサービスをうけるしかないですね。日本語での説明でないと、質問ができませんので疑問点がすっきりせず、初心者ほど意味がないですよね。
検索すると英会話教室がでるわでるわ。そもそもなんで英会話教室が多いんですかね? いきなりスピーキングからは大変です。
仮に「ヘイ、ジョン、元気かい?」というフレーズを覚えて使えたとして、そのジョンが自分の元気さについて、ネイティブスピードで熱く語り出したらどうするんでしょうか?

たとえば、有名どころだと
英会話教室・スクール【COCO塾】|英会話の上達・英語力向上の決め手は[対話力]
こちらのサイトでは値段の公開をしていないので口コミを調べると
COCO塾の料金・口コミ評判は?オンライン英会話と比較! | オンライン英会話
引用します。

そして気になるこのCOCO塾(ココ塾)マンツーマンレッスンの料金ですが、1レッスン8,750円(税込)。

仮に教材費や年会費などがかからなかったとしても月4回で35000円。
先ほどのポイント制英文添削が月20040円。
合わせて月55040円ですね。あくまで試算ですが。
もちろん、講師と直接LINEなどつながっているはずもなく、質問はいつでもはできないし、LINEでの心理的サポートなんかあるわけないですね。やる気はないと困りますよ^^;、っていうスタンスの講師のほうが多いのではと思うんですよ。
 
 

わたしのレッスンが高い理由

わたしの授業の詳細はこちらです。
【LINEで質問無制限!いつでもどこでも何度でも】TOEIC独学830プロ講師の、英語コーチング案内

はっきり言ってしまうと、通常料金8万円、オンラインサロン会員になると大幅に割引を受けられます。
別に、わたしの授業が安いとはまったく思いませんよ。
比較してこれだけいいんだから払えるでしょとは思わないです。

実際わたしは誰にも習わないで、TOEIC595から790まで2400円もかけてません。やってやれないことはないです。
でも、わたし以外に大人になって自主的に始めて、独学でここまできた女性を見たことないんですよね。大概、帰国か留学です。

現実問題として、
・英検4級というチャレンジ性のある目標設定をし
・プランをしっかり立て
・2ヶ月で中学2年分のことを
・1日5分しかとれない日もありながら挫折せず
・モチベーションが下がっても、もちなおし続けるには
「心理的サポート」がないと無理
です。

そんなことが簡単にひとりでできたら、いまごろ日本人は全員できているんですよ。
勤勉とされる国民性ですし、生真面目も多いですよね? テキストだって山のように売っていますよね?
足りないのは、不安やモチベーションがおちてきたときのサポートなんですよ。

そして、そんなわたしの手厚いサポートは同時に何十人もに提供するのは無理です。だから、わたしが、わたしにしかできないサポートを売って生きていくためには高単価でないと現状ダメなんです。
だから、安くするわけにはいかないんです。

しかし実際、聴覚障害者の生徒さんでも、設定した目標を叶えて自分に自信をもってもらうことができました。
 
 

しかし、そんなこっこの解説が月額500円で聞き放題!?

英語ランドというサービスを始めました。

英語ランドとは、「好きな時に、好きなだけ、自分のペースで」解説動画などをお楽しみいただける、英語の遊園地です!

例えば、単語がなかなか覚えられないというお悩みにはこんな動画が用意されています!

このような、10分以下のわかりやすい動画が35以上ストックされており、順次公開されています!

英語ランドについて詳しくはこちら!

【ワンコインでいつでもどこでも何度でも学べる!】新サービス「英語ランド(仮」って何?

 
 
そんなわけで、名実ともに、わたしは聴覚障害対応型の英語講師となりました。
生徒さんは2-3名募集していますが、企業からのオファーがあるかもしれないので気になる方はお早めに。さきほどの特典のページに詳細や相談方法が載っています。


ペコさんの夢が、確実にちかづいてきましたよ。

では、またね。

追記 なんとおみくじに予言がしてありました!!


 
 
こっこのプロフィール


海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったよ、と外国人によくいわれる。
29歳にして、体内年齢18-19歳。心はアラサー、体はJKである。恋愛観が峰不二子で、彼氏複数。ストレスは人生の3%程度しかない。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
詳しくはこちら。

 - コンビニ気分で海外へ, 恋愛・考え方, 日本人と英語, 社会と未来の話, 聴覚障害でも英語, 英語