【家事が辛い?憂鬱?】掃除からの完全脱却!触らないで「ちりひとつない部屋」を作る!

   

TOEIC独学830女子、掃除大嫌い、こっこです。

きょうは、美しいミニマリストを目指す断捨離レポートの続きであり、未来の生活についての記事でもあります。
ずばり、お掃除ロボットと家事代行サービスで、掃除からの完全脱却を図りたいという内容です。
これが成功すれば、たとえば、「専業主婦」なんて概念がなくなる実感を得られるかなと思うんですよ。お金のある男性のちからで長期的な楽ができるのは「根本的に愛されているいい女」だけになるかもしれない。

わたしは「最低限のものしかない生活をしているのに美しいミニマリスト」をめざしています。ストイックにものを減らすのは時間をかけてやっていきます。その完成形だけではなく、最低限のものの把握の課程にもかなりの発見があるしょう。

ものが根本的になくなったら、導入したいのが、お掃除ロボットです。

こちらもどうぞ
【年18万浮かす】美しいミニマリストをめざして断捨離レポート、夢の生活で節約と投資
【開運!毎日幸せ】モテて美しいミニマリストを目指す、ものを減らす断捨離のコツ
【シンプル、安価、少ない枚数】モテる綺麗な女性ミニマリストの全ワードローブ、下着の選び方
【美しいミニマリストになる】理想の部屋をイメージしよう、シンプルなのに綺麗可愛い
 
 

掃除はロボットか外注にしたい

料理はかなり上手いのですが、義務感でやる気にはなりません。掃除は大嫌いで洗い物が苦手です。ミニマリストを志した理由も、ちらかってても根本的にものの数が少なければ綺麗なままだからなんです。
わたしに謙虚で、家事ができて、夫の収入をこえず、低賃金・低生産でも疑問を抱かない嫁みたいな像を期待するひとはいないと思うし、実際、わたしに好意を抱く男性はそんな姿勢が微塵もないわたしが好きなのです。
いまのところ時給5000円なので生活費程度なら自分で稼ぐし、投資もするから、最初から養ってもらう前提で男と付き合いません。そのとき好きかどうかがすべてであって、お金があるから無理に付き合うこともないです。
そのくらいになるための自分再構築はこちら
【結婚、仕事、セックスで幸せになりたい】なら「自分磨き」ではダメ、「自分再構築」せよ

話と発想が面白く、ざっくばらんな態度で好き勝手話し、人のおごりでも遠慮しないで食べ、29にして体内年齢18才であり、顔は冒頭でご覧のとおり。あなたが好きかどうかは知りませんが、それがわたしなんです。
体内年齢についてはこちら
【心はアラサー、からだはJK】老化劣化知らずのわたしが美容と健康のためしていること

わたしのブログや仕事は、思考することから生まれています。だから、思考以外の一切から自分を解放したい。
そのひとつが、掃除です。
 
 

ダイソンすごい


きょう直営店で説明を受けましたがすごいです。
システム、つまり脳みその更新もネット経由で行われるらしく、仮に使うのが3年でも、そのあいだ最新のシステムでいられる予定なのだとか。

動きも見ましたが、人間が惰性で部屋を綺麗にするよりずっと無駄のない動きでした。
これを毎日やるわけですから、どんどんダイソン自身の掃除も楽になり、人間によるダイソンのメンテナンスも楽になるというわけです。
こうなってくると、11万はらって数年のあいだ綺麗な床が維持される状態を買う男性は、専業主婦希望の女なんて必要としないよなと思うんですよ。根本的に愛している女に楽をしてほしい、贅沢させたいと思わないと「家にいるだけの女」が存在しなくなる可能性もあります。

当然母親は家にいるだけの女ではないですよ、あんな重労働ありません。でも、ロボット掃除機は人がいない時の方がのびのび動けますから、小さい子供のいる家に必ずしも向くかはわかりませんね。
ものによっては、磁気テープを置くと、ロボットが侵入しないようにできるそうです。

女に家事をする姿勢みたいなものをもとめるのは、女を見下したくて、ロボット導入の価値の認識が甘いうえ、その資金も確保できない低生産で低収入な男ばかり、なんてことあるかもしれないですよ。自分が毎日好きでもない仕事でひーひーいってたら、妻に「楽して昼寝でもしていていいよ」なんて言えないですよ。
わたしは高収入と付き合って楽したいのではなく、低収入と付き合ってお金やビジネスへの感覚が鈍るのが嫌なんですよ。

有名どころのルンバは、公式にレンタルを行なっていて、15日間5000円で試せます。
また、ルンバの仲間の拭き掃除ロボットというのもあって、こちらもレンタルが可能です。すごく気になっています。
アイロボット レンタルサービス はじめての「ロボット掃除機」をお試し価格で | iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
 
 

家事代行サービス

こちらもたくさん種類があって、一日だけ頼むサービスも、月額制で週2回などと決めてきてもらうサービスもあります。
わたしが目をつけているのはこちらです。
家事代行・家政婦サービスは1時間2,190円のCaSy(カジー)
4週に一度だけきてもらって、1回2時間で月4780円程度。鍵は預けず、自分がいるようにすればいいです。

日々のお掃除はなんらかのお掃除ロボットにたのみ、そのロボットのブラシの掃除や、取りきれていないゴミの処理、鏡みがき、網戸掃除、シンクや風呂掃除などをお願いしたいのです。
一人暮らしですし、ミニマリストを目指すわけで広い部屋もいりません。そうなると、2時間くらいお願いしたら、結構な満足度になるはずです。
初回おはなしをしてイメージを伝える時間があるサービスもあり、信頼関係も大切そうですね。

仮に、恐れ多くも天下のダイソンを買って3年使い、月5000円の家事代行をお願いしたら
ダイソン11万円 + 5000円×36ヶ月 = 3年で29万円かかります。

【年18万浮かす】美しいミニマリストをめざして断捨離レポート、夢の生活で節約と投資
こちらの記事にあるように、断捨離で始めた1日500円の節約を3年つづけて投資に回すと56万円になります。
年利によっては、29万の倍になる計算です。

それにすでにわたしは投資をしていてそちらも3年後には113万円です。
【峰不二子型ファンド】29歳女性、投資を開始します!

別に、だから絶対平気だとかではないのですが、数字にしてみると「まったく無理な話ではないのに、我慢してわたしが掃除をイヤイヤやる意味ってどこにあるのか?」と思うんですよ。
 
 

結局、ポーズの評価になってないか?

掃除への評価って、家に対してひたむきな姿勢。ひとに任せない真面目さ。みたいな、姿勢面の評価になってる場合もゼロではないと思うんですよ。その経験は必要ですし、お坊さんとかが手で廊下を拭くのとかには修行の意味もあると思いますよ。
しかしそれを、なんでいまわたしが。
そういう姿勢の評価って、たとえばお母さんを苦しめてるんですよ。無痛分娩じゃ愛が育たない、手作り弁当でないとかわいそう、母乳でなければなんやかんや。それらが実の母からは得られなかった孤児にも、立派な人のひとりやふたりいるはずだと思うんですけど。その孤児はなんらかの施設で、お金をもらってそこで働く方に育てられている可能性もあるわけで、そういう育てられ方でも問題なかったひとだってたくさんいると思うんです。

自由に思考して、私利私欲を満たし、生き方のひとつのモデルとしてお見せしていくことがわたしのひとつのバリューです。
仕事もちゃんとあるわけで、誰に頼んで読んでもらいたいなんて思っていなくて、別に賞賛してくれ、共感してくれ、あるいはお前もそうしろなんて言わないです。興味のあるひとだけ、こんな生き方もあるんだなと見てくれたらそれでいい。
その一環として、ずっと女性らしさだの、女子力の一部みたいにされてきた「掃除」を、根本から捨てたいのです。

そんなことを自分の手でしなくても十分に愛され、幸せになることを確認したい。
 
 
そんなわけで、いまのミニマリスト化フェーズ2が終わったらロボットの購入検討に移ります。ものがそもそもないから、相当ロボット君も動きやすいホワイト環境なはずで、まったく手を下さずに「ちりひとつない」が実現されるかも。

では、またね。
 
 
こっこのプロフィール


海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったよ、と外国人によくいわれる。
29歳にして、体内年齢18-19歳。心はアラサー、体はJKである。恋愛観が峰不二子で、彼氏複数。ストレスは人生の3%程度しかない。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
詳しくはこちら。

 - 主観のコラム, 恋愛・考え方, 社会と未来の話