【シンプル最高】美人の女性ミニマリストになりたい 要らないものとその理由

   

TOEIC独学830女子、断捨離でしあわせになった、こっこです。

 
きょうは、美しいミニマリストを目指すルポをお届けします。

わたしに入らないものは何か?
断捨離をするとどんなことが起きるのか?
本当に運気なんてものはやってくるのか?
気持ちにはどんな変化があるのか?
その辺りを徹底的に物を捨ててリポートしていきます!

さて、2月に大幅に物を捨てて、劇的な開運をしたわたし。
くわしくはこちら。
【恋愛運、金運、仕事運】開運しすぎ!断捨離・掃除がもたらした幸運が普通じゃない

その後、さらなる断捨離を進めていました。
さぁ、なにがてにはいったでしょう?
軽く行動して探したら、とんでもないものが舞い込みました。

ハイパー王子様です。
わたしの彼氏複数制に賛同し、23という若さで他の会社重役系彼氏と渡り合う気満々。高学歴、高身長、横顔が松坂桃李、体が向井理という完成度。しかも英語話者。
というとんでもない男が、わたしに骨抜きになっているのです。わたしにまず尽くすことをモットーとし、もっとわたしの王子様になれるよう頑張ると本気で言っています。
また、まだ公表できませんが、ついにわたしの文章にお金を出したいという方が現れています。

つまり素敵な彼氏と仕事が、断捨離後舞い込んでいるのです!

こちらもどうぞ
【歩く】ダイエット、恋愛、就活、婚活、仕事。とにかく歩くと成功するかもよ!
【結婚、仕事、セックスで幸せになりたい】なら「自分磨き」ではダメ、「自分再構築」せよ
 
 

ものを持たないメリット

ものを減らしてよかったなと思うことはなにも、見えないご利益だけでありません。

例えば思考をすることに夢中になって、他をおろそかにするわたしには片付けるという概念がありません。
しかし、物がそもそも少ないので、全力で散らかっても床は余裕で見えます。

例の王子が昨日、突然会いたくなったと連絡してきましたが、彼がくるまでの短い時間で、なんとなく物を片付けるだけでよかったです。
(まぁそこまで言ってる人間に、今更なにをみられても平気ではあるのですが)

この先わたしは、必ずしも日本にいるかわかりませんし、物を極限まで一度減らしておくのも悪くないでしょう。
 
 

わたしにいらないものを考える

ミニマリストになるということは、真にいるものしか持たないということ。つまり、いらないものがわかるということ。
徹底して、今持っている中で、自分にいらないものについて考えてみます。
 

ベッドフレーム

マットレスだけで事足ります。
ベッド下に衣装ケースを置いていましたが、その中身もいよいよ減ってきました。
また、王子の図体が大きいため、多分フレームがない方が寝やすいだろうとも思います。
 

今持っているものは、重く、引き出しも少し壊れていてどのみち使えなくなりそうです。
処分してひと段落したら、折りたためる小さなちゃぶ台のようなものを手に入れたいです。
 

紙媒体

本は電子書籍、スケジュールはアプリで管理、現金はクレジットカード、飛行機の搭乗券も電子化。
とにかく、紙の使用を最近大幅に減らしています。紙はなんだかんだ数があれば重くなりますし、劣化もしてどうせ綺麗なままで保管などできません。
正直、保証書なんか人生でほとんど使ったことがないですし、わたしにとっては、とっておいて意味のある紙って少ないと思います。
本当にとてつもなく大切なものだけ、印刷して置いたりする程度でいいでしょう。
 

文房具

わたしはマンツーマンの英語講師で、たしかに人に説明するとき、ペンは使います。しかし、生徒に借りることにしているので、もちあるく必要はありません。
スケジュール帳も電子化してしまうなら、一本あればあとは要らないのです。
あと持参しなければならないタイミングは、大学の単位認定試験くらいでしょうか?
それも鉛筆を一本もっておけばいいので、つまり、ポールペン1本と鉛筆1本と消しゴム1個だけでいいことになります。
 

食器、調理器具

自宅での自炊を完全にやめます。実際作ると、かなり上手いことはわかっていますから、それは彼氏や母親の家でやって振る舞えばいいこと。
お菓子のストックなんてしないので、そういうスペースもそもそもいりません。
 

ハイヒール


足が綺麗だね、と言われることが結構多いですが、そのとき必ずしもヒールを履いているわけではありません。
考えてみれば、ヒールを履く女なんか結構いるわけで、履いたところでたいした差別化にもなりません。
せっかく褒められる足の形がそれで悪くなるくらいなら、撤廃します。
 

ヒールと似た発想ですが、高くておしゃれで自分を演出してくれる服が何着もなくても、わたしは自分が大好きです。だれにブスといわれても、綺麗だと褒めてくれる人もたくさんいます。
だからといって、同じものを何着も持つ、いわゆる私服の制服化は望みません。そのバランスをとりながら、劇的に減らしていきたいです。
 
 

お金と仕事と自己を幸せにする力

お金の不安は以前から努力して消しました。投資もしています。
【お金の不安を解消したい】給料がある日突然半分になったけど余裕で笑える理由

仕事は本気で追求し時給5000円の高生産に。
【結婚、仕事、セックスで幸せになりたい】なら「自分磨き」ではダメ、「自分再構築」せよ
【ストレスは1日の3%】ストレスを溜めない人になるためにした具体的なこと

ひとりでも、十分しあわせです。
【1人でも常に幸せなワケ】わたしは世界一手に入れづらい女だと思う

3つがわたしにあって、プラスαとしてイケメンとの恋愛があります。
その恋愛だって、最初にポリシーや、未来の希望、性嗜好まで本当にしっかり話しているため、それを良しとした相手と幸せな気分で会うだけです。
くわしくはこちら
【セックスが痛いと言えない】さっさと性嗜好をはっきり伝えるメリットは大きいよ!
【彼氏や夫から愛されていない】そう感じる根本原因と、解決策をハイパー王子様彼氏のいるわたしが考える

自分で自分を幸せにできないなら、何をどうやったってどこかで幸せに飢えることになってしまいます。
逆にいえば、それさえあれば、気分を幸せに保ってくれるものなんか、20個も30個もいらないのです。
 
 
というわけで、本格的なモノの削減に動きます。
つぎはなにが手に入るのかな?

では、またね。
 
 
こっこのプロフィール


海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったよ、と外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
恋愛観が峰不二子で、彼氏複数。ストレスは人生の3%程度しかない。
詳しくはこちら。

 - 主観のコラム, 恋愛・考え方