【脱毛や下着選び】女子向け セックス前にしたら男子に絶賛された準備を全部書く

      2017/06/10

TOEIC独学830女子、ハイスペック彼氏複数、こっこです。

きょうは、男性に体を触られるかもな?と思った時にしておくべき準備について書きます。
Twitterにこの件について書いたところ好評のようでした。
情報が早いのはtwitterなので、気になる方はフォローいただければとおもいます。
こういう内容が読めます。

性についてこうして語ることで、もっとパートナー間の意見交換が活発になればとおもいます。
当然わたしも、自分の具体的性嗜好について、ここに言及しはしません。そういうポルノではないです。
【セックスが痛いと言えない】さっさと性嗜好をはっきり伝えるメリットは大きいよ!

基本的に、相手がデート代を負担し、働いて時給換算したらいくらかになる時間を自分にかけてもらっている時点で、相手に綺麗な顔と体の提供は当たり前だと思います。
性交渉までいかなくても、スタイルがいいほうが嬉しい人は多いのです。
さらに笑顔、知性、愛嬌、エロさ。このへんもプラスできるとよいでしょう。

そのために、意識しておかなければいけないことをまとめてみました。
万人受けすると断言はできませんが、一回で、わりと目の超えた松坂桃李みたいな顔のイケメンにここまで言わしめることは成功しました。

「わたしは男性に媚びる気は無いわ、化粧も自分のためなのよ」という方もいるでしょうか? 競合が減って何よりです。

こちらもどうぞ
【美人・綺麗になるには】ブスだったわたしが綺麗になってモテるまでに有効だった方法ランキング
【婚活】本当の高収入イケメンな男性はパーティーにいない!出会い方新常識!
【ガツガツせずに1日1.08人】街で自然とイケメンと出会うことだけを目的にした記事
 
 

ムダ毛への配慮

色々いう前に、まず、あなたに僅かなムダ毛があった程度で嫌いになるやつはどのみち無理。ということです。
気に入られるためだけに無毛になることに死ぬほど神経を使うのはバカバカしいです。
自分が安心できるくらいで大丈夫です。あまり気になるとせっかくの時間なのに集中できないですし。
そんなことより、見られても胸を張れるスタイル作りをしておいたほうがいいですよ。

わたしのスタイルはこんなかんじ。

スタイル維持のほうがよほど大切、ということを踏まえて、あんまり頑張らないムダ毛対策がこちら。

追記 こっこのオススメを試したひとから喜びの声が!

https://twitter.com/07_onigiri/status/873241773585321984
高笑いするよね! ね!笑
なんかエロい肌になるんですよ! 使って見ないとわからない。敏感肌用もけっこうありますね。

ムダ毛の処理は直前の方がいいですが、美肌作りは一長一短にいきませんね。
ツルツルだけど、吹き出物が多い…など、根本的な肌質がよくなければ、小手先のことはしても仕方がないでしょう。

わたしは
① ストレスをゼロに
② 栄養面からケア
③ たくさん歩いて代謝維持

この三点をすることで美肌をキープしています。
それぞれたくさん記事を書いていますから、ご参考になさってください。

ストレスケアについて
【ストレスは1日の3%】ストレスを溜めない人になるためにした具体的なこと
【五月病?うつ?】ストレスは人生で3%程度しかないわたしの基本の考え方3つ
【心が疲れた?】毎日前向きで幸せなわたしの、心の疲れを癒す抜本的な対処

栄養面のケアについて
【脱!ブス】Doctors Meで肌の根本改革! 有料会員体験口コミ

歩くことについて
【歩く】ダイエット、恋愛、就活、婚活、仕事。とにかく歩くと成功するかもよ!

こちらも参考になるかと
【アラサーは痩せない?】ずっと痩せてて29才のいまが一番綺麗といわれる9つの理由
 
 

下着ってそんなに見るか?

ちょっとここは意見が分かれますが、一般的な男性はこうかなと思います。


そもそも暗いことも結構あるし、目を疑う柄じゃないかぎり、別に不満はでないと思います。好みの形だったときに加点される程度では。
初めての相手にいきなり自分の性癖ど真ん中を求めるひとは、想像力が足りません。
むしろ、頼まれてもないのに「可愛いのを着てきたのに褒めない!」みたいな、相手にエスパーを期待する発想の方が男性を悩ませていると思います。
過度なエスパー期待についてはこちら
【セックスが痛いと言えない】さっさと性嗜好をはっきり伝えるメリットは大きいよ!
【彼氏を王子様に!】ハイスペック彼氏複数の女が教える、デートで男性の気が利かない理由と解決策
 
 

モテ◯◯は必要ない

モテ髪にしたくらいでモテたら誰も困っていないわけです。
矯正下着的なものも脱ぐんだし、意味がないですよね。
むしろ、髪型や下着、服はスタンダードで面白みはないんだけど、圧倒的なスタイルと顔の良さがあったほうがいいのです。

何かを足して綺麗になる発想は、女性全体がそろそろ捨てていいと思うんですよね。
むしろ、色んなものを引いて引いて、それでも美しいほうがメリットは大きいです。
綺麗になる有効打はこちら
【美人・綺麗になるには】ブスだったわたしが綺麗になってモテるまでに有効だった方法ランキング

特にメイクはそうですよね、いつか男性に真実は知られるわけで、あまりにガン積みしてしまうと後がつらいのは自分です。
それは「彼氏の年収1000万と聞いて、将来は安泰だと思っていたのに、600万だった」くらいに相当するとわたしは考えています。

また、○○なんかなくても綺麗という発想は経済的ですらあります。


わたし、この、綺麗なミニマリストになってみたくなりました。
行動してみます。
 
 
いかがでしょうか?

根本的に自分に自信があれば、あまりストイックに準備しなくても大丈夫ですね。
それはなにも、見た目だけではなく、内面に対しても誇れるものがあれば、下着なんかに文句言う男など願い下げです。

では、またね。
 
 
こっこのプロフィール


海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったよ、と外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
恋愛観が峰不二子で、彼氏複数。ストレスは人生の3%程度しかない。
詳しくはこちら。

 - 主観のコラム, 恋愛・考え方