超前向き女の「論理的に、辛い失恋から立ち直る方法」 -失恋ソング的感情論なんか効かないあなたへ!-

   

TOEIC独学830女子、別れたてホヤホヤ、こっこです。

きょうは、自他共に認めるスーパーポジティブが実際に大好きな人と離別したらどう考えるのか?ということを書きます。

失恋の痛みは、人を悲しみのどん底に突き落としますね。
できれば早く立ち直りたいけど、他のことが手につかないほど悲しいこともあります。

ではわたしのようなポジティブサイコパスはどう考え、どう立ち直るのか?
簡単に言えば、かなり論理的です。
失恋ソングみたいな、ねっちょりした気分の問題ではありません。
歌でなんとかなるなら、みんな苦労しません。

きのう、彼氏の1人が去って行きました。

どう思っていただいてもいいのですが、わたしたちは、彼氏複数体制だから出会って恋愛が出来ました。

単純に彼氏たちもわたしも忙しいし、会える時に会える人と、みたいなスタイルはもともと気に入られていました。
忙しくてお金がある人たちにとって、わたしは自立しているから、馬鹿な女に生涯しがみつかれる恐れなく、仕事に打ち込めることは真面目に大切なのです。
「責任」とか「養う」みたいな、ともすれば打算で相手を決めがちな概念がゼロですから、本当にその瞬間大好きな相手としか関わる意味がありません。
ビッチっぽい話のようでいて、めちゃくちゃピュアな状態なのは不思議です。

だから、本当に、純粋に大好きでした。
その彼を失いました。

さぁ、どうしましょう。
こちらもどうぞ
【毎日幸せな結婚、恋愛、仕事】25歳女が30歳までにしておくべきこと3選
イケメン高収入と出会いまくるわたしの、恋愛、考え方の記事 まとめ
 
 

うまく行くべきだ、という勘違い


ひとまず、自分の今回の恋愛がどの程度コントロール下にあったのか考えてみると、たいして制御できなかったことに気がつくはずです。

それでも制御したがる、うまくいってしかるべきという気持ちになるのはなぜか?
それは「1人と長期的関係になって円満に愛し合えない人間はダメ」という厳しすぎる社会通念があるからです。

人にはそれぞれタイミングがあります。
就職、引越、結婚、子育て、みたいなイベントは一度に詰め込んだらパンクするように、できるときとできないときはあります。
だから、人との関係がうまくいかないことはそもそも、失敗かどうかはわかりませんし、誰にも断定する権利はないのです。

こちらもどうぞ
【彼氏と別れてもハッピー】人との衝突や離別って失敗や不幸じゃないよ
 
 

不幸かどうかは自分が決める


悲しみはいつでも否応無しに襲ってきます。
自分のせいでも、他人のせいでもあります。
それに対してはわたしも沢山泣いて、気分を落ち着けていくしかないと思います。

しかし、それを不幸と受け取るかは、その人次第です。
浮気でもしていない限り、相手が自分を腹の底から憎んで別れるなんてこと、そんなにありますか?
そこまでなら、そもそも付き合っていません。
だから、自分が描くステレオタイプな絶交と照らし合わせると、そこまでではないことがわかるはずです。

細かいことはかけませんが、ここに書いてある彼氏Bはそれはそれは、耳を疑うほどの遊び人でした。
わたしに手を出すなど、チャンスは沢山あったしお茶の子さいさいだった。好みのタイプだったみたいだし、実行すればあっという間でした。
本人も当初そのつもりだったらしいのですが、結局一度もそれをしませんでした。
機会が巡ってきそうになると、わたしにひどいことを言ったりして、近寄らないようにしていました。
冷静に論理的に考えると、明らかにわたしを守っていました。

それって、全然不幸ではないのです。
むしろ彼のおかげで本当の捨てられる不幸には合わなかったとさえ考えられます。
 
 

相手がくれたものを考える

プレゼントとかではなく、精神的に得たもののことを考えてみます。
気がつかなかった自分のいいところを教えてくれたり、なにかアドバイスしてくれたり。
心のお土産がゼロではないと思うのです。

わたしの場合でいうと、遊び人の膨大な女の子のデータと比較して褒められたことは勲章です。
・わたしが美しく生まれて得をしていること
・肌がとにかく若いこと
・お腹に無駄な肉がないこと
・ビジネスの才に長けていること
・男の人に頼み上手であること
などを彼は教えてくれました。
彼は社会的地位の高い男性でしたから、ビジネスで褒められることもとても嬉しかった。

これらは簡単に次の恋愛や、日常で活かしていけるポイントですよね。
そういう心のお土産を与え合ったから今悲しいわけです。

それは大切にしたいですね。

実はブログをすすめてくれたのも別の、わたしと付き合うにはタイミング的に無理だった男性です。
こんなに立派になるとは、思っていなかったと思いますけどね。
 
 

完全な離別かは死んでみないとわからない

簡単な話で、一生会えないかどうかは、どちらかが死なないとわかりません。
何十年経って会いに来る可能性を否定できる人は、本人を含め誰もいません。

となると、実は現時点でわかることは、ひとまず今は無理だな、ということだけなのです。

ここまでわかると、思い悩むトピックが減ってきます。
どうせコントロールできないことや、わからないことだらけなのです。
今感じている悲しさだけど向き合って、沢山泣いたら、あとは考えたところでどうもできません。
 
 
いかがでしょうか?
・勝手に不幸にならないこと
・相手からもらったものを理解すること
・今会えないくらいのことしかわからないこと

これが理解できると、かなり気持ちは楽になります。
一定の納得はできるので、一過性の悲しみに浸ることもできます。
電子書籍を耳から聞いて、人の倍速で勉強しながら、部屋の片付けでもしましょうか。

あるいは傷心旅行にでもいったら、また別のイケメンも、頼んでもないのに登場するでしょう。
くわしくはこちら
【ガツガツせずに1日1.08人】街で自然とイケメンと出会うことだけを目的にした記事

では、またね。
 
 
こっこのプロフィール


海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったよ、と外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
恋愛観が峰不二子で、彼氏複数。ストレスは人生の3%程度しかない。
詳しくはこちら。

 - 主観のコラム, 恋愛・考え方