就活、転職に有利?な経験が最速で手に入る方法はズバリ「あらゆるプロを雇う」

   

TOEIC独学830女子、ストレスが人生で3%くらいしかない女、こっこです。

投資とお金のことを主に呟くtwitterアカウントもつくりました。 → @finalcialcoco

きょうは、わたしが考える、雇われる人間になる最速の方法、つまりプロを雇う経験を持つことについてお話しします。なにも、就職や転職のアドバイザーを雇うという意味に留まりません。
具体的には、運動と健康、キャリア、法律のプロについてもらったわたしが感じる、メリットデメリットについてです。
わたしの場合のその選定法、決め手、全て書きます。

なんでそんな話をするかというと、将来を考えて、きょうある法律のプロと契約をしたからです。
(その詳細は後日明かします)

結論からいうと、プロを雇うメリットは半端じゃない数あり、デメリットはお金がかかることでしょう。
逆に言えば、お金さえクリアすれば、仕事に金額以上の価値を感じれば、雇うべきだと思います。

単純に、痩せを維持しながら健康になる、キャリア戦略を立ててもらえる、法律で守ってもらえる、という、当初予測できる結果以上のものが返ってくる可能性はあります。

人を雇う、人の能力を買う側になると、自分が雇われるときに、別世界が見えると思います。
雇う人間はどうして雇うのか?
どんな人を雇いたくなるのか?
想像できるようになりますよ。

例えばみなさん病院に行ったことはあるかとおもいます。
お医者さんは病気と健康のプロだからですね? 自己判断は危険だからですよね?
他の分野だって、そうだとおもいませんか?
なぜ、健康だけプロにお願いして、あとはみんな自分でわかるのでしょうか。
そんなことありませんよね?

こちらもどうぞ
【婚活、就活、ビジネス】初対面の話題に困る?「話が尽きない」という強み
【稼ぎたいから本を聞くよ】talkbackのkindle読み上げの全て!倍速設定や端末紹介
 
 

自信があるからこそプロは必要

わたしを、強い、と形容する人がいます。
しかし大きな間違いで、弱いからこそ、傷つくからこそ、自分を守ることに本気になります。

周りを信頼できる人間で固め、何かあったらすぐに相談し、その人の頭で考えてもらう。
わたしの思いつくことなどたかが知れていますが、他人の脳みそまで動かせればアイディアや解決策は2倍ですね?
その「他人の脳みそ」が、その道のプロであった方が、それは当然いいのです。

わたしは弱いですが自信があります。
自分の魅力をよく知っています。
少なくともむこう10年20年、このブログは成長するし、わたしは毎日幸せでモテて楽しくすごすでしょう。
その見通しが立った瞬間に、プロで周りを固めることを考えました。

ねたみやそねみ、嘘の情報や、わたしを陥れるなにかは、今でさえたくさんやってきているのです。
それを自分で勘ぐるのが嫌だから、わたしはわたしのやりたいことに集中したいから、プロに細かなことをお願いするのです。

そうなると、なんか困ったらプロと考えればいっか! という発想になり、人を疑うことがなくなります。
自分の頭で万事を考えないと恥ずかしいなんてこと、ありませんよ。

では実際に、わたしがお世話になっているプロをご紹介します。
 
 

健康と運動のプロ よこさん

健康についてのブログを書かれているよこさんは、パーソナルトレーナーです。
運動はもちろん、栄養にも詳しいです。
彼自身もTarzanに載るほどのそれはそれは美しい腹筋を持ちます。笑顔も爽やかで、運動ができるお兄さんを地でいく人です。
Tarzanに載る?!あなたのブログに権威性ある?

わたしのお腹の写真も見ていただいて、「えええ、これこっこさん?! スタイルいい!w」と彼がいうものだから、それならば!と香港旅行中のファッションの公開を始め、確かにアクセスを集めました。
随時更新!香港旅行での服 Fashion in Hongkong 2017.3

たくさん歩いた日は、彼に歩数の報告をします。
わたしの痩せのもとは体質と代謝であると教えてくださり、わたしはその維持についても質問しています。
【五千字】なんでずっと痩せてて30手前のいまが一番綺麗か? 特別記事
【歩く】ダイエット、恋愛、就活、婚活、仕事。とにかく歩くと成功するかもよ!

咳のしすぎ→ろっ骨疲労骨折!? どうしたらいいの?
この記事にある通り、ろっ骨にヒビが入ったときも、すぐに「圧倒的にタンパク質を取るべきです!!」と教えてくださいました。
そのことを周りのひとに話したところ、結局、松坂牛、銀座のしゃぶしゃぶ、丸の内のとんかつ、豊洲のとんかつを食べさせていただきました。
トレーナーさんがそう言ってて、という触れ込みが効いたのです。笑

お金をお支払いしますと申し出たのですが、受け取らなかったです。理由は本人まで。
実際のトレーニングまでは見ていただいていません。そうなったら本当、どう言われてもお支払いしないと。
もちろん、彼に新しく頼む方も、報酬をお支払いくださいね。
 
 

キャリアのプロ 玉崎孝幸さん

わたしのキャリアの参謀は、玉崎さんです。
彼は、自身も不動産に関するイベントなどに登壇している人で、それだけでためになるお話が聞けます。

わたしがやりたいこと、なりたい未来を列挙してお話しすると、こんな方法がある、こんな落とし穴があると提案してくれます。
新たなわたしの思いつきも、こうしたらもっと面白いですね、とアイディアを添えてくれます。

わたしは自分自身が楽しいと思うことをとことん追求して、そのスタイルを見せていくタイプの発信をすることになります。
そうなったとき、気持ちは自由でいたいのです。
だから、1人冷静な人が客観的にわたしの今を見てくださることで、安心して舞い上がれるのです。

海外にもう早くいきましょう!笑
と提案してくれたのも玉崎さん。
彼の言葉がなければ、香港、台湾フィリピンと、英語ができるとこうなるデモンストレーションはもっと遅くなっていました。

しかし、それらの活動のおかげで刺激された人が周りに集まり、実際にわたしに聞いて英語を身につけ始めています。
聴覚障害者向け英語も、そのひとつですね。
【あきらめないで】聴覚障害者への英語指導を開始します

実はこちらも、報酬はいらないと言われています。理由は本人まで。なかなかすごい理由です。笑
 
 

法律のプロ まだ内緒

後日細かく追記しますが、ある弁護士さんと本日契約をしました。
これだけプロがいて、初めて報酬を払っているという厚かましい話です。笑

前述の通り、今後、わたしはもっと幸せになります。
プロが、健康とキャリアの面を支えてくださるわけですから。
その2点が充実していればなんとかなります。

そう考えると今度守ることになるのはきっと、尊厳でしょう。

今の時点で、中傷はやってきます。
わたしよりアクセスの多い有名な方のお名前を出しただけでも、そのアンチの方に「いいね」付けられたりすることがあります。
見ると、日がな、その有名人を攻撃するだけのアカウントなのです。ゾッとします。

そういうアンチが、いずれわたしにも生まれるでしょう。
そのとき、ちょっとこちらが本気になったくらいで逃げる軽い気持ちの人は最初から来ないでほしいですよね?
ですから、法律のプロにしっかり相談をし、困ったらいつでもその方にご相談できる状態を見せるだけでも、つまらない中傷は防げます。

あ、ちなみにこの弁護士さん、イケメンです笑 びっくりした。
目がとてつもなく綺麗です。写真より実物の方が3倍はかっこよかったですね。
 
 

選び方・決め手は2ポイント

探すのは割と簡単で、「弁護士 東京」みたいな検索をかければ出てきますね。

問題は、人数がどのプロも割といるということです。
どのようにして、わたしは決めたのでしょうか?
実はポイントはたった2点。
経験や能力なんか、素人にわかるよしもありませんしね。
そこを知りもせず「わたしは見極められる」と思っていたりすると、痛い目を見るように思います。

ポイント1 諸条件をはっきりする

全員に「将来こうこうこうしたいから、こんなことを相談できるプロが欲しい」といった話をわたしは早い段階でしています。
例えばキャリアについてなら
「将来、海外のホテルからホテルを転々としたいから、それを冷静な目で見守る参謀が欲しい」と玉崎さんにお話ししました。
その反応を見て、彼らがわたしのニーズに合っているかはすぐにわかりました。

また、男性であることも大切でした。
理由はふたつで、まだまだ社会を回しているのは男性だからということと、わたしには「女性だけが共感できるポイント」がほとんどないからです。
子供はいらないし、結婚も相手が余程希望しないと…となると、一般にいう女の喜びを求めていないのです。
さらに、わたしは男性の動力をバンバン使う発想ですから、男性になんでも聞いた方がいいのです。

それを明確にすると、おのずと誰が必要かわかります。
 

2 否定せず高めてくれるかどうか?

例えば、彼氏複数、というわたしのスタイルを否定的に思う人はかなりいるでしょう。
わたしにいくら論理的理由があっても、そういうことではないのです。
大多数がとっている一夫一婦制的なスタイルの方が、マジョリティであるがゆえに安全であるという日本人マインドが強い人も多いでしょう。それはそれで立派な考えで、否定する気はありません。

しかし、それ前提でわたしに話してくる人とは、わたしはなんら生み出せません。
わたしの周りには結構人がいますが、誰1人として、この彼氏複数制度を否定しません。
むしろ「ついにか!笑 満を辞してだな!」みたいな反応です。

結局、世の中全員に理解してもらう意味などありません。
どうせ世界の全員になど会えません。
だから、プロを選ぶ際も、わたしの主義を正直にお話ししても、ついてくださる方を選びました。
 
 

無理に専門知識をせびらず、適切な報酬を!

3人いて2人に「お金はいいですよ」と言われているわたしが言えた義理ではないんですけど。

いくら相手がプロで詳しいからと、友達なんだからちょっと教えてよ、みたいな発想はやめたいところですね。
イラストや医療…なんでもそうです。
わたしは文法解説は有料、やり方などのアドバイスは無料と線引きしています。

世間話の範疇を超え、プロに詳しく聞いたり頼むときは必ず、聞いて平気かどうか、報酬が必要ならいくらになるのかを確認しています。

例えば、わたしにはお医者さんのお友達がいますが、最初はそう聞きました。
お仕事を離れている間は医療のことを話したくない可能性もあるからです。
彼は大丈夫な人で、ろっ骨の経過もお話ししています。
 
 

今後、わたしが雇いたいプロは?

なんだと思いますか?
二種類です。

答えは、お金のプロ、ブログ集客のプロです。
つまり、ファイナンシャルプランナーと、すでにブログ運営で一定の成果を上げている人です。

投資は、まぁ本を片手にでもできなくはないタイプの、ローリスクな運用をしたいとはいえ、もっとお金のことを知るにはプロに聞くのが1番です。
なにも大儲けしたいのではなく、お金の仕組みを知らないと、自分のお客様にどうお金がやってきてわたしに流れるのかわかりません。

ブログ集客については、すでに相談の時間のアポを取っています。
個人規模でメディア運営を始め、企業の社長向けの本をお書きの方です。

一度もそうした先人に、このダンビズ(=男子を置いて、ビジネスクラス)のことを聞きませんでした。
まぁそれで、月間1万pvペースに到達したのは嬉しいですが、限界があるでしょう。
わたしにはそうしたプロの意見が必要です。
 
 
いかがでしょうか?
お金の使い道はなにも、物を買うだけではありませんよね。

プロの腕を買う。
若いうちにその経験があるとないとでは、大違いだと思っています。

そりゃ弁護士さんは高いですよ。5万はくだらないし、結果は保障されていません。
しかし、人を雇う、人の能力を買う側になってわかる世界は本来プライスレスです。
時代が違えば、こんな小娘には一生できなかった経験です。

それをお金で買えるのです。
わたしは買いましたよ。

では、またね。
 
 
こっこのプロフィール


海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったよ、と外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
恋愛観が峰不二子で、彼氏複数。ストレスは人生の3%程度しかない。
詳しくはこちら。

 - ブログ運営, 主観のコラム, 恋愛・考え方, 投資・お金, 社会と未来の話