【単語暗記】TOEIC独学830女子による、予定の逆算、サボった分のリカバーの方法

   

TOEIC独学830女子、こっこです。
さて本日は、サボっても大丈夫!学習のリカバーの仕方についてお話しします。

計画を立てたのに、ついサボってしまうのは仕方ありません。
忙しいとか気分がどうしてものらないとか、人間だからあります。
それ自体は、別にいいのです。

なにがまずいかというと、
1 どのくらいサボり、どのくらい取り返せばいいかがわからない
2 背負えないほどのサボった罪悪感を感じる

これらはとても辛いことで、挫折を生みます。

どういうことでしょうか?

こちらもどうぞ
【聴覚障害でも英語やれる!003】覚えられない英単語ってどうしたらいいの?
定員2-3名!TOEIC独学830女子による、中学英語マスターコース開講!
こっこの英語論 まとめ
 
 

逆算目標

たとえば、生徒のペコさんがあと2ヶ月で英検4級の単語をものにしたいとします。
2ヶ月は8週間とし、単語は800単語とします。

最後の2週間は予備期間とする。
残る6週間のうち、前半3週間でざっくり頭に入れ、後半3週間でわからないところを潰す。
3週間は21日、800÷21=38.095

つまり、少し多めにみて、1日40-50単語をとりあえず今はざっくり頭に入れればいいことになります。
このように逆算する意味は、サボった時のリカバーにもあります。
 
 

サボりを数値化する

この計算で、風邪をひいて3日サボったら、150単語のマイナス貯金があることになります。
体調が治った週末に200単語がんばればいーか!と、とりあえず考える。
これは大きいです。

人間はもやっとした状態は辛いです。
なんとなくサボり、なんとなくの量の単語をやっていなくて…
そんな状態は、なんとなくの、総量のわからない罪悪感を生みます。

それは、めちゃくちゃ煩わしいです。
誰がみてもわかるような、数値化された情報以外、なにも確かなものはありません。
いずれそのもやっとした罪悪感の重荷に耐えられず、英語自体を投げ出してもおかしくないのです。
 
 

毎日やれない自分を責めない

責めたところで、やれるようになりますか?
責めたところで、突然単語を覚えますか?
そういう、効果のないこと、姿勢や形式的なものの追求は少なくともこの場合は要りません。
あるだけ無駄です。

基本、英語に向かう時は、そういう精神的ハードルはゼロにして、欲しいものだけ頭に摂取し、疲れたら辞めていい。
一見、回り道にみえるかもしれませんが、そのくらい自分に優しくしないと、物事は続きません。
 
 
逆算による目標設定。
そして、それを元にサボった分の数値化。

これができると自分の英語学習をかなりコントロールできますね。
では、またね。
 
 

こっこのプロフィール

海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったと外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
ブログの直帰率低減に注目しており、その記事は多くのブロガーから読まれる。
詳しくはこちら。

 - 未分類