【具体的な英語表現、書き方】ホテルにリクエストメールを送るには!

      2017/08/06

TOEIC独学830女子、世界の高級ノマド、こっこです。
さて今日は、海外ホテルへのリクエストメールの書き方を解説していきます。

窓の大きい部屋がいい。
オーシャンビューがいい。
シングル2つよりクイーンがいい。
どこそこへの行き方を教えてほしい。
空港に迎えに来てほしい。
などなど。
頼みたいことは、たくさんありますね?

要望を出す重要性はこちら。
【男子からのプレゼントで生きてます】欲しい物がバンバン手に入る秘訣を書くよ

文法的正しさなどはとりあえず置いといて、通じる英語です。
あくまでわたしの場合ですから、僕はこうしないよ、みたいな言語マウンティング野郎のご指摘は要りません。

こちらもどうぞ
【海外旅行持ち物】2017年最新の便利なお役立ちアイテム一覧!
超お得!やるかどうかで大違い!ビジネスクラスを予約したら絶対すべきこと
 
 

2017/8/6 追記 ホテルのメアドが見つからない時の対処法

ホテルのメアドは結構見つけにくいときもあるので、こちらもどうぞ!
【海外旅行】ホテルのメールアドレスが見つからない?沢山ある?英語のリクエストメールの書き方も教えるね!
 
 

出だし

To Reservation manager
Hi, I’m 〇〇, reserving your hotel from 25th March to 30th March.
I have some things to ask you.

予約担当の方へ
こんにちは、〇〇です。あなたのホテルを3/25から30まで予約しています。
いくつかお願いがあります。

これはそのままコピペでいいでしょう。
このあとに、要望に番号をふり、列挙して行くとわかりやすいです。
返信が来て、さらに何か返すときは、相手のファーストネームをみて、To の後にいれます。

件名は、他の人と紛れないように
〇〇 About my reservation
のように、名前を最初につけています。
 
 

要望を書く

いろいろと要望はあるかと思います。
可能性全部はさすがにかけないので、とりあえず今回は、わたしが次回行くセブ島のホテルへの要望を書いてみます。

①アレルギー
I’m serious allergic to 〇〇.
I can’t even touch them, so please do not serve me any products or dishes including 〇〇.

わたしは〇〇の深刻なアレルギーです。
わたしはそれに触ることすらできません、だから、〇〇を含む製品や料理は持ってこないようにしてください。

この説明は、英語でできたほうがいいです。
命がかかっていますから。病気や障害などの配慮への呼びかけもしておきたいですね。

②空港に迎えに来てほしい
Do you have any shuttle bus service from the airport to your hotel?
If so, I’d like to use it.
My arrival flight number is 〇〇.

空港からホテルへの送迎サービスはありますか?
もしあれば利用したいです。
わたしの到着便の便名は〇〇です。

送迎サービスの有無を確認し、あればお願いしますという文。値段を先に聞きたいときは、
How much does it cost?
と書いて、返信を待ちましょう。

③電気ケトルが欲しい
Do you have any electric kettle to get hot water?
If so, I’d like to use it in my room.

お湯をわかす(手に入れる)ための電気ケトルはありますか?
あれば、わたしの部屋で利用したいです。

わたしはお茶をよく飲むので、お気に入りの茶葉を持参します。
 
 

締めの言葉

I’m looking forward to hearing from you.
Thanks for reading.

Best regards
〇〇

ご返信お待ちしています。
読んでくれてありがとう。

〇〇

Best regards は、日本語の手紙のマナーってほどのものではないと思います。
でもだいたい付いていますね。敬意とかリスペクトを表したい感じととらえています。
 
 

書き方の全体傾向

お気づきかと思いますが、ざっくりいうと、
1 あるかないか確認
2 あるなら欲しい、こうしてほしい
この順で書いています。

アレルギーなどの有無を言わさず気をつけて欲しいこと以外、ないものはどうしようもないですし。
わたしたちの常識でホテルにあるものが、海外でないこともありますからね。

ないだろうな、と書かないでおくより、あったら欲しいと言っておくことは大事です。
代替品や似たサービスを提案してくれたりするからです。
 
 

サービスをされたら全力感謝

メールの段階や行ってからの話にも言えることですが、要望を出してそれが叶ったなら、感謝をしっかり表現しましょう。

1番嬉しいのはお金。
チップの制度があるところは、弾んでもいいでしょう。
やはりリターンもないのに尽くす人は少ないです。
そんなしょっぱい客より、羽振りのいい方を大切にしたくなります。

チップの世界かどうかは、実はホテル単位で、うちはいりません、なんてところもあるのでメールかフロントではっきり聞いたほうが早いです。
Do I need to pay any chip to your staff?
とかです。
自分の品を守るためにこのへんオブラートに包んで聞いたって仕方ないと思ってます。
少なくともわたしはたいした品じゃないんだから、大丈夫。

それ以外の場合、とにかく感謝の言葉を伝えましょう。
Thank you so much.
でも、言わないよりずっといい。
されて当然みたいな、日本の過剰サービスのひり出しに慣れた態度は、わたしは嫌いです。
その過剰のために、日本で何人も死んでますから、もうやめたほうがいい。
 
 
いかがでしょうか?
わたしはこれらの方法でずっとやってますが、トラブルなんか一度も無く、物理的な無理がない限りは欲しいものをばっちり手にできています。
それは全然恥ずかしいことではない。
要望を黙ってることが奥ゆかしさではないと思いますね。
というか、奥ゆかしさをわたしに期待する人なんか、用事がないです。

では、またね。
 
 

こっこのプロフィール

海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったと外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
ブログの直帰率低減に注目しており、その記事は多くのブロガーから読まれる。
詳しくはこちら。

 - 未分類