綺麗事はもういい!ブスの基準と、それを数字にする方法はこれだと思う

      2017/07/14

TOEIC独学830女子、自分の顔大好き、こっこです。

きょうはブスってなんなんだ?ということについて考え、
プロに無料でサービスをしてもらえるアプリの紹介
ブスの基準があるとしたらこれだ!
③ブスを数値にするにはこうしたらいい!
④ブスという市場の闇と今後

についてお話しします。

というのも、「ブス 基準」でググってここにいらっしゃる方が一定数いらして、ならばわたしなりの答えを書いてみようということです。
確かに、ブスと一言にいっても基準が明確になったことはあまりありませんよね。
自分のブスの基準がどこにあって、何をもってして自分の顔をブスと認定しているのか? それも曖昧なのが普通でしょう。
逆に言えばそこが数値化されれば、理想の数値に寄せていけば、自分の納得は得られるのではないだろうか…?

少なくともわたしは自分の顔をそのように理想と徹底比較して、数値化し、改善を試みて、このように変わりました。
変貌
自分の顔にかなり納得しています。
当然、TOEICをとって内面に自信を持ったことも大きく関係はあります。

わたしは、女の子は中身!なんて言う気はさらさらありません。
中身を知る前に離れていかれては意味がないし、どう考えても、自分の容姿に納得できていた方が、悩んでいるよりいいです。
そういうの、顔に出るんですよね。ブスがブスを深刻化させるひどいスパイラル。
だから綺麗事じゃなく、困るブスってなんなのか? その解消はどうしたらいいか?
それを書いてみましょう。

こちらもどうぞ
【月額980円】格安でプロのアドバイスを個々に受け、健康的に痩せる、すでに−3㎏もいます!
【アラサーは痩せない?】ずっと痩せてて29才のいまが一番綺麗といわれる9つの理由
【脱ブス】他でもない「自分の顔」を「納得のいく綺麗な顔」に変えたい!
 
 

1番困るブスはこういうの

結論から言うと、自己理解のなさがブスをブスたらしめていると思うのです。

たとえば、わたしが、「まだわたし太ってるし、顔も世界一可愛くないし…」と言ってたらどう思いますか?
この体で。

まず、面倒臭いですよね?
本気でわたしがそう思ってもいなくても、内容が何であれ発言と実際が合ってない人ほど、面倒臭いものはないんですよ。

ブスだとしたら何がブスなのか?
可愛いとしたら何が可愛いのか?
わかってないブスほど、腹が立ちますよね。
 
 

あっという間に変わる!プロに無料で頼めるアプリ

とにかく見た目を整えるにはプロの力を借りることもありですよね。
結局、私たちは素人なわけで何をどうしたら綺麗に見えるのかということはやはり数を見てきたプロに頼むのが1番いいでしょう。

とはいえ、ヘアスタイルやネイル、化粧、エステなどなど…全てにお金をかけていてはさすがにとんでもない額になってしまいます。
そこでこちらのminimoというアプリを使って、無料でそうしたサービスを受けることが可能になります。

サロンスタッフ直接予約アプリ minimo ミニモ

サロンスタッフ直接予約アプリ minimo ミニモ
開発元:mixi, Inc
無料
posted with アプリーチ

カットモデルやマッサージのモデルとなることでその料金を大幅に抑えるのです。当然、気に入ったら正規料金で通うのはマナーですよ!
minimoにはそういったモデル募集をしている人からの呼びかけがたくさん集まっており、ヘアスタイル、ネイル、マッサージ、エステ…美に関するほぼ全てが揃っているといえるでしょう。
実際の検索画面です。
あらゆるプロを最寄りや好きな駅からの距離やサービス内容で選べます。
画面です

5/14 追記 こちらの記事、かなりよまれています!


 
 

ブスの基準があるとしたら何か? 「ブスマーケティング」をブスを束ねる、20代経営思考女子が語る

ここから先の記事は有料(150円)となります。
内容は以下の通りです。

「ブスを測る、つまり点数のような数値としてだせるとしたら?
ブスというのは基本、主観なので、本来数値にするのは難しいはずですよね。では、どうすべきか?
まず、…」

応援されるには「イメージとの合致」がポイント

これでブスが数字になる!「ブスの基準」「ブスの数値化」

ブスは金塊だとわからないの?「美と嘘」という闇と希望

ブスマーケティングと、Googleも重視する信用の相関

こちらからどうぞ!


こっこ
海外経験ゼロ・完全独学でTOEIC830をもぎとった英語教師。生徒が初期目標としたゴールの達成率は約95%
月8800名が読むブログ「男子を置いて、ビジネスクラス」代表
月額980円でアラサークズ女の人生を変えるオンラインサロン「ダメな女の地獄船」船長
美しいミニマリスト。

詳しいプロフィールはこちら

 - 主観のコラム