【彼氏と別れてもハッピー】人との衝突や離別って失敗や不幸じゃないよ

      2017/04/13

TOEIC独学830女子、こっこです。
さて本日は、人との衝突や離別は失敗や悲しいだけのことではないぞ!という話をします。

わたしもいろんな男の人と別れがあったわけですが、憎み合ったケースは殆どありません。

例えば、わたしがとてもすきな男性がいたけど、向こうがタイミング的に無理で、
男子「何年か経って、俺がこっこちゃん好きになっても遅いんだろうなぁ苦笑」
こっこ「そーだよ、そのときは後悔して泣きなさいよ」
なんてこともありました。
読んでるか? にがした魚はおおきいぞw

わたしは全然、人と合わないことや、別れることを悲しいとは思いません。
消耗はしますが、全然失敗ではありません。
むしろ、よかったなと思うことさえあります。

あくまでわたしのケースでよければ、読んでください。

こちらもどうぞ
【ずっと恋愛していたい】世界で恋するわたしの恋愛観の話でもしよう
【香港パワースポット黄大仙】占い手順と気になる結果!ここまでわかるの?!恋愛運!!
 
 

悪者はいない

浮気とか明らかに悪い理由でない限り、「合わない」という出来事には悪者がいません。
恋愛に限らず、双方が努力したけど無理ということはあります。

そんなときはそれまでの感謝と、嫌って別れるのではないことを伝え、さくっと離れます。

本当にご縁のある人なら、冒頭の彼がいうように、何年か後やってくる可能性もあるんです。
それは誰にもわからない。

今しかわからないからこそ、今は合わないなら、別れても良いと思います。
 
 

細かな衝突はラッキー

LINEの返信頻度、ちょっとした癖や、デート代を出す出さない。
細かな規模のすれちがいはありますよね。
それが発生したらラッキーだと、わたしは思います。

こちらの伝え方、向こうの伝え方、一緒にひとつのことを解決する力。
そういうのは、内容が小規模でもよくわかります。
そんな小さなことの解決さえ力を合わせてできなければ、もっと重大な、結婚、家、働き方、子供、生活費…そういう話は解決できません。
特に、家庭を持ちたい人にとっては、そこは致命傷です。

それはどちらが悪いとかではない。
合わない、それだけですよね。
 
 

我慢なんて他で沢山している

わたしは日常の3%も我慢してたら多い方で、ストレスは殆どありません。
あっても12時間で殆ど消滅します。

(なんでなのか、また別の記事で書きますね)

しかし、それだけが正解なわけでは全くありません。
例えば、親のために、子のために、配偶者のために、自分のために、ある程度の我慢をして働くことを幸福とする人もいます。
それはその人にとって、したい我慢、ですよね。

だから、もとから我慢してるひとは結構いるわけで、さらに新たな人との関係で我慢なんかすることはありません。
言ってダメなひとは、どのみちダメです。
 
 

どっちつかずは困る

「こっこちゃんに文句があったけど、こっこちゃんが悪気なく楽しそうだから言い出せなかった」みたいなことを言うひとがいます。
しかし、それは全然、二人にとってプラスではありません。

刹那的な関係でどうでもよければ文句なんて気づかれないよう黙って、違和感を与えず仲良くしていればいい。
長期的目線があるなら文句はさっさと言って、解決に臨んだほうがいい。

黙っていて、しかしバレバレで、相手が異変に気がついて、聞いて初めて重い口を開いて文句を言う…これは最悪です。
黙っていたぶん自分は相手を傷つけなかった。とか思っていたら面倒です。
こういうどっちつかずは、自分のスタンスがそもそもよくわかっていないことが多いです。

そういう不明瞭な人には、安心して話せなくなってきます。
いつなにを溜め込むかわからないからです。
 
 

明瞭だと安心できる

めちゃ明瞭な例として、例えばこんな人がいます。

ストレートの男性なのですが、女の子が嫌いで、興味もないことが多く、嫌なことをされても絶対言わない。なぜなら話し合う気もないから。
絶対怒らないけど、絶対近しくなろうとしないイケメンみたいな感じなのです。

しかしわたしには、いやなことは「あ、それ嫌」と言い、トライしても嫌なら「二度とやらないわー笑」と言うのです。
それがわかっていると、なんでも提案できます。嫌なことを、そうと知らずに長いことやらせてしまうことがないからです。

すれ違いの消火が早いため、大きな火事に発展したことは一度もなく、よくメールをして仲良くしています。
彼は、わたしが世界に出ることも、男の子とデートを沢山することも、応援の構えです。
わたしと国内旅行にいくことを計画していて、その近辺の日程は海外はべつにいいかな、とわたしに思わせるほど仲がいいです。

嫌いか好きかはっきりしてくれて、欲求や目標をすべて話しても、受け止めてくれる。
そういうひとこそ大切にしていきたいのです。

 
 
だから、周りに合わない人を発見したら、よかったなと思うのです。
合わない人に、合わせてもらうことは何もありません。
あしたトラックが突っ込んできて、死ぬかもしれないのに、たいした責任が発生してないうちから我慢なんかお互いに毒ですよ。

何年か経って、相手の気持ちがわかることもありますよね。
そういう男の子が、わたしが空港に帰ってくるのをある日突然出迎えても、別に構わないんですよ。
仮に遅くても、嬉しいですよね。

単に今、合わないだけで、何をそんなに悲しがるのか?
何をそんなに責め、何をそんなに失敗だと思うのか?

どうせ縁のある人とはなにかありますよ。
それを理解するころには、老いて死にますよ。
だから大丈夫。

では、またね。
 
 

こっこのプロフィール

海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったと外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
ブログの直帰率低減に注目しており、その記事は多くのブロガーから読まれる。
詳しくはこちら。

 - 主観のコラム