「どうしてそんなに聴覚障害のことがわかるの?」 への答え

   

TOEIC独学830女子、聴覚障害者への英語指導にコミットしてます、こっこです。
さて、生徒のペコさんに、こう聞かれたのを思い出しました。
「どうして聴覚障害者のこと、そんなによくわかるんですか?」

実際は、たいした知識はありません。
特別な何かとしての好奇心もありません。
だってみんな違うのは当たり前だから、性質のひとつとして簡単な知識があればいいと思っています。
本当に困ることとかは、別途ひとりひとり知りたいし。

ただ、そう聞かれて、自分の考えを説明してみるといろんなことに気がつきました。
わたしにはなんでこんなに壁がないのか?
きょうはそのはなしをします。

簡単に結論を言えば、まったく、よくわかっているのではなく、多少の違いはみんなあるし、英語やってると、自分が人と全く一緒なことの方が珍しいからです。

こちらもどうぞ
【あきらめないで】聴覚障害者への英語指導を開始します
【聴覚障害でも英語やれる!001】ノート公開!実際の対面指導を始めたよ!
 
 

英語を話すとよくあること

例えば、ある焼肉の席のメンバーが

こっこ 純日本人 日本在住 日英が流暢
A 純フィリピン人 フィリピン在住 英タガログが流暢
B 純フィリピン人 ニューヨーク在住 英タガログが流暢
C フィリピンと日本のハーフ 日本在住 日タガログが流暢

という四人だったことがあります。

わかりますか?
四人全員が一度に理解できる言語がないのです。笑

こっこ「待って、わたし何語で話したらいいの」
A「何か話したら2言語目で、もう一度話す!」

ABCがタガログで話している間は、わたしは聞こえてても聞こえてなくてもどうせわからないのです。
擬似的に、耳からの情報ではほとんどなにもわからなくなるのです。
他の言語で話しても、この四人では誰かがそうなる。仲間はずれを作らないということができない。

しかし、それは誰も悪くないですよね?
わからなくても仕方ないし、美味しいお肉を焼いてればいいですよ。
2言語話せるがために集まって、しっちゃかめっちゃかになっているだけ。
わかるように言い直せばいいじゃないですか。
こんなこと、ザラなのです。
 
 

アクセントの違いでえらいことになってる

アクセントの違いで世界の英語話者の英語は全然同じではありません。
水ひとつとっても、ウォータ、ウォーラー、ウァッアー、ヴォタ…
みんな好き勝手な発音です。
むしろ、つづりがだいたい統一されている筆談が1番平和かもしれません。笑

特にRの発音は母語にかなり左右されるため、は?なに?となることは日常茶飯事です。
それも別に、誰も悪くない。
恥ずかしくない。

面白い時は死ぬほどあるけど。

だから、ペコさんが話すとき、聞こえないがためにkやtなどの音が健聴者より弱くても、英語話者間では、子音の違いなんてあるあるなのです。
彼女には、わたしの口が読めなかったりしたら、何度でも聞いてねと話しました。
は?は?何?って聞くこと、英語話者間ではあるあるだから。
 
 

全員違う人間なんだから

わたしはこんなに英語が話せても車の運転は1ミリもできません。
車ってのは誰かに運転させるものよ、って言っておけと周りに言われるのでそうしているのです。

こういう、できないことなんて、全員に山ほどありませんか?
できないという現状にフォーカスして嘆いても、たいしてできるようになんかならないですよ。

それより、できることは何か?
そこから着眼していくと、できないとおもっていたことが、本当はそうではないことにも気がつきます。
ペコさんにとっての英語がそうです。

聞こえないから絶対にわからないのか?
できることは本当にないのか?
そうやってできること目線で考えると、かなりのことができるとわかります。
 
 

面白いこともあるじゃん

聞こえないからできることもあるのです。
うるさい場所でも爆睡とか。
かっこいい人工内耳つけられるとか。

面白いこともあります。
ペコさんは擬音を想像でつけてるため、そんな音しないよ?!という擬音で話してくることがあるのです。
1番笑ったのは
飛んでる飛行機の中の音が「ぬーん」笑
どんなにシリアスな飛行機内でも「ぬーーーん」
全健聴者が総ツッコミですよね。今の音なに!?っていう。

そういう、漫画にすごい適当に擬音つける擬音大喜利をやろうよ、とか話しています。
擬音が気になって全然ストーリーが入ってこない漫画とかLINEスタンプ欲しいですよね。

障害をわらうなんて、と思う人もいるかもしれないけど、障害そのものなんか笑っていないんですよね。
ただの特徴なわけで、笑えることでも、笑えないことでもないとわたしは思いますね。
ただ会話で生まれたおかしさを笑っているわけです。それが普通の会話ですよね。
当然、その前段階として、信頼しあうことは大切ですよね。
笑って欲しくなければそう言われれば笑いませんし。

我こそはという擬音音痴を募集してますよ!
適当なイラストや写真にでも擬音をつけて @cocoinen まで。おもいきり笑うからね!

健聴者側にも、面白い間違いはあります。
キャッツアイというアニメに出てくる泪(るい)さんという女性がいるのですが、
自分の家から、なかなかの大通りを隔てたところにある警察の、会議室のなかの会話を、横から見て余裕で読唇するのです。笑
その能力で怪しい取引とかの会話も丸わかり、役に立ちまくり。
こっこ「そんなことあるかね?w そんなことできる?」
ペコ「ムリwwwww 誰だ、考えたのwwwww」
 
 
違いを知って、認め合って、笑い合う。
それ、そんなに崇高でデリケートなことじゃないと思っています。
ていうかデリケートに、腫れ物に触る感じにしているうちは、線が引かれていますよね。わたしとは、ちがうって。

単に、なにができて、なにができないのか想像して、可能なら補う。
近しい人が骨折しちゃって一時的に歩けなくなるときとか、きっとそうしますよね?

本当に困るようなことは人によって違うのだから、その説明を聞くしかない。
困った時はなにがどう困るのか詳細に話す。
そうしなきゃ、永久にわかりません。

それは別に、障害かどうかは問題じゃないんですよ。
女性が男性に、生理痛がどのくらい今辛いのか話さないとわからないのと同じです。

てなわけで!
わたしには、わたしとペコさんの違いなんて、割とあるあるなのでした。

ではまたね!
 
 
 

こっこのプロフィール

海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったと外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
ブログの直帰率低減に注目しており、その記事は多くのブロガーから読まれる。
詳しくはこちら。

 - 主観のコラム, 日本人と英語, 聴覚障害でも英語, 英語