【お土産】無駄買いはもうしない!海外旅行での賢い買い物のススメ

   

TOEIC独学830女子、世界の高級ノマド、こっこです。
さて、きょうは、自分や肉親へのお土産にオススメなものについて考えます。
会社の人など、ある一定人数にパッと配るものではなく、特定の人間へのお土産だから話が違います。

お土産…この世に無数に存在する概念。
しかし、現地では輝いて見えたのに、日本でみたら「なんじゃこりゃ笑」というはなし、結構聞きますよね?
それを防ぐにはどうしたらいいか?

では、ひとり旅歴10年のわたしが、お土産に選んでいるものを発表します。

荷物関連はこちらもどうぞ
【海外旅行持ち物】2017年最新の便利なお役立ちアイテム一覧!
【海外旅行】超軽量・最強パッキング!毎日可愛い服装でいたいでしょ?

こっこの海外お役立ち情報はこちら
コンビニ気分で海外へ シリーズまとめ
 
 

日本での日常の延長がいい

キーホルダーって、そんないくつもいりませんよね。
キーよりもキーホルダーの方が多い人は結構いそうですが、あれほどどうしたらいいかわからないものはありません。

基本、海外で買うものは、日本で見かけても割と買い、日本で頻度高く使えるものにしましょう。
わたしは海外に行く前に、普段の生活で、あるといいなと思うものを考えておきます。
たとえば愛用していたサンダルが壊れてしまったので、欲しいなーとか。

日本での日常の延長にお土産を配置するのです。
すると、日本で全然使えないという事態はなくなります。
 
 

思い出と常に一緒

日常の延長で買ったものは、日常で使えるわけですから、海外で撮った写真とか見返すまでもなく、楽しかった旅行を思い出すことができます。
また、わたしのように頻繁に海外に行くのが好きな人は、以前行った国のものを次の国で使うなんてことも可能です。


今回はそれも見越し、かわいいサンダルとパンプスを買いました。
暑い国用の丈夫なサンダルと、どんな街でも歩けるパンプスが必要で、さらにこの二つは雨水にも強いことが重要でした。
この二足があれば、一年半くらいは極寒の国以外は余裕でしょう。

以前はベルギーで可愛い歯ブラシもスーパーで厳選して買いました。


絶対使う物ですし、毎日思い出を感じられるからです。
ちなみにこれ、トムとジェリーのトムが埋まっていて、歯ブラシの下のボタンを押すと3分ひかる。
そのあいだは歯を磨こうね、みたいなことなのです。

そうやって、元から欲しかったものや使うものばかりをお土産にして行くと、持ち物が世界から集めた洗練されたものになります。
 
 

人にあげるお土産で1番楽なのはこれ

特に肉親を喜ばせたければ、絵葉書。ポストカードです。
そこに、日頃の感謝や、楽しく過ごしていることなどをしたため、現地から日本に送るのです。
やはり海外にでる行為は心配されますし、それでいていいなあと思われがちなので、生の楽しい空気を運ぶのに手紙は便利です。
お金もそこまでかからないので、時間さえあれば大丈夫。

基本、赤ペンなどで”AIR MAIL” “JAPAN”と大きく書けば、そのあとは日本語の住所で大丈夫です。
フリクションは機械の熱で消えてしまう可能性がありますので注意。

そこそこのホテルならば、切手を貼って送る作業を代行してくれます。
“Could you send these letters, please?” (1通ならthis letter)
クジュー センドゥ ディーズ レターズ プリーズ?
と、頼んでみましょう。
発音が不安ならこのページごとみせるか、google翻訳の英語欄にコピペして発音させてもいいでしょう。

その上で、さらに余裕があれば、なにか物を買って帰ればよいでしょう。

いかがでしょうか?
何か参考になれば幸いです。
 
 

こっこのプロフィール

海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったと外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
ブログの直帰率低減に注目しており、その記事は多くのブロガーから読まれる。
詳しくはこちら。

 - 未分類