【おしゃれに海外旅行】海外一人旅歴10年が教える、服の現地調達の問題

   

TOEIC独学830女子、一人旅10年目、こっこです。
さて、きょうは海外で現地調達できるものの見極め方についてお話しします。

随時更新!香港旅行での服 Fashion in Hongkong 2017.3
こちらの香港旅行ファッション記事が、連日大変よく読まれています。
可愛いとも言っていただけたり、旅行の参考にまじでなる!みたいな意見もいただきました。
Instagramでも、この写真が人気です。

ほかに海外旅行の服の荷造りで困ることはないかな?と思ってアンケートとったところ…

なるほど。
現地調達できる or できないがわからない。
ではすこし、考えてみましょう。
 
 

人が生きてる以上、かなりなんとかなる

基本的に、無人島とかジャングルではない限り、そこに人がいてばっちり生きてるわけです。
その風土に合った服は現地に必ずあります。

特に、気候変動があまりない国では、年間通して似たようなもんを売っている可能性は高いですよね。
さらに、ユニクロなどの日本ブランドの海外進出、GAPなどの海外ブランドの日本進出も目覚ましいですから、行き先の名前とブランド名でググってみましょう。
あるようなら、どこにあるのか?
どの駅から近いのか?
それもメモしておきましょう。

問題は、体感温度の違いがかなりあることです。
カナダの人たちにとって8月あたりは暑くて薄着ですが
カナダより南の日本からくる人にとっては寒い。
みたいなことがあります。
南北の縦軸に大きく移動があるときは注意しましょう。

ですから、大切なのは、メインの服本体より温度調節アイテムです。
メインはお気に入りでも現地調達でも、ファッション性重視で。
温度調節にために、これさえあれば日本の冷房が効いたとこでも平気、という物を持っていくのです。
そんなときこそ、高機能な日本製が生きてきます。
 
 

温度調節あれこれ

ではわたしが実際、よく持っていく温度調節グッズをご紹介しましょう。

大判ストール
できればウールやアクリルが混じっているもので、肌触りのいいもの。
首に巻くもよし、肩にかけるもよし。
さらに、ホテルや機内で簡単な毛布がわりにもできて重宝です。
その程度なら手に持っていても良いでしょう。
例えばこれ、アクリルで15色もある!!

ユニクロのウルトラライトダウン
ちっちゃくなって、袋に入るやつを愛用しています。

暑いところから寒いところ、その逆など、気温差がある移動では、どこかでしっかりした防寒が必要です。
そしてどこかでその防寒具はいらなくなる。だから畳めたほうがいいのです。

また、かなり柔らかく軽いので、寝るときに肩にかけたり、着てしまったりして体を温めることもできます。
わたしはあまり、そんな経験ないのですが、ライトダウンを着てもなお寒いような土地では、それなりの防寒具は売っているはずで、ライトダウンの上に着てしまえばいいです。

これユニクロじゃないけど。

 
 

合わないのでは…?という心配について

現地調達のサイズ感はアジアなら似たような背格好の人は結構いるわけで問題ないでしょう。
ヨーロッパなどは確かに大きく、最も小さいサイズでも大きいことはあります。
縫い目が肌に触れるような下着類は、皮膚が敏感な人は持参しましょう。

しかし、その大きさや雑さが気になる!イライラする!という精神状態って、なんか他に、原因があるのでは?
と思います。
日本国内で買ったものがサイズが合わなくて、そんなにいらいらします?

道がわからない、言葉がわからない、お腹減った、疲れた。
そんなことあって当たり前です。
旅行を大成功させようとすればするほど、これらの当然起きる問題に蓋をしがちです。

わたしは初見の国はすごく疲れるのを認め、受け入れ、理解してますから、変だなと思った瞬間に回れ右をしてホテルで休みます。
特にリフレッシュしに来ているなら、過ごし方なんてそんなもんでいい。
そんなもんでいいなら、服なんてそんなにいらないし、汚れない。
部屋からの景色とか、そういうものにお金をかけたほうがいいです。
 
 

いつでも買えるから平気

最近日本人から受ける海外旅行の相談が「山に登って、川下りもして、キャンプして…」みたいなワイルドな内容であったことがありません。
わりと栄えた街を見て回りたいとか、そのくらいです。

街があれば人が生きています。
人が生きていれば服はあります。
だから、大丈夫。

本当に新品の服が必要で、極端に困ること、例えば血が出て服が汚れたとかになったら、サイズなんてもうどうでもいいから。
だから、考えあぐねる意味は、あんまりないかと思いますよ。

では次は、二番目に票の多かった、気候にあった服、パッキング法について書きますね。
 
 
こっこの旅のお役立ちはここから全て読めます。
コンビニ気分で海外へ シリーズまとめ
 
こっこのプロフィール

海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。
ブログの直帰率低減に注目しており、その記事は多くのブロガーから読まれる。
詳しくはこちら。

 - コンビニ気分で海外へ, 女子必見!?航空ニュース, 実体験ルポ, 海外旅行、お役立ち情報, 解決!飛行機の疑問