【お金、就職、転職、恋愛、ビジネス】648円で買える戦略思考で、月に7,000人が読むブログを作った

      2017/06/21

TOEIC独学830女子、少しの戦略で素晴らしいものをたくさん手に入れている女、こっこです。

今日は戦略思考があるとこんなにいいことがたくさんあるぞと言う話をし、それを授けてくれた孫子兵法をご紹介します。
好きな人を落とす、狙った企業に入る、ビジネスを大きくしていく、何をするにしてもやり方って大事ですよね。闇雲に当たって砕けろでは、限界がある事は誰にでもわかることです。
戦略がきちんと立っていれば、その通りになれば大成功だし、ならなかった時も原因を探るのが早いのです。

私はロジカルで戦略的だと、本当によく言われます。
その戦略思考で、例えば、このブログを本気で書き始めてからまだわずか3ヶ月程度ですがすでに、2017年6月現在月に7,000名の方がご覧になるブログになりました。
当然、私の主力サービスである英語指導も多くの方に認知していただいています。自分を支えるための人材としてあらゆるプロ最高の布陣で雇っています、これもまた戦略思考のなせる技です。
また、主にtwitterなどのオンラインの中傷や詐欺行為の抑止にも成功しています。 → 【批判ツイートほぼ全撤退させたネット中傷対処・撲滅法】の考案者が法律の本を読む

この戦略思考を最初にわたしに授けたのは、だれでしょう?
孫子兵法の著者、孫武です。
きょうはお気に入りのなかで最も古い「孫子」の紹介です。

Kindle版は648円!(2017年5月現在)

いわゆる孫子兵法を理解するのとしないのとでは、戦略的に稼げるか否かがかわってきます。
いまも数多くのビジネス書に応用されるなど、時代を超えて読まれているのが何よりの証拠です。

2017年6月22日追記 最近さらに孫子兵法にまつわる本を発見しましたので列挙しておきます。
漫画も出てるんですよ、もうこうなったら読むか読まないかですよね。難しいから読めないと言うのはもう言い訳です。

こちら英語版です、リーディングの勉強にもなるし一石二鳥ですね。

こちらもどうぞ
【お金や投資本は男子主体】「入門 お金持ち生活の作り方」をTalkbackで読んだ感想
【イケメン、高身長、高収入】男性をスペックで選びまくると結局は内面評価になる話
  

一兵卒=社員を愛せない企業がわかる

孫子、いわゆる孫子兵法を書いた、孫武という人は三国志以前からの人。
当時は医療が発達しておらず、1人の兵の怪我でも疫病になりかねませんでした。
だから、そもそも不戦勝=戦わずして勝つことをベースとしています。
どうしてもやるなら…と戦争の基本マインドが書いてあるのが孫子兵法です。

思えば、兵を大切にする心というのは今の日本企業が無くしがちなスタイルで、問題になっていますよね。
今後は一兵卒、つまり社員を大切にしない企業の未来はないでしょう。
それを見極める目だって、養われます。

対比として、よくクラウゼヴィッツの「戦争論」があげられます。

彼はナポレオンと戦った人で、時代がかなり進んでいますから、医療も発達していて、怪我の治癒がかなり利き、連戦ができました。
ですから孫子兵法とは状況が違います。
ゾンビアタック的な発想なので、それで全員が疲弊している日本社会では、孫子兵法に軍配でしょう。

詳しくはこのような本をご参照ください。

  

何かをするなら地の利、天の利

地の利、つまり地理感覚、フィールド感覚に長け、どうすればどうなるのかわかっていること。
天の利、つまり天気や情勢に詳しく、早く正しく察知できること。
ターゲットとなる顧客に仕掛けるならこの2つはマストです。

さらに、攻略するには敵をよく知らなければいけません。
恋愛、就活、転職、ビジネス。
とにかくすべてにおいて、成功できるかは戦略ですよね。

わたしはDオタ滅亡論というバズを2017年2月に起こし、7000人をここに呼びました。
Twitterという地の利、高所得者が迫ってくる直前の天の利を活かしたのです。
詳しくはこちら
全解説!7000人規模のバズを起こしたよ! データ考察編

その後、PV重視ばかりで、人の不安を煽る広告クリックで儲けるブログの批判も行いました。
Facebookという地の利、ブログビレッジというサロンに不信感がほんの少し湧いていた天の利があり、勝算がありました。
100-150名以上のブロガーにいまも読まれています。
詳しくはこちら
オンラインサロン「ブログビレッジ」口コミ わたしは2度と戻りません
こちらの記事は、なんとFacebookで誰かに影で批判を受けたようで、おかげで注目度とアクセスが上がりました。
→その後、当ブログは月に7,000人の方がご覧になるブログになりました。(2017年6月22日現在)

どちらのターゲット層も、わたしはよく知っていました。
ですから、計画的に彼らの気持ちに火をつけることが可能だったのです。
 
 

読む前のことを思い出せない

実は孫子兵法は図書館からの借り物で、20歳のときに一度しか読んでいません。
でも強烈なインパクトがあり、あっという間に読んでしまったのを覚えています。

良書のすごいところは、読んだ後は概念が書き換わってしまうから、読む前の考え方が思い出せないところです。
そこまでわたしを変えてしまったこの一冊。

前半は哲学的で、抽象的な話ですが、後半はスパイの種類とか、火計の種類とかで面白いですよ。
気になる方はぜひ、読んでみてくださいね。

次は、芸術に価値が生まれるのはなぜかわかる一冊をお届けしましょう。

ではまたね。
 
 
こっこのプロフィール


海外在住経験ゼロで、TOEIC830をとった日本人女子。LINEのタイピングはネイティブより速い。アメリカ人だとおもったよ、と外国人によくいわれる。
海外旅行のファッションと、荷物が軽いことにこだわりまくる。
恋愛観が峰不二子で、彼氏複数。ストレスは人生の3%程度しかない。
詳しくはこちら。

 - 主観のコラム