世界が自宅!ノマドとミニマルへの世界的傾向

      2017/03/27

TOEIC独学830女子、こっこです。
きょうは世界のホテルを家のように使えるStayawhileというサービスについて書きます。

サイトはこちら。英語です。
Stayawhile

要約すると、月額制?でお金を払うと、世界のあちこちのホテルなどにステイできる。

Leave behind the things that make you feel like you’re at home.
Home is where your stuff is. Whether that’s your slippers, your favorite bath products or books and photos. We store them for you when you’re not there, and bring them back when you return to town.

しかも、持ち物を預かっておいてくれて、また行くと出してくれるらしい…!!
わたし、オランダのビザとれなかったらこれでも別に良くない?

 
こっこの英語論を悩み別にまとめてあるよ!
英語論 まとめ

 

英語ってやっぱいるよね

どんなに機械翻訳が進んだとしても、どうかんがえてもあったほうがいいと思うんですよ。
だって機械翻訳に頼るって、外国人はアリエルみたいに海の中を泳げるのに、自分だけ酸素ボンベないといけないということで。
いつかボンベは邪魔になってしまうかも。
まぁテクノロジーは想像を軽く超えてきますからわかりませんけどね。

さらに、先進的なイノベーションは、人数から考えても外国人の方が開発する確率は高いわけで、その説明は英語ですよね。
それを機械翻訳したとき、結局、あってるかな?と思いながら読むわけで、そこの確信のなさはストレスですよね。

ちょっと知りたい程度ならいいですが、がっつりとなるともう英語を理解した方が気分的コストかかりませんよね。

 

 

預かってくれるってすごいね?

どういう風に保管するのかわからないけど、パリならパリで買ったシャンプーとか置いておけるということ。
荷物軽量化の鬼としてはこれほど嬉しいことはない。

常々、「いつも使ってるハンドバッグだけで海外にいけないか?」
と思っていたのです。

これなら、アムステルダム行って、現地で好きなものクレカで買って、置いて、また行ったときオランダ製品に囲まれることも可能。
ん? クレカ?? そうか!

 

 

ノマドやミニマリストと脱現金は相性がいい

ノマドって言葉、わたしはあんまし好きじゃないですが。
今後、いわゆる定住しないノマドたちがきっと困るのは、通貨が違うからジャラジャラ持たないといけないってことですよね。

その点、脱現金が進んでいる国家に行けば、クレジットカードで済むわけで、身軽が基本の彼らとは相性がいい。
ミニマリストも旅行などで世界を回ろうとすると同じことになるはず。

今後のミニマルというトレンドからみても、脱現金との相性はばっちりですよね。

 

 

と!
いうわけで!
早速、このサービスに登録しておきました。

サービス開始は今年の春から、NYとマイアミだそうです。他のロケーションは順次とのこと。
まだいまはメルアド登録まで。

早く試したいなぁ。
 
こっこの英語論を悩み別にまとめてあるよ!
英語論 まとめ
 

こっこのTwitterをフォローしよう!
最新記事のお知らせ
はもちろん、ブログに書ききれなかった話や、注目ニュースなども流れます。
Twitter@cocoinen

こっこに直接質問しよう!
みんなで英語ニュースを読んだり、英語で歌ったり、英語の質問いつでもあり
不真面目ときどき真面目なツイキャスはこちらのアカウントから!
やっている時間などはTwitter@cocoinenフォローでわかります。

こっこに1対1のオンライン相談をしてもらおう!
こちらで、1対1のSkypeオンライン学習相談のチケットを販売しています。
一人一人じっくりお話を聞いて、
英語の目標設定、モチベーション維持、受験相談、各種試験対策…etc を行っています。

この記事を書いた人


こっこ
日本人女性。TOEIC独学830女子、ネタ切れ防止コンサル。
海外一人旅を繰り返すこと10年目。
好きなものはビジネスクラス、一人旅、英語、ディズニー、箱根駅伝、着物を着ることなど!

英語は完全独学でただいまTOEIC830(2017.01現在)、外国人の友達とlineをして楽しむ毎日。
もっと詳しい自己紹介はこちら

 - オランダ移住計画, 主観のコラム, 社会と未来の話, 英語