孫正義に見る、国境などない未来 本日の誤字脱字・日本経済新聞

   

TOEIC独学830女子、こっこです。
本日は、孫正義さんのニュースから、国境などないシェア時代の到来のお話をします。

わたしは誤字脱字が大好きです。
内容が入ってこなくなるからダメだと、あれほど先人が言ってるのに、人間はやらかしてしまう。
AIがきても、やらかしてしまう。

そこに人間の可愛さがある。

 

さて、本日の誤字脱字は日本経済新聞。

10兆円ファンド 孫氏が発明したいもの
どこでしょうか?

10兆円規模の投資ファンド発足させる。

投資ファンド「を」発足させる
ですね!!
ま、そんなことはどうでもよくて

 

 

注目ワード「同士的結合」

では、なぜ投資を通じて同志的結合をつくるのか。孫の言葉を借りれば「300年以上続く企業グループをつくるため」だ。ちなみに「300年」には、孫が尊敬する坂本龍馬など維新の志士が倒した江戸幕府より長続きする企業をつくるという野望が込められている。

300年!
江戸幕府超え。時間軸を感じるお話ですね。

同士的結合と聞くと、勝手に想起する言葉はオープンイノベーション。
意味は全然ちがうけど、相性のよさそうな考え方だと思います。

 

 

シェアするのがかっこいい

スマホ若人たちの間でシェアのアイディアが流行ってきています。
シェアハウス、レンタルファッション、レンタルオフィス…
それらを上手く活用して物を持たないスタイルをとっているミニマリスト達も、スマホ若人に多い。

技術も、オープンイノベーションで発達したものも沢山ありますね。
オープンイノベーション成功事例3選: LEGO, GE, Samsung

時代は、従来の成金が何もかもを囲い込み、独占するスタイルがダサくなってきている。
所有は趣味のコレクションくらいでよくて、至極身軽な人がかっこいいとされる向きがあります。

ノマドワーカーを志すスマホ若人は、だから増えているわけです。

 

 

発想や人が国境をバンバン超える

世界各国に友人がいるわたしは、LINEで彼らと英語でやりとりしています。
わたしは一度も海外に住んだことがないのに、1日の使用言語の9割が英語だったな…なんて日もあるのです。
その瞬間、わたしの1日には国境なんかなくなる。

イノベーションにも当然同じことが言え、発想はすぐに広まります。
それをスピード感を持って受け取り、レスポンスする姿勢が求められるでしょう。
そこに自動翻訳のタイムラグなどあっては遅いのです。
語学力は当然で、柔軟性や発想力が問われるのもいうまでもない。

もはや海外は「よそ」ではない。
海外で活躍する人間は特別ではない。
孫正義のようなフットワークはみんなに求められている。

小娘にすぎないわたしは、その雰囲気に期待をしながら、一方で、日本の英語教育の水準を憂いてしまいます。
英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK?

日本の英語教育が考える「グローバル」と、実際の解離はすさまじい。
その話はまた今度。

 

 

こっこのTwitterをフォローしよう!
最新記事のお知らせ
はもちろん、ブログに書ききれなかった話や、注目ニュースなども流れます。
Twitter@cocoinen

こっこに直接質問しよう!
みんなで英語ニュースを読んだり、英語で歌ったり、英語の質問いつでもあり
不真面目ときどき真面目なツイキャスはこちらのアカウントから!
やっている時間などはTwitter@cocoinenフォローでわかります。

こっこに1対1のオンライン相談をしてもらおう!
こちらで、1対1のSkypeオンライン学習相談のチケットを販売しています。
一人一人じっくりお話を聞いて、
英語の目標設定、モチベーション維持、受験相談、各種試験対策…etc を行っています。

この記事を書いた人


こっこ
日本人女性。TOEIC独学830女子、ネタ切れ防止コンサル。
海外一人旅を繰り返すこと10年目。
好きなものはビジネスクラス、一人旅、英語、ディズニー、箱根駅伝、着物を着ることなど!

英語は完全独学でただいまTOEIC830(2017.01現在)、外国人の友達とlineをして楽しむ毎日。
もっと詳しい自己紹介はこちら

 - 社会と未来の話