好きな気持ちは神聖なもの?批判してはいけない?ほんとかな?

   

TOEIC独学830女子、こっこです。

突然ですが、あなたは何かを「好きな気持ち」を神聖化していますか??
してるとしたら、なんのために??

今朝こんなツイートを目にしました。
すこし読んでみてください。

田端さんのお言葉はとくにいつも鋭利で、わたしは好きですけど、まぁそこは置いておいて。
最初の唐木さんのご意見にはいろんなリプライが付いたようですね。
興味のある方はご覧ください。

言われてみると思い出すことは沢山あります。
あるはずなんですよ、読者の皆さんは18-30才くらいの若い女性が圧倒的に多いので。
そういう同世代から、こういう話を聞くんです。

例えばディズニーオタク=Dオタのアカウントを眺めているとたしかに、好きな気持ちの尊重はすごい。

「わたしの好きなものを馬鹿にされるのは絶対嫌!」
「好きな気持ちは批判されたくない!」

的な。
しかし、これは少なくとも公の場であるネットやTwitterでは虫がいいと思われても仕方がない。

 

 

Twitterにそれを置いてるじゃん

確かに、何を好きになるかなんて自由です。
別にその自由を奪おうという話ではないです、念のため。

しかし、その好きな気持ちをTwitterに書いている時点で、それを揶揄するやつが現れても仕方ないわけです。
それは別に、好きなものについての話じゃなくても、なんでもそうですよね。

書くのは自由で、批判はダメ!というわけにはいかないでしょう。
じゃあなんでこんなルールがなんとなくあるのか?
わたしなりに考えました。

 

 

合理的に衝突を避けたいのかな??

特にオタクの方はそうですが、推しというものがありますね。例えば。

1つの作品に例えば色んなイケメンや美少女が出てきて、Aを推す人もいればBを推す人もいて、それを尊重していこう、という話かもしれませんね。
詳しくないのでわかりませんが、その流派みたいなのは細分化されて、すみわけているように見えます。
趣味を楽しみたいんだから、無駄な衝突をしたってしょうがないだろう、と。

合理的です。
だから、オタク同士が鍵垢で繋がり、好きな気持ちを大切にして守っていくのはアリだと思います。

もうそれはそういう村。
周りをシャットアウトした世界ですから、自由にしたらいいですね。
まぁ、若い人がそういうところにこもりがちという意見はあるのですが、きょうは置いときましょう。

しかしその世界のルールは外の世界には適用できません。

 

 

もう一度言うけどTwitterに置いてるんだよ??

鍵垢にしてもいなくて、さらに好きな気持ちは誰にも批判されてはならない!と言っている方もいます。
これはいよいよわかりませんね。どういう立場でいっているのか、と。

たしかに、冒頭のお二人のご指摘のように、甘い発想でしょう。
当然、よその世界の人も、あなたのツイートを見ることができて、例えば「えー、ララランドなんか好きなの?笑」と突然いってきても不思議はないですよね。
いや、現れ方や言い方がいいかどうかは別として。

そもそもそういう場所に、あなたの大事な大事な好きな気持ちを野ざらしで置いておいてだいじょうぶでしょうか??
突かれて傷つくところなら、守っておかなければいけませんよね?
アカウントは鍵をかければ守れますからね。
鍵をかけるデメリットも当然あります、新しい人と繋がれないとか。
そこを天秤にかけるしかないでしょう。

そこをみんながいま一度考えるとどうなるのかな? と思いました。

基礎ルールブックは世の中にたくさんあります。
いま検索しただけでも、こんな感じのものも。

 

 

 

議論ができるならしよう

いいのよ、わたしは、どんなやつが現れてララランドを否定しようと、良さを語れるわよ!

という人は、ぜひそれを外に置いておいて、議論をしたら良いでしょう。
勿論、否定してきたやつの相手にするしないは別のお話ですけどね。

議論が活発になった方が発見はありますからね。

でも!

はないちもんめ的な発想は絶対に持たないこと!!

相手を説得して自分の発想の列に入れてやろうとすると、ろくなことは起きませんよ。
距離を保ったままの意見交換という感覚で議論しないと。
めんどうなやつになりかねません。

 

 

そう……この恐怖のはないちもんめ感覚。

女性にとても多く、それが、男性の議論との大きな違いを生んでいます。
それは正直、今後の本質主義社会でどんどん女性が輪から外れるのでは? という危惧をわたしに抱かせます。
今度はその話をしますね。

 

 

こっこに直接質問しよう!
みんなで英語ニュースを読んだり、英語で歌ったり、英語の質問いつでもあり
不真面目ときどき真面目なツイキャスはこちらのアカウントから!
やっている時間などはTwitter@cocoinenフォローでわかります。

こっこに1対1のオンライン相談をしてもらおう!
こちらで、1対1のSkypeオンライン学習相談のチケットを販売しています。
一人一人じっくりお話を聞いて、
英語の目標設定、モチベーション維持、受験相談、各種試験対策…etc を行っています。

この記事を書いた人

こっこ
日本人女性。海外一人旅を繰り返すこと10年目。
好きなものはビジネスクラス、一人旅、英語、ディズニー、箱根駅伝、着物を着ることなど!

英語は完全独学でただいまTOEIC830(2017.01現在)、外国人の友達とlineをして楽しむ毎日。
もっと詳しい自己紹介はこちら

 - 主観のコラム, 社会と未来の話